悩める女性C

店長美容師に恋愛感情を持ってしまいました。アプローチに失敗して今の関係性が壊れるかもと考えると何度も気持ちが折れちゃいます。恋心は秘めておくべきでしょうか?美容室で働かれている美容師さんの意見を聞かせて下さい。

 
こういった疑問にお答えします。

 
✔本記事のテーマ

 

店長美容師が恋愛事情について真実を語る【美容師の複雑な事情】

 
✔記事の信頼性

 
私は1人美容室を経営しており、現在月給100万円をコンスタントに稼いでいます。
しかし、美容師になってからの20年間、何度も挫折し失敗を繰り返し、たくさんの遠回りをしてきました。
これまでに経験した失敗や、遠回りした実体験を生かしたアドバイスをします。

 
✔あなたへ前置きメッセージ

 
本記事は、『店長美容師に恋したんだけど、今後どうしていけばいいか悩んでいます。せめて美容師さんの事情などが分かれば、相手のことを考えながら行動できるんですが…。』という方に向けて書いています。

 
この記事を読むことで…美容師との恋愛を正しいプロセスで進めていくことができます。

 
美容師と恋愛のプロセスを進めていくうえでの問題点…。
『この会話はリップサービス⁇』
『気持ちを伝えて失敗したら、今の関係性も壊れるかも。』
美容師の事情を分析することで、こういった問題点やリスクをがぎりなく取り除いてセーフティーに恋愛を楽しんでみましょう。

 

店長美容師の恋愛事情について真実を語る

 
店長美容師の恋愛事情について真実を語る

 
店長美容師が恋愛について色々なことを語っていきたいと思います。

 
そもそも、“美容師の恋愛禁止!”となっているサロンが多いのは周知の事実かと思います。

 
“美容師の恋愛禁止!”の理由は以下の通り!

 

お客様と美容師が恋愛禁止になっている理由

・ 店外でトラブルになった時に、サロン側が責任を持てない。
・ お客様を私物化してほしくない(“お客様はサロンの財産である”という勝手な経営者の妄想)。

 

美容師と美容師が恋愛禁止になっている理由

・ 仕事に私情を挟まれると、当事者やスタッフ間の空気が悪くなる。
・ 恋愛がうまくいかなかった場合、スタッフが離職する可能性がある。
・ うまくいっても(結婚)スタッフが退職する可能性がある。

 
見て頂くとわかるように、経営者側の都合で恋愛禁止にしている美容院が多いわけです。

 
とはいえスタッフももう社会に出て働いている立派な大人であるわけですから、周囲に迷惑をかけないような恋愛を心がけてほしいと切に願います。

 
みんなが幸せになれれば、そもそもつまらないルールも必要ないわけですから。

 
では早速本題に入っていきたいと思います。

 
実は知恵袋でこんな投稿を見つけたんです。

 

 
とても切実な質問ですよね。

 
ぶっちゃけた話をすると、美容師って仕事をする際に

 
“次もまた来ていただけるように気に入ってもらわなくては!!”

 
という意識がどうしても働いてしまうんです。

 

悩める女性C

自分の仕事の都合で思わせぶりな態度をとって、お客に勘違いさせるなんてずるい!!

 
と思われるかもしれませんが、接客業であればどんな仕事でもそういった部分ってあると思うんです。

 
ましてや、美容業界は“喰うか喰われるか”のキビシイ業界です。

 
みんなが必死なんです…。

 
とはいえ、恋心をもてあそばれた側の心情ははたまらないですよね。

 
でももしかしたら担当美容師さんも好意を抱いている可能性もあります。

 
こういった可能性を確かめるためには、“アプローチする”しかないですよね。

 

悩める女性B

失敗したら、気まずくなるかもしれない…。

 
それがイヤなら、今の関係を続けてもいいでしょう。

 

悩める女性C

中途半端な状態はいやだ。白黒はっきりさせる!
ダメだった時はその時に考える。

 
こういった人は少しづつアプローチしてみましょう。

 
アプローチの詳しい方法については、のちほどお伝えしていきます。

 

店長美容師は恋愛する機会があるのか?

 
店長美容師は恋愛する機会があるのか?

 
サロンの売上げ管理をはじめ、スタッフの健康状態の把握などで忙しい管理職である店長美容師。

 
店長美容師の恋愛事情は、普通の美容師よりもさらに厳しいです。

 
しかし、色々な会議や異業種交流会などにも参加するなど、活躍する世界は一般の美容師に比べて広いので恋愛に発展するような出会いのきっかけは多いと言えるのかもしれません。

 
あとは気力と体力の問題でしょうか??

 
私の場合は、サロンワークが終わっても家での仕事がありますので、ここ数年は夜に出歩いた記憶がありません…(年に数回ほどは出歩きます)。

 

店長美容師のリップサービスに惑うお客様も多数

 
店長美容師のリップサービスに惑うお客様も多数

 
色々な美容師がいて、色々なお客様がいます。

 
ものの考え方ひとつとっても十人十色です。

 
例えば美容師さんが『Aちゃんに似合う髪型をずっと考えてたんだけど遂に見つけたよ。』

 
とAさんに言ったとします。

 
これ美容師からすると、Aさんが気に入ってるとかそうでないとかいう以前にお客様全員にこれだけ真剣な気持ちで向き合っているからごく自然なことなんですよね。

 
でもAさんが純粋で感受性が人一倍強いのであれば、『この美容師さん、私のことを気に入ってくれている。』と思うかもしれません。

 
またネット上でこういった質問を見つけました。

 



 
これって“美容師に恋するお客様のパターン”なんですが…。

 
これを見てあなたはどう思いますか??

 
私の正直な気持ちを言いますと、美容師側は特別なことを言ったりしていないと思うんですよね。

 
おそらく恋心から出る発言ではないと思うわけです。

 
だって美容師から言わせると日常の仕事風景の一場面ですから。

 
でもこれって、どちらが悪いとか良いとかいう話ではないんですよね。

 
本当に言葉の捉え方って人それぞれだから、お客様を大事にしていきたいなら美容師は発言に慎重になった方がいいと思うわけです。

 
だってこの相談者、別の方からアプローチを受けても、美容師のことが気になって先に進めなくなっちゃってるんでしょ。

 
もし美容師にその気がないのなら、このお客様ちょっとかわいそう過ぎますよね。

 
正常性バイアスが働いちゃってるから、はっきり答えを出さないとお客様は時間をムダにする可能性があります。

 

店長美容師が持つ恋愛に対しての不安と本音

 
店長美容師が持つ恋愛に対しての不安と本音

 
美容師は、お客様との恋愛に対して消極的です。

 
ましてや、店長やチーフなどみんなの模範になるようなポジションであればなおさらです。

 
ではなぜ消極的になるのでしょうか?

 
いくつか理由を上げさせていただきます。

 

・ サロンに迷惑をかけてしまう
・ 失客させたくない
・ 美容師側からお誘いをしにくい
・ 期待値が高そうで不安

 
1つずつ詳しく解説してみます。

 

サロンに迷惑をかけてしまう

恋愛もうまくいけばいいですが、必ずしも全員がハッピーエンドを迎える事はありません。

 
そうしたときに大切なお客様を失客させてしまい、サロンに迷惑がかかることを心配してしまいます。

 

失客させたくない

特に女性美容師に多いのですが、誘いを断ることで美容室に来てもらえなくなることを恐れて、何となく断れないというパターンが多いようです。

 
男性客が女性美容師を遊びに誘うのであれば、プライベートで会うことに前向きなのかどうかを見極めて誘いたいところです。

 

美容師側からお誘いをしにくい

中には“お客さんとどんどん遊びたい!”と考えている美容師もいます。

 
とはいえ、サロンワーク中はスケジュールや流れに意識が流れ過ぎて、なかなか声をかける余裕がないのも事実。

 
誘ってくれるのを待っている美容師もいるようです。

 

期待値が高そうで不安

『仕事をしている自分の姿しか知ってもらえていないので、ものすごく期待値が高そう…。』となかなか前向きになれない美容師が多いようです。

 
収入は少ないし、拘束時間も長い…。

 
休みも少ないのでデートもあまりいけないかも。

 
付き合ってから『考えてたのと違うから別れましょう。』となるのを恐れているのです。

 

店長美容師が考える、嬉しい誘われ方

 
店長美容師が考える、嬉しい誘われ方

 
忙しく仕事をしている最中の美容師さんを、遊びに誘うのってかなりの勇気がいりますよね。

 
しかし遠慮ばかりしていては、何も変わりません。

 
そして好意を持たれることに対しては、それがどんな人でも嬉しいものです。

 
自然な感じでアプローチしてみましょう。

 
では次に美容師目線で考える嬉しい誘われ方をお伝えしていきます。

 

恋人がいるかどうかをリサーチ

連絡先を聞いてみる

アプローチする

 

恋人がいるかどうかをリサーチ

そもそも相手にパートナーがいるのであれば、トラブルになる前に身を引くか、相手の恋愛が終わるのを待ちましょう。

 
美容師とあなたとの関係性によっては、『恋人はいるんですか?』とストレートに尋ねることもできるかもしれませんが、多くの人はそんな直球質問なんてできません。

 
話の中で、
『妹(弟)の誕生日プレゼント何にするか迷ってるんですよね。彼女(彼氏)さんへの誕生日プレゼントはどんなものを送っていますか?』、
『彼女(彼氏)さんのカットやカラーもしてあげるんですか??』など、自然な感じで恋人の有無を確認してみましょう。

 

連絡先を聞いてみる

もし相手に恋人がいないのが分かったら、次のステップは連絡先の交換です。

 
最初にすべきことは、共通の話題を見つける事です。

 
共通の話題を話しているときは心の距離が縮まるものです。

 
“連絡先を教えてほしい”と頼むには1番良いタイミングになります。

 

アプローチする

連絡先が聞けても油断は禁物です。

 
次のステップは、『少しづつ距離を縮め続けること』です。

 
このやり方には正解がありません。

 
連絡は取り過ぎても、取らなさ過ぎてもダメ

 
相手の反応や状況をみて臨機応変に行動しましょう。

 
相手のことを大切に考えているなら簡単ですよね♪

 
距離が縮まったのを確認できたら、早速どこかへお誘いしてみましょう。

 

店長美容師が教えるベストな恋愛のプロセス

 
店長美容師が教えるベストな恋愛のプロセス

 
先ほどは、『美容師の誘い方』でしたが、次に『美容師との付き合い方』をお話していきます。

 
流れ的には…、

 

① 恋人がいるのか確認
② 連絡先を交換
③ まずは複数人で会ってみる
④ プライドをくすぐってあげる
⑤ プライベートな会話を増やす

 
です。

 
①と②については、『美容師の誘い方』で先述したので割愛します。

 

③ まずは複数人で会ってみる

サロン外での交友を作るというのは、とても大切なことです。
とはいえ、『いきなり二人で出かけるなんて無理だ…。』と考えるなら、友人を誘って複数人で出かけるのもいいですよ。
その時に、共通の趣味で人を集めると盛り上がる確率はグンと上がります。

 

④ プライドをくすぐってあげる

『いつも周りの人が私のヘアスタイルを褒めてくれるの♪』『〇〇さんがいなくなったら、わたし困るな…。』など、美容師のプライドをくすぐっておきましょう。
そうすることで美容師は以前にもまして心を開き始めます。

 

⑤ プライベートな会話を増やす

相手の距離を縮めるおすすめの裏技がもう一つあります。

 
それは二人だけの秘密を持つという事。

 
LINEなどでそういった話をするのも悪くはないのですが、実際に会ってそういった話をすることで互いの信頼関係が生まれます。

 
『この人は私に心を開いてくれているのだな。』と感じてもらえるわけです。

 
以上が美容師と付き合うまでのプロセスになります。

 
これらのことをやっていくことで、美容師とお客様という関係を大きく進展させていきます。

 
仮に恋人にはなれなくても、友達以上に親密な関係になるはずですよ。

 

店長美容師が恋愛について一言

 
店長美容師が恋愛について一言

 
私たちは、美容師である前に一人の人間でもあります。

 
だから、『恋をせずに生きていけ』というのは無理な話なんです。

 
生き物としての欲求に逆らうことはできません。

 
がしかし…。

 
私も経営者である以上、従業員の生活を守る義務があります。

 
従業員の生活を守るためにはサロンを守らなければなりません。

 
そしてサロンを守るためには、あらゆるトラブルに備えておく必要があるのです。

 
だから、『美容師は恋愛禁止!!』というルールにも否定的ではありません。

 
“大人な恋愛をしましょう”って話です。

 
好きな相手の事ばかりではなく、周囲に及ぼす影響、自分への影響も考えたうえで楽しんで欲しいだけなのです。

 
今回は恋愛相談会みたいになってしまいましたが、少しでも悩みを持たれている方の助けになればと思います。

 
いざ文面にしてみると、私自身も色々と気づきがありました。

 
たまにはこんな内容もいいかもです。

 
では今回は以上で終わります。

 
拙い文章に最後までお付き合いいただきありがとうございました。