困った美容師男

美容師が開業したら年収はサクっと上がりますか?知人に開業をすすめられるのですがどうにも踏ん切りがつきません。アドバイスをお願いいたします。

 
こういった疑問にお答えします。

 
✔本記事のテーマ

 

美容師が年収上げたいなら開業しろ【まだ雇われで消耗してるの?】

 
✔記事の信頼性

 
私は1人美容室を経営しており、サロンワークの収入と副業収入でまとまった月給をコンスタントに稼いでいます。
しかし、常に順風満帆だったのかと言えばそうではなく、
美容師になってからの20年間、何度も挫折し失敗を繰り返し、たくさんの遠回りをしてきました。
これまでに経験した失敗や、遠回りした実体験を生かしたアドバイスをします。

 
✔あなたへ前置きメッセージ

 
本記事は、『開業してサロンオーナーになると、働き方や年収がどう変わるのか詳しく教えて欲しい。』という方に向けて書いています。

 
この記事を読むことで…雇われ美容師といったシステムがいかにハードなものかを知ることができ、独立開業の価値を知ることができます。

 

 

美容師が独立開業したら儲かるのか?【年収1000万が欲しいなら】

 
美容師が独立開業したら儲かるのか?【年収1000万が欲しいなら】

 
“年収1000万円を稼ぐ美容室になりたい”と考えたときに、あなたは将来的にどんなビジョンを想像しますか?

 
まさか、『“雇われスタッフのまま”で年収1000万円を稼ぐぞ!!』なんて単純なことを考えてはいませんよね!?

 
不可能とは言いませんが、雇われ美容師で年収1000万円を稼ぐことは大変難易度が高いと断言できます。

 
(→ 一般的な美容師の給料じゃ生活できねぇ【キビシイ現実】)

 
テレビなどでも出演しているような、誰もが知っている有名カリスマ美容師になることができれば話は別ですが、あのような超人気美容師たちは全体の0.0001%くらいです。

 

困った美容師男

確かに努力や勉強をして指名数や売上を10%アップさせたところでって感じだね。なかなかたどり着ける領域ではないようなイメージがあるね…。

 
しかし美容師が年収1000万円を稼ぐことは不可能ではありません。

 
その手段の一つとして、開業してサロンオーナーになることが挙げられます。

 
(→ 美容師の独立後の年収は600万円以上【上級国民爆誕】)

 

美容師の平均年収を分析して判明した衝撃的事実【年収ランキングがヤバイ】

 
美容師の平均年収を分析して判明した衝撃的事実【年収ランキングがヤバイ】

 
その前に、雇われ美容師の現状の給料についておさらいしておきましょう。

 
一般的な美容師の平均年収は320万ほどだと言われています。

 
(→ 美容師の年収は320万程度。給料で苦しむか否か【手取りを増やす働き方】)

 
しかし、この平均収入は、入社したてのアシスタントはもちろん、マネージャークラスのスタイリスト、店長、サロン経営者なども含まれます。

 

疑問美容師男

だよね。僕アシスタントだけどそんなに貰ってないもん。じゃあアシスタント美容師はどれくらいの給料をもらってるんだろう?

 
美容師アシスタントで言うと年収180万円~年収216万円くらいと言われています。

 
(厚生労働省:賃金構造基本統計調査)

 

困った美容師男

1日の拘束時間も長いし、営業が終わったらシャンプーやカットの練習…。私生活においても十分な自由時間すらないよね…。月収を時給計算にすると恐ろしささえ感じるよ…。

 
(→ 美容師アシスタントの給料は15万円前後【修羅の職】)

 
そこから3年間ほど経験と知識を積むと、ドンドン給料は上がっていくのですが、歩合制のスタイリストになってもだいたい年収280万~年収300万くらいで頭打ちするようです。

 

困った美容師女

美容業界って厳しい状況ね…。生涯美容師という職業で勤務することに自信が無くなってきたよ。

 
まぁ、そんな人に読んで欲しい記事内容になっているので安心してください。

 
次に独立後の話をしていきます。

 

開業後の売り上げの平均額【田舎での美容室経営が儲かる!?】

 
開業後の売り上げの平均額【田舎での美容室経営が儲かる!?】

 

疑問美容師男

開業し、美容室の経営者として成功したらどれくらいの年収になるの??

 
結論をいうと美容院の経営者で年収500万円~年収600万円くらいになります。

 
この年収額は、ぶっちゃけサロンの規模や場所にもよるんですけどね。

 
色々なリスクもありますが、多店舗経営すればさらに年収は増える可能性もあります。

 
詳しくは以下の記事をご覧ください。

 
(→ 7店舗の美容室経営をする知人よりも年収を増やす方法)

 

疑問美容師男

やっぱり都会で開業したほうが上手くいくのかな?

 
そうとも限りません。

 
都会には都会の難しさがあります。

 
やり方次第では田舎で開業したほうが儲かる可能性だってあるのです。

 
例えば薬剤などの材料費は変わらないでしょうが、毎月の固定費(家賃や水道光熱費、人件費といった経費)などは絶対に田舎の方が安いですからね。

 
目に見える数字だけでは比較判断が難しいんですよね。

詳細は以下よりどうぞ。

(→ 田舎の美容室は儲かる”噂を調査して分かった【美容師の独立は地方で】)

 

困った美容師男

そうか。確かに東京は物価なども高いから出ていくお金が大きいもんね。

 
そうですね。
開業資金も田舎の方が安い傾向がありますし。

 
ウイルスの影響で生活様式が変わってからは、田舎に移り住む若い年齢(30代40代)の人も増えているみたいですし♪

 
もしかしたら、今後は田舎の雇用問題も解決するかもしれません。

 
でもどこに出店するかは、色々とシュミレーションをしてみてちゃんと条件を加味したうえで検討し、選択することが重要ですね。

 
(→ 美容師の給料は高いか地域、会社、企業の観点から検証した【超有益】)

 

独立開業して社会的地位や信用を失った友人【金持ち美容師になり損ねた者の末路】

 
独立開業して社会的地位や信用を失った友人【金持ち美容師になり損ねた者の末路】

 
私が開業する1年前に、私の同僚が先に個人事業主として独立開業したんですが…。

 
彼は技術者としては高いスキルや接客力を持っていたのですが、SNSなどを使った集客のノウハウを持っていませんでした。

 
それでも“客に寄り添う施術”が高い年代の女性の口コミで広がり、お客様は増えていきました。

 
ほぼほぼ8割ほどの予約は確保できていたようです。

 
しかし“もっと早く売上を上げたい焦り”から、ホット〇ッパーなどのメディア広告に手を出し始めたんです。
 
 
それで新規顧客の集客ができればいいのですが、費用対効果に見合わないさんざんな結果…。

 
高い広告宣伝費が毎月のしかかり、経営がだんだんと傾き始めました。

 
その後立て直す次の手段として、メニュー金額を下げたんです。

 
一時的に客数は伸びましたが、半年もすると売り上げはどんどん落ちていきました。

 
いままで応援してくれていたお客様も足が遠のき、廃業となりました。

 
ここで言いたいのは…。

 
彼のようなケースは誰にでも起こりうるという事

 
開業したとて、どこにも上手くいく保証はないということ。

 
雇われ美容師だったときには、集客のスキルはなくても会社がお客様を呼んでくれるので問題なかったのですが、自分で開業したら自分で集客をする必要があります

 
『お店を開業させたら、勝手にお客様が来てくれる。』と考えている人は覚悟をして開業した方が良いかもですね。

 

開業するなら1人で美容室経営がおすすめ【夫婦経営も年収上げるなら効率的】

 
開業するなら1人で美容室経営がおすすめ【夫婦経営も年収上げるなら効率的】

 

困った美容師男

開業を考えてるんだけど、アドバイスとかってありますか?

 
私がおススメしたいのは一人美容室の運営ですね♪

 
理由は以下の通り。

 

✓ 健全なメンタルで毎日を過ごすことができる
✓ 自分の都合でお店の運用ができる(時間管理しやすい)
✓ やり方によっては利益率が一番高い
✓ 最初から最後までお客様に関わることができるのでお客様との距離感が近い

 
もちろん、一人美容師室をすることのデメリットもあります。

 
“サロンの将来性がない”とかですね。

 
人が育たないという事はサロンが将来的に成長しないという事になります。

 
それでも一人美容室のメリットの方がはるかに大きいと思いますけどね。

 
詳しくは以下の記事にまとめているのでご覧ください。

 
(→ 1人美容室の経営で年収600万円以上は確実。今後独立開業する人必見)

 
奥さんが美容師さんだった場合は、夫婦でサロン経営するのもおすすめですね。

 
理由としては、

 

✓ 節税しやすい
✓ 育児しやすい(家族の用事を優先することも可能)

 
など色々なメリットがあるからです。

 
コチラも詳細は記事に書いてみたのでご覧ください。

 
(→ 美容師夫婦での独立開業が年収を上げるのに最強な理由【迷えるカップルも必見】)

 

儲かるメニューよりも独自性を持つ美容室を目指すことが大事

 
儲かるメニューよりも独自性を持つ美容室を目指すことが大事

 
あなたが開業するときにはぜひとも意識して欲しいのが、独自性(オリジナルティー)を出して欲しいという事

 
これって自分の店を持った人にだけ許される特権なんです。

 
『他店との差別化をしたいと考えたときにあなたのサロンでは何をしていますか?』

 
と質問すると、多くの方が、

 
『ディスカウント(割引)。』

 
と言います。

 
このやり方では、お客様の質が落ちてしまいサロンに定着しません。

 
技術者のモチベーションも上がりません。

 

✓ メニュー単価は高くても、質の高いサービスを受けられる
✓ 常に1対1で対応してくれるプライベートサロン

 
変わったことはする必要ないので、こういった独自性を必ず考えておきましょう。

 

【おまけ】さらに年収1000万円に近づくためには副業も有効

 
【おまけ】さらに年収1000万円に近づくためには副業も有効

 
私はサロンワークの傍らでこういったブログでの情報発信の副業を行っています。

 
なぜこういったことをやっているのかいうと、老後に向けての種まきを少しでも若いうちにやっておく必要があるからです。

 
美容師が体を使う仕事である以上、ケガや病気でいつリタイヤを強いられるかも分かりません。

 
そうなった場合、収入が途絶えてしまいます。

 
その時に備えて働けるうちに少しでも収入源を作ったり、貯金を増やしておきましょう。

 
美容師に向いている副業については以下の記事にまとめています。

 
誰にもばれずに副業を行う方法も理解できると思いますので、良ければご確認ください。

 
(→ 副業のない美容師人生はきっとつまらない【推奨ダブルワーク11選】)

 
今回は以上で終わります。

 
つたない文章に最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 
どんとこい!!

 

コメントや問い合わせをしてみませんか?