困った美容師男

美容師の独立後の年収は相当高いって聞くんだけどホント!?年収額はどれくらいなの?年収増えるなら独立を検討したいな。独立にはどんなリスクがあるんだろう?独立をした人の意見を聞かせて下さい。

 
こういった疑問を徹底的に検証し解説します。

 
✔本記事のテーマ

 

美容師の独立後の年収は600万円以上【上級国民爆誕】

 
✔記事の信頼性

 
私は独立後1人美容室を経営している男性スタイリストで、まとまった月給をコンスタントに稼ぎます。
しかし、美容師になってからの20年間、何度も挫折し失敗を繰り返し、たくさんの遠回りをしてきました。
独立前に経験した失敗や、独立後にした遠回りの経験などを生かしたアドバイスをします。

 
✔あなたへ前置きメッセージ

 
本記事は、『今後独立を考えているんだけど、独立する上でのメリットとデメリットを教えてほしい。』という方に向けて書いています。

 
私は美容師が成功するためには、独立が最短で正しい道筋だと考えています。しかし独立の価値感は人それぞれです。あなたには独立の価値を判断するためには様々な情報が必要です。この記事を読むことで、雇用主が教えてくれない“独立のメリット”や“独立のデメリット”などの情報について知ることができ、あなたにとっての独立開業の価値を知ることができます。

 
正直な話をすると独立前の数年間は激しく悩んでいました。
なぜなら、選んだ道が『正しい』のか『間違っている』のか?
ずっと分からぬまま走り続けることを強いられてきたからです。
自分の体験談も交えながらお伝えしていきたいと思います。

 

 

 

美容師は独立後の年収を見て驚く説【現役オーナーがこっそり語る】

 
美容師は独立後の年収を見て驚く説【現役オーナーがこっそり語る】

 
100人に『高給がもらえる仕事って聞いたらどんな職業を思い出します??』
って聞いたときに、

 

喜ぶ女性

高給取りと言えば、もちろん美容師っ!!

 
とか、

 

悩める女性B

プロ野球選手かしら?いや、やはり美容師ね。玉の輿に乗るならだんぜん美容師のパートナーよ♪

 
とか思っている人はおそらく一人もいないでしょう。

 
一般的に美容師は年収が低いイメージを持たれているのです。

 
“低い年収イメージ”を持たれてはいますが、具体的に低い年収とはどれくらいの額なのでしょう?

 
具体的な年収の数字を知ることで、あなたの将来設計がしやすくなります。

 
なので後ほど詳しく解説していきます。

 
いきなり結論からお伝えしますと、美容師で高年収を目指すなら、だんぜん独立をおすすめします。

 
どうして独立をおすすめできるのか、これについては後ほど理由を合わせて詳しく解説します。

 
(→ 1人美容室で年収600万円以上は確実。今後独立開業する人必見)

 

雇われ美容師の収入は低いって本当?【年収1000万が高いハードルである現状】

 
雇われ美容師の収入は低いって本当?【年収1000万が高いハードルである現状】

 
厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」にて、各職業の年収が調査報告されています。

 
こちらから美容師の年収を見てみましょう。
(→ 賃金構造基本統計調査)

 
<平成30年(2018年)企業規模10人以上の美容室に勤務する、理容師・美容師の収入>

平均月収 約23万3300円
平均賞与 約7万2100円
平均年収 約287万1700円

※理容師・美容師の平均年齢は32.0歳

 
<令和元年(2019年)企業規模10人以上の美容室に勤務する、理容師・美容師の収入>

平均月収 約25万5100円
平均賞与 約5万2800円
平均年収 約311万4000円

※理容師・美容師の平均年齢は31.2歳

 
参考として、理容師・美容師の平均年齢に近い、高卒30~34歳の人の年収を見てみましょう。

 
<令和元年(2019年)企業規模10人以上の企業で働く、高卒30~34歳の人の収入>

平均月収 約28万円
平均賞与 約60万9900円
平均年収 約396万9900円

 
ほぼ同じ年齢層、学歴で比較してみても、一般の会社員に比べると美容師の年収が低いことが分かります。

 
また、2020年はコロナ禍などのさまざまな社会事情があったため、全体として年収が低くなることが予想されます。

 
美容業界についても外出自粛などの影響のため、収入が一時的に低くなった時期もありました。

 
今現在も影響を受けているサロンも少なくないようです。

 
しかし、このことに関しては今回は一旦おいて考えます。

 
美容師の生涯収入は、おおよそ8000万円~1億4000万円ほどになります。

 
大卒サラリーマンの生涯収入が2億5000万円ほどなので、比較すると美容師の年収が低くなっています。

 
事実として、ほかの国家資格を必要とする職業と比較しても低くなっています。

 
ですが、医師や弁護士といった国家資格と同様に、独立開業できるのが美容師です。

 
資格があるからこそ、独立して起業するハードルはあまり高くありません。

 
『年収が少ない…。』と悲観するだけではなく、どうしたら独立して年収アップさせられるか、ぜひ考えてみましょう。

 

美容師の年収をアップするなら独立開業【田舎美容室でも儲かる】

 
美容師の年収をアップするなら独立開業【田舎美容室でも儲かる】

 
美容師という仕事はやりがいのあるお仕事です。

 
自分の技術を使い、目の前のお客様の魅力を引き出す。

 
会話や接客の中でお客様にリラックスしていただき気分良くなっていただく。

 
我々美容師の仕事ってお客様の人生を変えてしまうほどの影響力を持っているのです。

 
喜んだ表情でお店を出られるところを見ると、なんとも言えない幸福感を得られることができます。

 
このような仕事ができて、年収がアップしたらいう事ないですよね。

 
では、美容師の収入がどのようにアップしていくのかを見ていきましょう。

 

美容師デビュー前:アシスタント

 
美容師としてデビューする前の段階ですので、年収は低めです。

 
シャンプーやお掃除が中心となりますので、修行の期間といえます。

 
おおよそ平均月収は13~17万円です。

 
状況によっては、他のアルバイトも並行して行う必要があるかもしれません。

 
(→ 美容師のアシスタントの給料の手取り額を見て3秒であごが落ちた件)

 

デビュー:ジュニアスタイリスト

 
無事美容師としてデビューできたら、ジュニアスタイリストです。

 
平均月収は16~23万円ほどになりますので、アシスタントよりは高くなります。

 
しかし、駆け出しですから、まだまだ厳しいのも事実です。

 

主力の美容師:スタイリスト

 
どのようなお客様にも対応できるスタイリストは美容室の主力です。

 
月収は20~30万円ほどになります。

 
また、指名も増えればインセンティブも期待できます。

 
技術や接客を磨くことで集客力がアップし、年収のアップを目指すことができます。

 
(→ 美容師の給料はいくら?手取り30万円は稼げ【貧乏スタイリスト必読】)

 

みんなの憧れ:トップスタイリスト

 
技術力を高めた者は人気スタイリストになりることができます。

 
人気と実力の両方を兼ね備えたトップスタイリストは、月収50万円以上になります。

 
美容師の平均年収をはるかに超えることができます。

 
しかし、トップスタイリストになれるのは一握り。

 
厳しい道のりであることは事実です。

 

新たな道:サロン経営者 オーナー

 
30代に突入した美容師は独立を考えるようになります。

 
中には技術者をやめ、サロン経営に完全にシフトする人もいます。

 
美容師としての技術だけではなく、経営センスも試されますが、年収はなんと2000万円を超える人も存在します。

 
また、独立して個人経営主になることで、税金などに関しても優遇される場合があります。
そうしますと、年収は変わらずとも手取りが増えます。これは大変うれしいですよね。

 
このように、美容師としてのキャリアアップや独立といった経験を積むことで年収は徐々にアップします。

 
しかし天井が見えているというのも事実です。

 
年収アップの一番の近道は“独立してサロンを経営すること”ということになります。

 

美容師が独立したら年収600万円以上!【店長の給料はサクっと超える】

 
美容師が独立したら年収600万円以上!【店長の給料はサクっと超える】

 
美容師が独立するということは、経営者という肩書で働くということです。

 
つまり、あなたがお客様に提供したいサービスを自由に提供することができるということ。

 
一方で何らかのトラブルが発生した場合、あなた自身で責任を取らねばならないという重責も生じます。

 
年収に関して大規模なデータや統計はないのですが、一般的に独立に成功した美容師は年収が600~1000万円になります。

 
これはサロンで一美容師として働くよりもかなり高い年収ですよね。

 
(→ 美容師の平均給料は月25万円。貧困まっしぐら。)

 
私自身、独立開業しサロン経営をしていますが、現在の年収は“雇われ美容師をやっていたときの年収”の2倍以上になっています。

 
もちろん独立開業は簡単なことではありません。

 
美容室が軌道に乗るまでは色々とやるべきことも多く大変です。

 
廃業率も他業種に比べると激高です。

 
(→ 美容師が稼げないのは当然。理由は簡単。商売相手がいない。)

 
しかしそれらの事実をふまえても、独立開業にチャレンジする価値は大いにあります。

 
また、複数店舗の経営に成功すると、売上が年商1億円、年収が1000~2000万円ほどになると言われています。

 
月商400万円の店舗が2つ経営できれば、かなりこの年収金額に近づくイメージができます。

 
経営のセンスが問われますが、このような年収にすることもできるのですね。

 
他人のサロンに勤務している美容師からしたらびっくりな年収金額です。

 

美容師独立のススメ【1人美容室で年収は上がる】

 
美容師独立のススメ【1人美容室で年収は上がる】

 
最近では業務委託(フリーランス)で働くという形もあります。
こちらも個人事業主ではあるのですが、どこの場所で働くかによって歩合率や年収が変わります。

 
フリーランスという働き方の特徴としましては、自分の望むスタイルで働くことができるということがあります。

 
年収を稼ぐことに振り切るのか、自由な時間を作ることに振り切るのか、働き方を自在にコントロールできるというのは、いかにも今の時代の若者に受け入れられそうなシステムです。

 
(→ 美容師で稼いでる人、ほぼフリーランスな件【悲報】)

 
サロンの独立開業は、初期費用がかかります。

 
そしてお店を軌道にのせるまでの期間、経営をするうえで難しいこともあるでしょう。

 
事業が失敗してしまうリスクもはらんでいます。

 
しかし独立することで、お客様に理想のサービスを提供できること、先輩の顔色をうかがったり、遠慮することなく美容師として働くことができることは、ストレスフリーで働くことができるという事なので何物にも代えがたいですよね。

 
また、サロンが独立後に軌道にのれば、複数店舗の経営も夢ではありません。

 
年収アップとやりがいを同時に叶えることができるのです。

 
美容師が働き続けることが大変なのは、様々な視点で統計を見ても証明されています。

 

✔ 朝は早くから夜遅くまでの重労働で手が荒れる

✔ 立ち仕事で体力的に疲れる

✔ 散々働いても安い年収

✔ 遊ぶ時間がない(趣味の時間がない)

 
実際にサロンで働いておられるあなたが一番実感しているでしょう。

 
特にそんな現状をどうにか変えていきたいと考えているのであれば、独立という選択は大いにおすすめできるものです。

 
しかし最初から、大きな物件や大勢のスタッフを準備しないことがポイントです。

 
大型サロンで働いている美容師は理解できないかもしれませんが、少人数でサロン運営をするメリットがたくさんあります。

 
実際、私も一人サロンを経営しているのですが、利益を出しやすくビジネスする上での様々なリスクが少なくなります。

 
詳細を知りたい方は以下の記事にまとめているのでご覧ください。

 
(→ 1人美容室で年収600万円以上は確実。今後独立開業する人必見)

 
ぜひ、あなたが考える理想のサロンをオープンさせてください。
必ず年収額もついてきます!

 

【番外編】すぐに独立できない人はブログ発信など副業で収入を作るのがオススメ

 
【番外編】すぐに独立できない人はブログ発信など副業で収入を作るのがオススメ

 
給料が歩合制になれば、予約数や指名数、単価や売り上げが大いに影響してきます。

 
という事は、カット施術やカラー施術ができるようになっても、すぐに年収を上げる事は難しいわけです。

 
そんな中で、2017年以降から副業を始める美容師がどんどん増加し続けています。

 
美容師が行っている副業の一覧を別記事にまとめてみたので、興味がある方は以下のリンクよりどうぞ。

 
(→ 美容師が副業で給料を上げるならコレ【推奨11選】)

 
私は、SNSやブログでの情報配信を行っているわけですが、こういった副業が美容師という職業との親和性が高いと思います。

 
理由は以下の通り。

 

✔ サロンワークで学んだ知識をそのまま発信できるので、本業と別のことを勉強する必要がない。

✔ 毎月運用にかかるお金はほとんど必要なく、資金0で始めることができる。
  (サロン経営者であれば、サイト運営費も経費で落とすことができます。)

✔ ブログのファンが顧客としてサロンに流入していく。

✔ ファンが出来れば、サイトから有料セミナーなどへと招待したりなどができるのでいくつも収入源を作ることができる。

 
現在、自分のサイトを作るための無料サポートを行っています。

 
無料サポートは、いつ終了するか分からない期間限定の企画なのでご希望者は以下のリンクよりお早めにご利用ください。

 
※ただし、誰でも簡単に稼げるといったものではありません。結局は記事を書いたりする労力が必要なのでその辺はご注意ください。

 

 
独立することが年収を上げていくうえで重要なことであるというお話をしましたが、“独立”だけしか方法がないわけではありません。
あなたに合った理想の働き方を模索して、仕事を楽しんでいきましょう♪

 
では今回は以上で終わります。

 
つたない文章に最後までお付き合いいただきありがとうございました。