疑問美容師女

美容師の時給の相場ってどれくらいなんだろう?来年結婚を予定していますが、もし子供が出来たらパートタイムで美容師を継続していくべきか悩んでいます。でも美容師のパートタイムの時給って相場はどれくらいなのでしょうか?

 
こういった疑問にお答えします。

 
✔本記事のテーマ

 

美容師の時給の相場を調べた。これ年収額もヤバイって…【後悔】

 
✔記事の信頼性

 
私は1人美容室を経営しており、現在月給100万円をコンスタントに稼ぎます。

しかし、美容師になってからの20年間、何度も挫折し失敗を繰り返し、たくさんの遠回りをしてきました。
経験した失敗や遠回りの経験を生かしたアドバイスをします。

 
✔あなたへ前置きメッセージ

 
本記事は、『ゆくゆくはパートタイムで美容師をしたいけど、時給の相場がよく分からない。もし時給が少ないのであれば思い切って美容師を辞めてもいいのだろうか?』という方に向けて書いています。

 
この記事を読むことで、パートで美容師をやることのメリットやデメリットを余すことなく知ることができます。

 
以前働いていた美容室でもパートタイムで働く従業員が在籍していました。
パートタイムと正社員と、はたから見たら違いが見えませんが、労働条件などは大きく変わってきます。
今後美容業界でも働き方が大きく変わるという事を指摘されていますので、知識として知っておきましょう。

 

 

美容師の時給 相場を調べた

 
美容師の時給 相場を調べてみたんですが…。

 
ちょっと以下の統計資料をご覧ください。

 

(TOWNWORK様より資料引用)

 
日本全国の美容師の時給相場をまとめたグラフ(年齢、男女性別関係なし)を掲載したのですが…。

 
かろうじてどの県も、最低賃金はクリアしています
それでは、めでたしめでたし…。

 
という話ではもちろんな~いっ!!

 
おそらく美容師の仕事をして時給でお給料を頂いているという事は、当事者はアシスタントではなく、バリバリのスタイリストであると想定できます。

 
美容理容専門学校を卒業して、国家試験を受け美容師免許を持っている。

 
そしてあらゆる技術を身に着けたスタイリストがもらうこの時給…。

 
と考えたときにこの時給って安すぎじゃないですかね!?

 
職業差別ではないですが、資格を必要としないレジ打ちのパートや事務職の時給平均とそんなに変わらないわけでしょ??

 
この現状を調べれば調べるほど、驚きと調査した後悔の念の波が私に押し寄せるわけです。

 
とはいえ、『あぁ、そうなんだ…。でも仕方ないよね。美容師ってそんなもんでしょ。』と終わるわけにもいかないので、さらに深掘りしながら解決策を考察していたいと思います。

 

最近の美容師の思考と時給制給与の合理性

 

 
固定給や歩合給でなく、時給を貰いながら働いている美容師さんって、様々な事情がある人なんだろうと思うんです。

 

・ 小さな子供がいるので、10時から15時までしか働けない。
・ 隙間時間を活用したい。

 
そして最近若い美容師に増えているのが、

 

・ 社員になって朝から晩までがっつり働きたくない。
・ 指名客数や売り上げに興味が無いので、プレッシャーを受けることなくゆったりと働いて仕事を楽しみたい。

 
といった考え方。

 
こういった考えの方々は、時給制で給料を稼ぐことが一番合理的ではあるかと思います。

 
でも、職場によっては社会保障などの待遇が無い場合がありますのでその辺は要注意です。

 
パートタイム(時給制)で働く際のメリット、デメリットをまとめておきます。

 

パートタイム(時給制)のメリット

 

・ 時間のコントロールがしやすい
・ 望むワークスタイルを実現できる

 

パートタイム(時給制)のデメリット

 

・ 労働条件が悪くなる

 

美容師の給与の限界ってあるのよね…

 

 
あなたはなぜ美容師の仕事をしていますか?

 

・ 仕事が好きだから??
・ 生きるために??

 
前者の場合は、ひたすら楽しそうな職場環境を探し続けて、ベストな職場が見つかれば仕事を楽しむことにひたすら注力していくといいでしょう。

 
ただし厄介なのは後者の場合です。
働ける時間には制限がある。

 
でも生きていくためのお給料は稼ぎ続けなくちゃいけない。

 
こういった場合、どうやって職場を探せばいいのでしょう。

 
美容師業界は、常に慢性的な人材不足という問題を抱えていますので、求人誌を見れば山ほどスタッフ募集という言葉を目にするのですが…。

 
でも色々な条件をフィルターにかけた場合、案外条件の良いサロンって少ないんですよね。

 
美容師ってどう考えても、稼げる給料額に限界が存在します

 
だから、就職先を探す際に時給額などはあまり気にしないでもいいのかなと思います。

 
求人誌に載せているサロンさんは、ライバル企業やライバル店舗の求人内容を参考にしているはずなので、どこのサロンもそんなに時給に差がないはずなんです。

 
だから、“時間の融通が利くのか社会保障などの待遇はあるのか??”などといった部分だけを見て職場を探していけばいいかと思います。

 
でもどうしても後々ネックになるのが、給料の不足分…。

 
私が考える解決策を次に紹介します。

 

月収50万円の美容師になるためにすべき事

 

 
美容師の時給 相場をお伝えして、すでに理解して頂けたと思いますが、美容師が稼げる給料の額には限界があります

 

社員 → 15万円~30万円
パート → 8万円~18万円

 
もっともっと給料をアップさせようと思っても、不可能だと思います。

 
ではそれ以上の金額を稼ぎたいのであれば、どうすればいいのでしょうか??

 
ズバリ副業をすることです。

 
しかし、そもそも時給をもらって生活している美容師さんは、“時間的制約”がある場合がほとんどのはずです。

 
だから副業をしなさいと聞いたときに、

 
『いやいや、忙しいから副業なんて無理だよ。そもそも時間あったら正社員してるし。』

 
『これ以上体に負担をかけたら、体調管理をしきれません。』

 
といった意見もあるかもしれません。

 
できることなら時間や労力をかけずに副業で収入を増やしたいですよね。

 
どうすればいいのか結論をお伝えします。

 
“美容師”関連の属性で出来る副業をするという事です。

 
とはいえ、『何をどうしたらいいの??』
という声が聞こえそうなので副業の参考例を紹介します。

 


①美容に特化したブログ作成

 
育毛、ヘアケア、白髪などといった専門性のある内容を書いたブログは常に一定数の需要があります

 
どんどんアクセスが伸びてくると、広告収入などを得ることができます。

 
ブログの執筆は空き時間を有効に使うことができますし、月収10万円を手にすることも可能です。

 
徹底して執筆にコミットすれば、月収50万円以上も可能です。

 
(あなただけのブログサイトを作りませんか??サイト作成依頼はコチラ)

 


②教材を作成して販売

 
《かわいい前髪の切り方講座》、《この夏に流行るトレンドヘアカラー特集》みたいな教材をPDFファイルにして販売している美容師さんもいらっしゃいます。

 
最近では、サロンのお客様を無料でオンラインセミナーなどに招待し、直接髪のお手入れ方法や、巻き髪の作り方などのレクチャーをする美容師さんもいらっしゃるとか。

 

美容師の時給 相場を調べて思ったこと

 

 
美容師の時給 相場を見て、あなたはどう思いましたか??

 
これ見て、悲しい気持ちになって終わりじゃいけないと思うんですよね。

 
イキイキと楽しく美容師人生を歩むのか、不平不満にまみれた美容師人生を今後も続けるのかはあなたの行動次第です。

 
ぶっちゃけ経済的な不満さえなければ、美容師という仕事は最強に面白いと思うんですよね♪

 
私は副業にチャレンジすることをおすすめします。

 
万が一、『自分には合わないな。』となれば別のものを試せばいいだけの話ですし、独立開業して経営者になることに比べたらリスクなんてないんですから♪

 
以上で今回の記事は終わります。

 
拙い文章に最後までお付き合いいただきありがとうございました。