「美容師給料明細をみて悟ったクソな現実」の記事一覧

次へ

美容師給料明細についてのお話…。

“はぁ…。”ため息が今にも聞こえてきそうな悲壮な表情。

いきなりなんだ??って思わせましたね。
いやね、先日仕事終わりに私の講習会に来ていただいた受講生がいたんですがね、休憩時間に何かを見ながらブツブツ言ってるんですね。

美容師給料明細を見ながらどうやらのろいの言葉をつぶやいていたようです…。

朝から晩まで働いても月額お給料は増えない…。
特別手当もなけりゃもちろんボーナスもない…。

もちろんすべてのサロンがそうではないと思いますが、平均してそのようなサロンが多いことも事実。

理美容師の仕事は人を幸せにする仕事

まずは私たち美容師が幸せでなければ人を幸せにする資格なんてないんです。

もちろん給与が全てではないという考え方も理解はしますが、当然のごとく美容師も生きていくためにお金が必要なんですよね。

年収が低い職業であるのに、色々と出費が多いし…。
でもこれって一概にサロンが悪いわけでもなく…。
転職も考えたけど、美容師の仕事が大好きだ…。

どこに文句言ったらいいんだ??

おそらく彼女もこんなモヤモヤした感情を込めた“はぁ…。”という表情だったんでしょう。

ページの先頭へ