===========
【サクっと年収500万美容師になる副業方法】を書いた記事を以下に準備しました。
“経済的不安から解放されたリッチ美容師”にちょっとだけ興味があれば、1度は目を通しておきましょう。


(→ 副業のない美容師人生はきっとつまらない【推奨ダブルワーク11選】)
===========
困った美容師男

美容師の給料は最高でどれくらい稼げるの?現在が年収250万ほどだけど、もっと稼げる可能性はあるのかな?

 
こういった疑問にお答えします。

 
✔本記事のテーマ

 

美容師の給料は最高で年間700万【年収1000万以上も可能】

 
✔記事の信頼性

 
私は1人美容室を経営しており、サロンワークの収入と副業収入でまとまった月給をコンスタントに稼いでいます。
しかし、常に順風満帆だったのかと言えばそうではなく、
美容師になってからの20年間、何度も挫折し失敗を繰り返し、たくさんの遠回りをしてきました。
これまでに経験した失敗や、遠回りした実体験を生かしたアドバイスをします。

プロフィール詳細はコチラ

 
✔あなたへ前置きメッセージ

 
本記事は、『美容師の給料は最高でどれほど稼げる可能性があるのかを知りたい。』という方に向けて書いています。

 
この記事を読むことで…美容師の給料事情と、どうすれば給料を上げていくことができるのかを知ることができます。

 

 

美容師の給料は最高でどれくらい稼げるのか?年間700万!?

 
美容師の給料は最高でどれくらい稼げるのか?年間700万!?

 

疑問美容師男

現実的に美容師の僕が稼げる給料の限界って、最高でどれくらいなんだろう?

 

美容師=貧乏

 
というイメージがあまりにも強く不安に思っている人が多いはずです。

 
そんな時に思うのが『美容師が稼げる最高の給料額はいくらか?』という事…。

 
美容師の給料は、最高でどれくらいでしょうか。

 
トップスタイリストと呼ばれる美容師の給料は700万円~1000万円程度といわれています。

 
(→ 美容師が売り上げ関係なく年収1000万にした全く新しい働き方)

 
月収にしておよそ60万円~90万円ほどです。

 
このランクの美容師は【完全歩合給】、もしくは【固定給+歩合給】といった形の給与であることが多いわけですが、年収700万円になるためには月の売り上げが140~200万円程度が必要となります。

 
月100万円の壁はなんとか超えられてもそれ以上の売り上げを稼ぐ事が難しいことは、美容師を実際にやられていたら実感されているはずです。

 
売上を上げるためには、カット等技術に対する対価が高くなること、指名客が多いことが必要です。

 

困った美容師女

目標は高く持ちたいけど険しい道ね。

 
(→ 美容師の現在の給料平均は25万(厳しい現状を回避する方法はコレ))

 

美容師の給料手取りは毎月15万円

 
美容師の給料手取りは毎月15万円まずは美容師の現状を知っていただく必要がありますので、ツライお話から始めます。

 
一般的な美容師の平均年収は280万~300万と言われています。

 
もちろんこの中には年収1000万以上を稼ぐ人気スタイリストやサロン経営者も含まれている数字の平均なので、月収20万未満の美容師も大勢いることになります。

 
美容師になりたての場合、まずはアシスタントとして勤務します。

 
アシスタントの初任給は月額17~18万円程度です。

 
手取りにすると15万円ほどになってしまいます。

 
手取り15万円は一人暮らしの美容師にはかなり厳しい金額で、多くの人が挫折してしまう時期となっています。

 
とくに、男性の場合、結婚などを考えて別の職種に転職する場合もよく耳にする話です。

 
手取りで15万円ほどの美容師がたくさん存在している中で、どうやれば年収700万円をクリアできるのかイメージがつかないひとがほとんどではないかとおもいます。

 
(→ 美容師アシスタントの給料は15万円前後【修羅の職】)

 

疑問美容師女

働く場所や役職によっても稼ぐ給料の額って違うよね?

 
次にそういったところを深掘りしていきましょう。

 

表参道美容師の年収は360万円

 
表参道美容師の年収は360万円どこの地域で働けば給料がたくさん貰えると思いますか?

 

疑問美容師女

そりゃ大都会東京かしら?

 
はい。

 
東京は物価が高い分、給料も高くもらえます

 
(→ 東京の美容師の平均給料は29.7万円【表参道 原宿 銀座の誇り】)

 
おしゃれエリアで有名な表参道の美容室の正社員の求人をみてみます。

 
このエリアは各店舗の技術レベルや接客レベルも高く、お客様からの人気もあるエリアですから高い給料が予想されます。
求人に記載された給料の平均は、月給30万円でした。

 
年収にすると360万円です。

 
(→ 表参道美容師の年収は360万!数字だけ見たら思わぬ落とし穴…)

 

困った美容師男

さすが東京で働くと、高い給料がもらえるんだね♪

 
この金額が高いのか安いのかはそもそも謎です…。

 
企業勤めのサラリーマンの平均年収と比較してみます。

 
国税庁が公表した「令和元年分民間給与実態統計調査結果」(2020年9月)によると、サラリーマンの平均給与は436万4000円でした。

 
なんと、美容師とサラリーマンの年収には、136万円もの開きがありました

 
これはショックな事実ですね。

 
美容師にはボーナスがないことも年収の差が広がる原因です。

 
そして東京で働くだけで簡単にお金が貯まると思ったら大間違いです。

 
(→ 美容師の給料は高いか地域、会社、企業の観点から検証した【超有益】)

 
先ほども記述しましたが、東京で年収360万をもらったとしても、結局都会は物価が高いので経済的な苦しさは地方で働くのとさほど変わりません

 
トップスタイリストになれば年収1000万円を目指すことができますが、誰もがいきなりなれるわけではありません。

 
キャリアのスタートは既存のサロンへ就職し、そのうえでコツコツと技術と経験を積み上げていくことが必要です。

 

店長美容師の年収は600万円以上

 
店長美容師の年収は600万円以上美容師には日常的に昇給のチャンスがあります。

 
その一つに役職を就くことがあります。

 
例えば、店長になったら、給料はどのように上がるのでしょうか。

 
(→ 役職のない美容師人生はきっとつまらない【店長やディレクター最強】)

 
店長の求人をみると、だいたい月収40~60万円を提示しているところが多いです。

 
一般的に店長の年収相場は600万円程度といわれていますから、この額は実際の給料に即しています。

 
しかし言うまでもなく、店長のポジションは1つの店舗に1人分のみ。

 
競争率は鬼高です。

 
接客に関する技術はもちろん、シフト作成やクレーム処理、アシスタントやスタイリストの教育などさまざまな業務が追加され、その分の手当が加算されます。

 
(→ 美容師が失敗して落ち込むクレーム9選!【美容室を出入り禁止になるクレーマーも!?】)

 
給料は上がる可能性があるけど、負担や責任を問われるポジションであるため、精神的な疲弊が大きいという側面もあります。

 

男美容師ウインク

とりあえず店長になれば給料が上がることは間違いないんだろうし、僕はサロンのリーダーを目指すよ♪

 
店長になれば、誰でも給料が上がるわけではありません。

 
店長になって給料を増やすには、以下の条件が必要です。

 

✔ 繁盛しているサロンの店長になる
✔ 利益の出ているサロンの店長になる

 
言うまでもなく店長の評価(給料)は、お店の利益で判断されます

 
利益の出ていない“毎月赤字の美容室の店長”になったって、『しんどいばかりで給料はこれっぽっちも上がらない…。』こんな事例は世間には山ほどあるのです。

 
どの業界でも役職を持つことは大変なことですね。

 

オーナー美容師の年収は1000万円以上

 
オーナー美容師の年収は1000万円以上

困った美容師女

じゃあ、自身で経営者になるのはどうだろう?

 
経営が軌道に乗れば、大きく年収を稼ぐことはできます。

 
現実的には、サロン経営者を目指せば年収1000万を稼ぐことが可能です。

 
ただ、経営者として大きく成功するのも簡単なことではありません。

 
理由は以下の通り。

 

✔ 経営、税金などについて知識をつけないといけない
✔ 資金が必要
✔ 集客メニュー管理などの戦略が必要
✔ 雇用するなら育成についての知識が必要

 
独立開業して8年がたった私が今だから思う事は、『経営者として勉強すべきことをピンポイントで勉強すれば、もっと早く成功出来ていた。』という事。

 
本当に色々と遠回りをして、パートナーにも迷惑をかけてしまったので、そこはとても後悔しています。

 
そんな私が、経営者として一番の良書だと断言できるのが以下の『美容室開業マニュアル』。

 
少し分厚いですが、余分な情報や話をそぎ落として、経営に必要な事柄が分かりやすく書いている、とても内容の濃い一冊となっています。

 
開業を考えている人は手元に置いておくことをおすすめします。

 
美容室開業マニュアル