困った美容師男

美容師が年収を700万稼ぐって可能ですか?もし可能なのであればやり方はあるのかな?現在の年収が700万を超えている美容師の方がいれば教えてくれませんか?

 
こういった疑問にお答えします。

 
✔本記事のテーマ

 

年収700万以上稼ぐ美容師の非常識な行動とマインドセット

 
✔記事の信頼性

 
私は1人美容室を経営しており、月給100万円(年収1000万円以上)をコンスタントに稼ぎます。
しかし、美容師になってからの20年間、何度も挫折し失敗を繰り返し、たくさんの遠回りをしてきました。
経験した失敗や遠回りの経験を生かしたアドバイスをします。

 
✔あなたへ前置きメッセージ

 
本記事は、『美容師が年収700万を稼ぐ方法を知りたい。現在のきびしい経済状況を脱したい。』という美容師に向けて書いています。

 
美容師が昔から現在まで、苦しい経済状況である原因は、昔から働き方や考え方が変わらないからです。そこに気が付けば後からやることはとてもシンプルです。

 
昔からの美容業界の古いしきたりや考え方にがんじがらめになっていた私は、独立直後は全く経営が上手くいかず悩み続ける毎日を過ごしていました。
人の手によって新しい物がドンドン生み出されていき、生活様式もどんどん変わり始めています。
われわれ美容師もその変化に応じて働き方をどんどんアップデートしていく必要があるわけです。
この記事を読むことで、どういう風にアップデートしていくべきなのかが分かります。

 

 

年収700万円以上を稼ぐ美容師になるためにまずは最初に“スピード感”

 
前回の記事の反響が…

 
年収700万円以上を稼ぐ美容師になるために、まずは最初に“スピード感”を大事にしましょう。

 
まずは以前の記事で“美容師が年収600万円を達成するためのやり方”を検証していきました。

 
ありがたいことに、その記事について多くの反響がありました。

 

喜ぶ女性

『早速やってみます。』
『共感しました。』
『JOB CHANGE(転職)はもう少し待ってみようかな。』
『よし!明日から心機一転!まずは髪型から変えてみます!』

 
などのようなポジティブな反応もあれば、

 

悩める女性C

『大企業じゃあるまいし平均年収600万円なんて無理でしょ??』
『カラー専門店で働いてる私は完全無理ゲー。』
『東京や大阪みたいな都会はいいだろうけどさ…。』

 
などといったネガティブな反応もありました。

 
人それぞれ思うことがあるとは思いますが、行動する前に“結果が出るかどうかの議論”をするほど無意味なことはありません

 
人生において行動するまでのスピード感というものは非常に大切なファクターで、どんな業界でも『まずはやってみる!!やりながら考える!!』と考える人が成功やすいという事が実証されています。

 
あなたが例え洗髪しかできないシャンプーマンだったとしても関係ありません。

 
以前の私も行動できない、“言い訳の天才”でした。

 

『やっても成果出なかったらイヤだな…。』
『今日は疲れたから明日頑張ろう。』

 
これではたったの一歩も踏み出せないんですよね。

 
“じゃあ、いつやるの!? 今でしょ!!”

 
林先生のあの言葉は凄く本質をついていて、本当に感心させられます。

 
以前お伝えした手法を行えば必ず売り上げが上がるとは思いますが、万が一うまくいかなかったとしても、“沸き起こった情熱” “学んだ経験”はあなたの財産として生涯残り続けます

(→ 美容師が売り上げ200万の壁を破壊する5つの項目)

 
ですので、この資本主義社会で成功するために“行動のスピード感”を大切にしてください。

 
前置きが長くなってしまいましたが、美容師が年収700万をクリアするやり方は、あなたが“雇われ美容師”なのか?それとも“個人事業主”、“フリーランス美容師”なのかによっても内容が全く変わってきます。

 
そして、結論から申しあげますと雇われ美容師であるならば年収700万円をクリアすることは相当難しいと言えます。

 
それは、あなたの腕が悪いとかそういった次元の問題ではなく、そもそも美容室のシステム上美容師にそこまで給料がいかないようになっているのです。

 
しかし、雇われ美容師が年収700万円をクリアする方法が一つもないという事ではありません。

 
私が知る限りでは、2つだけあります。

 
それは以下の通り。

 

① 有名サロンでトップスタイリストになる。
② 副業の収入で補う。

 
①に関しては、説明するまでもありません。

 
有名サロンのトップスタイリストになれば、年収1,000円以上も夢ではありません。

 
ただし、そこまでの実力と人気を兼ね備える美容師の数は、全体の1%未満であると言われています。

 
(→ shimaのトップスタイリストの年収知っておったまげ【驚愕】)

 
②に関しましては、①よりも現実的であると言えます。

 
しかし、副業と一言で言っても様々な副業がありますよね。

 
私がおススメするのは、自分のサイトでブログ記事の執筆をして稼ぐという副業。

 
理由は以下の通りです。

 

・ 空いた時間を効率よく使える
・ 美容師が作った専門的なコンテンツが不足している
・ ブログを書くことで話し方、専門知識などが向上し、美容師としてのスキルも上がる
・ 自己ブランディングにつながり、ブログからサロン集客へつながることもある

 
興味がある方は、以下より詳細を知ることができます。

 

 
では事項より、フリーランス美容師あるいは個人事業主である場合の年収700万円の稼ぎ方をお伝えしていきます。

 

美容師が年収700万を稼げないのは昔からやり方が変わらないから

 
美容師が年収700万を稼げないのは昔からやり方が変わらないから

 
先日の記事を読んだ読者から“1人サロンで経営者をしているのですが、年収700万円以上を稼ぐためにはどういったことが必要でしょうか??”

 
というコメントが送られてきました。

 
やはり美容師免許という国家資格を持っているんだから、どうせならガツガツ攻めたいですよね♪

 
ではこれからお話していきたいと思います。

 
この方は、経営者とスタイリストの業務を兼ねていらっしゃるようなので、このケースでお話していきます。

 
少し前までの美容業界の話であれば、売り上げを上げるために…、

 

・ スタッフを増やし、育てる
・ 新店舗の出店

 
をすることが一般的な手法でした。

 
だけどこの手法はこれからの時代はオススメできません。

 
“従業員は多いに越したことがないし、店舗数も多い方がリスク管理ができる…” 言いたい事は分かります。

 
しかしこれからは、美容師の確保がドンドンと難しくなってきます

 
美容師の確保がドンドンと難しくなってきます

 
実際『独立して大きいサロンを準備したのはいいけど、求人をかけてもスタッフがなかなか集まらない』と嘆く経営者も増えています。

 
だから大きいサロンを作ったり店舗を増やすというのは上手くいけば利益が増えるものの、スタッフが集まらなかったりすれば毎月のコストばかりかさんでいくというような状況になっていくのです。

 
それでいてスタッフが一人退社するたびに、胃がキリキリ痛むことになります。

 
これは私はハイリスクローリターンであると考えています。

 
現在複数の従業員を抱えていらっしゃったり、これから雇用していこうと考えていらっしゃる経営者様の考えが間違っているとは思いません。

 
しかし“収入の安定”、“経営の安定”という側面だけで判断したときには、あまりメリットがないのではないかと考えています。

 

普通の美容師が年収700を達成したやり方はコレ

 
(注:あくまで私が考えるサロンの理想形です)

 
一人サロンの理想形(美容室 理容室)

 
私が、年収700万越えの美容師になった時にやっていた、“考え方”や“やり方”をお伝えしていきます。

 

① 開業後もスタッフは雇わない
② サロンの収益を最大化した後に、新しい収入の柱を構築

 
①について

 
スタッフを雇用するメリットとデメリットを解説します。

 

スタッフを雇用するメリット : 
作業量の分散をし仕事の流れを効率よくする。人材教育を学ぶことができる。

 
スタッフを雇用するデメリット : 
毎月のランニングコスト(給料、保険、保証等)や集客のための公告宣伝費の増加。
技術教育に時間とお金をかけても、長く勤めてくれる保証はない。

 
何かが原因で一定期間サロン経営ができなくなった場合、スタッフの生活を支えきれなくなる可能性がある。

 
といったことですね。

 
知り合いのサロン経営者も、2か月の入院で売り上げを落とし毎月のやりくり(特に人件費)ができなくなり廃業しました。

 
先ほどのリスクの話はこういったことです。

 
毎月のやりくり(特に人件費)ができなくなり廃業

 
②について

 
一人でサロン経営しているという事で、どうしても売り上げの限界というものが存在します。

 
どれだけキャリアを積んでもMAXで売り上げ150万円/月~200万円/月ほどが限界でしょうか。

 
そこまで売上を作ることが出来たら、その後の売上の伸びしろがあまりないと思うので、別の収入の柱を作ることを検討してください

 
ここに関しては先述したサイトコンテンツの作成を強くおすすめいたします。

 
とにかく、サロンワークとは関係ないことをおすすめします。

 
例えば、サロンワークはオフラインビジネス(人と接することで成り立つビジネス)なので、オンラインビジネス(人と接しなくても成り立つビジネス)がいいということです。

 
その理由は以下の通りです。

 

どちらかがポシャッた時に、収入源が無くなることがない(リスクヘッジ)ので精神が安定するから

 
興味がある方は、以下より詳細を知ることができます。

 

 
まとめます。

 

・ 美容師が年収 700万以上を稼ごうと思ったら、まずはサロンの売上げをMAXまで上げる。

 
・ 別の収入源を作る(長く継続するために、できるだけ自分の好きなことで)。

 
次に、別の収入源を作った友人の例をお話していきます。

 

友人美容師の参考例

 
まとめ

 
昔からの友人でカメラが好きなサロン経営者は、月額会員制の“カメラ好きな人のコミュニティー”を始めたようで、休日には公園に行ったりして仲間と楽しんでいます。

 
凄い人気があるコミュニティーのようで、入会するのも予約待ちだそうです。

 
コミュニティー参加者もサロンの周辺に住んでいたら、顧客になってくれるパターンが多いらしく、とても効率的な方法ですね。

 
では、今回はこれで終わります。
拙い文章にお付き合いいただきありがとうございました。