困った美容師男

美容師が給料50万を稼ぐために必要なことって何だろう?美容師がお金を稼ぐための“心得え”的なものを教えて下さい。

 
こういった質問に対し解説します。

 
✔本記事のテーマ

 

美容師が給料50万を稼ぐためにすべき事【年収1000万も可能】

 
✔記事の信頼性

 
私は1人美容室を経営しており、サロンワークの収入と副業収入でまとまった月給をコンスタントに稼いでいます。
しかし、常に順風満帆だったのかと言えばそうではなく、
美容師になってからの20年間、何度も挫折し失敗を繰り返し、たくさんの遠回りをしてきました。
これまでに経験した失敗や、遠回りした実体験を生かしたアドバイスをします。

2019年、2020年とブログ活動継続中。
 
✔あなたへ前置きメッセージ

 
本記事は、『美容師が毎月50万円を稼ぐためにどう動いていくべきかを教えてほしい。』という方に向けて書いています。

 
美容師は資格業です。免許がないと働くことができません。しかも重労働…。
そんな美容師だからこそ、しっかり給料を頂く権利があると考えています。この記事を読むことで50万円の給料を得るために必要な事を知ることができ、起業に努めるサラリーマンほどの年収は稼ぐことができるようになります。

 

 

美容師が給料50万を稼ぐためにすべき事【年収1000万も可能】

 
美容師が給料50万を稼ぐためにすべき事【年収1000万も可能】

 

男美容師ウインク

毎月50万円を稼ぐ美容師になりたいんだ。

 
給料50万円を稼ぐという事は、“年収600万美容師”になるという事ですね。

 
日本全国の美容師の平均給料は約25万円(年収296万)です。

 
そう考えると月給50万円はかなり苦しいチャレンジかもしれません。

 
とはいえ全く無理なことでもありません。

 
今回は美容師の苦しい現状を話しつつ、給料50万円以上を稼いでいくための方法というものをお伝えしていきます。

 

アシスタントの美容師給料明細には安い数字が…【手取り12万円】

 
アシスタントの美容師給料明細には安い数字が…【手取り12万円】

 
現在スタイリストとして活躍している人たちは、もれなく全員がアシスタント時代を経験してきています。

 
そして“アシスタント美容師”と聞くと、かなり経済的に厳しいイメージがあります。

 
“経済的に厳しいイメージ”を具体的に話すと、手取り額12万円ほどで毎月の生活をやりくりしているのです。

 
アシスタントの給料の特徴を簡単に話すと、だいたいが固定給で、ほぼボーナスなどはありません。

 
技術力が上がってランクアップすれば多少給与が上がるかもしれませんが、基本的には月収は少ないのです。

 
派手な生活をしていそうなカリスマ美容師と呼ばれる人たちも、そんな時代を経て大きく成功しています。

 
アシスタント美容師はなぜ給料が少ないのかと言うと理由は以下の通り。

 

✔ 自分で売上数字を作れない
✔ 指名客を持っていない
✔ “勉強させていただいている身”である

 
経営者側からすると、《将来スタイリストになって活躍してくれることを見越して、先にお金を投資している》というマインドが働いているわけです。

 

困った美容師女

なるほど。確かにそう考えたらアシスタント時代に給料が少ないのも納得いくかも。

 

美容師の平均年収は300万【地域一番の美容師になってもせいぜい年収500万】

 
美容師の平均年収は300万【地域一番の美容師になってもせいぜい年収500万】

 

疑問美容師男

そもそも美容師の給料の限界値ってどれくらいなんだろうね?

 
冒頭にも伝えた通り、一般的な美容師の年収は296万円だと言われています。

 
雇われ美容師の場合、どういった状況で働いているかにもよりますが、仮に地域一番の人気美容師になったとしても、年収500万円~年収600万円ほどが限界値ではないかといわれています。

 
(→ 美容師の給料はどのくらい?結論25万円(MAXどれくらい稼げるかも暴露))

 

困った美容師男

求人誌を見ながら、労働条件のいい店舗へ転職することも大切だね。

 

40代の美容師の年収は372万円【歩合給でも食えない】

 
40代の美容師の年収は372万円【歩合給でも食えない】

 
40代美容師と聞くとベテランの域になるのですが、こんなベテラン美容師になったらどれくらいの年収になるのでしょうか?

 
40代美容師の給料の平均値は、年収372万円と言われています。

 
余談ですが【美容師の給料のピーク】もこの40代で来ると言われています。

 
ピーク値で年収453万円です。

 

疑問美容師女

ん?ピーク値で453万円で平均値が372万円?

 
そうです。なぜこんなに数字の開きが出るかというと、理由は以下の通り。

 

💡 独立開業、フリーランス、業務委託など様々な働き方やセミナー活動をする美容師がいる
💡 40歳前半で給料のピーク値を迎え、40代後半で給料は急激に減少していく

 
美容師にとっての“40代”という年代は“美容師の一番旬なタイミング”であり、“枯れるタイミング”です。

 
美容師のごく当たり前なビジネスシステムとはいえ、資格が必要な職業で長いキャリアを積み上げたベテランさえ、あっさりと給料が減るというのは何とも悲しい現実ですね。

 
ちなみに40代後半以降の平均年収は、281万円です。

 
詳細は以下の記事にまとめているので、気になる方はどうぞ。

 
(→ 40代美容師が給料40万を手にするために【安定した生活が欲しい】)

 

年収600万~年収700万の壁【表参道美容師ですら年収360万】

 
年収600万~年収700万の壁【表参道美容師ですら年収360万】

 

疑問美容師男

東京のサロンってさ、メニュー単価が高くて見込み客も大勢いるよね。だから東京で働く美容師ってたくさんお給料をもらえるんじゃないの?

 
オシャレな人が行き交う町“表参道”の美容室で働く美容師を例に話すと、彼らの平均年収は360万円です。

 
美容師の一般的な平均年収は296万という事でしたから、月給で言うとそれよりも毎月5万円ほど高いことになります。

 
とはいえ、都会は全ての物価が地方よりも高い傾向にありますので、生活費もそれなりにかかってしまいます。

 
一見、基本給は高く見えますが、生活の苦しさは変わらないでしょう。

 
(→ 表参道美容師の年収は360万!数字だけ見たら思わぬ落とし穴…)

 

大手美容室shimaのトップスタイリストの給料が高い【年収1000万のカリスマ美容師】

 
大手美容室shimaのトップスタイリストの給料が高い【年収1000万のカリスマ美容師】

 
しかし東京で働く美容師の中にも、数か月までの予約を埋め、とてつもない仕事量をこなし売り上げをあげる、モンスター級の技術者がいます。
例えば…私が個人的に好きな美容師で例を出すと…。

 
美容室shimaで働く、《奈良さん》や《青木さん》。
彼らは年収1000万円を超えていると言われています。

 

疑問美容師女

こういった人たちみたいになりたければ、どうしたらいいのかな??

 

✔ 接客力技術力を磨く
✔ 自己ブランディングを行う

 
上記の二つは必須です。

 
自己ブランディングと言っても多岐にわたるのですが、例えばshimaの青木さんの場合。

 
彼はまだ美容師にもなっていない10代のころから、読者モデルとしてファッション誌で活躍していました。

 
読者モデル時代からファンが多数いたのです。

 

喜ぶ女性

え!?あの青木さんが美容師になったの!?私も青木さんの技術を受けてみたい♪

 
こういった人たちがたくさんいたため、美容業界に入ってすぐに人気美容師になれたわけです。

 
最近ではSNSなどでブランディングする美容師が増えています。

 
フォロワーが増えれば数万人、数十万人に“自分の世界観”を発信できるため、《認知してもらうため》にはかなり強力なツールになるので、まだ使っていない人はどんどん活用して見込み客というものを作っておきましょう。

 
(→ shimaのトップスタイリストの年収知っておったまげ【驚愕】)

 

美容師が年収1000万を稼ぐためにはオーナー以外に道があるのか?【ブログで給料上げるが最適解】

 
美容師が年収1000万を稼ぐためにはオーナー以外に道があるのか?【ブログで給料上げるが最適解】

 

困った美容師男

色々と聞いてきたけど、年収1000万円はおろか、毎月50万円の給料ですら高いハードルに思えてきたよ…。

 
確かに“給料50万円”は簡単に超えれるハードルではないですし、運的な要素も必要になるのでやはり難易度は高いですよね。

 
でもどんな状況下の美容師でも、毎月50万の給料を得る方法はあります。

 
それはダブルワークを行う事です。

 
特に私がおすすめしたいのは、ブログやYouTubeなどで情報発信していくこと

 
おすすめする理由は以下の通り。

 

✔ ブランディングを横展開するだけなのでほとんど負担はない
✔ 収入が増える
✔ スキルが身につく

 
『今後も美容師として食っていく。』と覚悟しているのであれば、どちらにしろ自己ブランディングは欠かすことができません。

 
あなたという美容師を知ってもらったり、あなたが持っているヘアケア知識をドンドン発信していくことでファンが増えていきます。

 
そういったファンたちに、あなたが“本当にいいと思っている商品”を販売していくのです。
そうすればブランディングしながら、収入が増えていきますよね。

 

疑問美容師男

でもそれって別にブログじゃなくてもいいんじゃないの?

 
確かに、“必ずブログでないといけない”わけでもありません。

 
しかしブログを選ぶことがベターであることは断言できます。

 
理由は以下の通り。

 

ブログをすることで…

 
✔ ネット全般の知識
✔ コピーライティングの知識
✔ セールスライティングの知識

 
が身につく。

 
これらの知識って、これからの美容師には必要なものなんです。

 
言うまでもなく集客のためにはネットの知識が必要であるし、コピーライティングの知識を使って話術スキルが向上します。

 
セールスライティングの知識があれば、どんな商品でも気持ちよくお客様に購入していただくことができるようになります

 

女美容師ウインク

ブログで得られる知識やスキルって美容師にも応用できるものなんだね。

 
美容業界のために、自己ブランディングを行う美容師を増やす必要があると考え、最近では『ブログに取り組んでいただける足がかり』を作りたく、ブログサイト構築のサポートを完全無料で行っています。

 
もうすでに37名の美容師さんがブログでの情報発信を始めています。

 
もし、興味のある方は以下より詳細を確認後、ご連絡ください。

 
ブログで副収入を得るためのweb制作を完全無料でサポートします

 
こちらの企画はボランティアで行っています。

 
私自身の業務が忙しくなった場合、予告なくリンクページを削除する場合がありますのでご容赦下さい。

 
私はこのブログについて、お金をかけずとも本当に収益を生みやすく、記事を半永久に残すことができるので最高のツールだと思ってます。

 
とはいえ…、
『テキストを書くのが苦手。』
という方もいる事と思います。

 
そういった方に向けては、美容師に向いているダブルワークについてまとめた記事もありますので、興味があれば以下よりご覧ください。

 
(→ 美容師が副業で給料を上げるならコレ【推奨11選】)

 
今回は以上で終わります。
つたない文章に最後までお付き合いいただきありがとうございました。

質問 解説
2019年 2020年
企業