次へ
困った美容師男

理容師と美容師を給料で比べるとどちらがいいのですか?給料面以外で比較した話も聞いてみたいです。将来の仕事を決める上での参考にしたいと思います。よろしくお願いいたします。

 
こういった疑問にお答えします。

 
✔本記事のテーマ

 

理容師と美容師を給料面などから比べて知った衝撃事実

 
✔記事の信頼性

 
私は1人美容室を経営しており、サロンワークの収入と副業収入でまとまった月給をコンスタントに稼いでいます。
しかし、常に順風満帆だったのかと言えばそうではなく、
美容業界に飛び込んでからの20年間、何度も挫折し失敗を繰り返し、たくさんの遠回りをしてきました。
これまでに経験した失敗や、遠回りした実体験を生かしたアドバイスをします。

 
理容師についての情報は、現役理容師の友人にきいた情報を元にしています。

 
✔あなたへ前置きメッセージ

 
本記事は、『将来、美容師になるか理容師になるか、悩んでいます。決める上での参考資料が欲しいです。』という方に向けて書いています。

 
“美容師”と“理容師”。髪を切る仕事という点では同じような中身を想像しますが、実はまったく違う職業なんですよね。そもそもどちらを自分の職業にするか迷っている人は、双方の違いを理解していないと思います。早速記事を読み進めて頂き、衝撃の事実を手に入れて下さい。

 

 

理容師と美容師労働面できついのはどっち?

 
理容師と美容師労働面できついのはどっち?

 
ともに労働面で厳しいイメージがあると思います。

 
具体的に言ったら次のようなイメージ。

 

✔ 長時間労働である
✔ 立ち仕事である
✔ ハサミを持ち続けるので腱鞘炎にもなりやすい

 
では、さらにそれぞれの「キツさ」について解説します。

 
理容師は、「正確で直線的な」カットすることが基本となります。

 
ですから、常にミリ単位の細かな作業を続けなければなりません。

 
理容師だから…というわけではないですが、とても神経を擦り減らす作業です。

 
美容師はパーマやカラーを多く行いますから、皮膚への刺激が多く、肌あれが深刻になりがちな職業です。

 
また、シャンプー台の構造によっては、腰への負担も多くなってしまいます。

 
つまり、長時間の細かな作業が苦手な人には、理容師はきついお仕事になります。

 
肌が弱めの人には美容師のほうがきつく感じるかもしれません。

 
あなたの性格や体質を予め把握する必要があるでしょう。

 
余談ですが…どちらもずっと立ち仕事をするからか、痔(ぢ)で悩んでいる人も結構多かったりします。

 
理容師の友人とたまに呑みに行ったりするんですが、床に座ると激痛が走るので、常にピンク色のドーナツ型クッションを持参して動いています。

 

理容師と美容師どちらが独立しやすい?

 
理容師と美容師どちらが独立しやすい?

 
理容師と美容師はともに国家資格を必要とする職業です。

 
そのため、ほかの職業よりも独立開業がしやすくなってます

 
開業の際には大きな資金が必要になりますが、ちゃんとした計画書を作成したら融資も比較的簡単に受けやすいようです。

 
では、どちらがより独立しやすいのでしょうか。

 
一般的に、美容室のほうが、理容室よりも初期投資費用が安く済むといわれています。

 
理容室には、リクライニングできる椅子やカミソリが必須です。

 
また、席ごとにシャンプーを行える設備があることもあります。

 

疑問美容師女

確かに美容室と理容室では椅子の作りなどが全然違うわね。理容室の椅子ってそんなに高いんだ…。

 
これらは美容室では必要ではないので、その分、理容室を開業する際は費用が高くなる傾向があります。

 
よって、金額的に独立しやすいのは美容師と言えそうです。

 

理容師と美容師を将来性で比べてみる

 
理容師と美容師を将来性で比べてみる

 
では次に、それぞれの将来性について考えてみましょう。

 
理容師は、厚生労働省「平成27年度生活衛生関係営業経営実態調査」によると、「60~69歳」の経営者が31.1%を占めています

 
また、71.5%の施設で「後継者なし」となっており、理容師の高齢化、担い手の減少が起きていることが分かります。

 
また、「平成30年度衛生行政報告例」によると、理容室は全国に11万9053軒あり、その数は年々減少傾向です。

 
つまり、後継者不足によって閉業している理容室が多数となっています。

 
理容師はライバルが少ないとも言えますが、縮小している業界に参入するのは勇気が必要かもしれません。

 
一方、美容室は「平成30年度衛生行政報告例」によると、登録数が25万1140軒あり、店舗数は増加傾向にあります

 
美容室で働く従業員数もそれに伴って増加しています。

 
理容師とは違い競争が激しく、相対的に客数が減少してしまう可能性もあります。

 
しかし、業界に活気がありますから、やり方次第では成功できる未来もあるでしょう。

 
また、就職先、転職先も多い為、求人には困りません。

 
よって、“より大きな成功”を考えると、理容師ではなく美容師の方が将来性に分がありそうです。

 
(→ 店長美容師の年収は全国平均600万円【高給を狙う方法も解説】)

 

理容師も美容師も年収1000万の給料実現できる

 
理容師も美容師も年収1000万の給料実現できる

 
理容師、美容師の収入は、「2020年賃金構造基本統計調査」によると、年収が311万4000円となっています。

 
この値は平均値なので、若手の理容師美容師はより少ない収入になるでしょう。

 
大学を卒業して、企業に正社員として勤めるサラリーマン男性の初年度の給与は480万程度ですから、そこから考えても厳しい金額です。

 
では、年収1000万円を目指すには、どうしたらいいでしょうか。

 
まずは、売り上げを追及し、歩合の額をアップさせることです。

 
ボーナスという制度がない分、指名してくれるお客様をどんどん増やして給与を上げる必要があります。

 
指名客をどんどん増やすためには施術スキルの向上、サービスや接客技術の向上は欠かせません。

 
実力をつけたのちにオススメしたいのは、“環境を変える事”

 
一つは独立開業をし、経営者になることが挙げられます。

 
また、現在ではフリーランスという働き方もあります。

 
年収は500~800万円程度が多いようですが、働き方によっては1000万円を目指せるかもしれません。

 

理容師と美容師の離職率の違いはあるのか?

 
理容師と美容師の離職率の違いはあるのか?

 
厚生労働省「新規短大等卒就職者の産業別離職状況」によると、平成30年3月卒の理容師・美容師を含む生活関連サービス業の離職率は、29.1%(1年以内)です。

 
なお、理容師と美容師それぞれの離職率の統計はありませんが、特に、美容師は理容師よりも離職率が高い職業と言われています。

 
理容師は23万8086人いるのに対し、美容師は47万9509人(いずれも平成24年)もいるため、競争が激しいからだと考えられます。

 

理容師と美容師給料安いのはどちら?

 
理容師と美容師給料安いのはどちら?

 
理容師、美容師ともにアシスタントでは月収16~18万円程度、スタイリストになって20~22万程度の給料が一般的です。

 
一方、街中でよく見かけるようになった1000円カットチェーンはどうでしょう。

 
1000円カットチェーンの場合は、月給22~30万円程度の大卒初任給に近い額の給料が設定されているようです。

 
客単価の高い美容師の方が、給料が高くなる可能性があります。

 
一方で、安定した給料という面では理容師に分があります。

 
その時の状況や景気、本人の技術力次第で、どちらも給料が高くなる可能性、安くなる可能性がある職業です。

 
(→ 美容師の給料の手取り額は平均15万円【少ない理由はコレ】)

 

理容師と美容師辞めたい人が増えているのはどっち?

 
理容師と美容師辞めたい人が増えているのはどっち?

 
理容師の場合は、高齢の技術者が多いことや、全国的に店舗が減っていることから、停滞した環境を不満に感じている技術者がいるようです。

 
美容師は、競争過多の状況や低賃金に不満を感じ、辞めたいと考えている人が増えているようです。

 
理容師の方が絶対数が少ないので、辞めたいと考えている人は美容師のほうが多いようです。

 

理容師と美容師の本音を聞いてみた

 
理容師と美容師の本音を聞いてみた

 
現役の理容師さんへ質問してみると「体力勝負の仕事なのでつらい」、「古い慣例や慣習が横行している」といった本音が出ます。

 
とくに若い理容師にはつらい環境になってしまうようでした。

 
現役の美容師さんの回答で多いのは、「給料が安い、肉体労働でつらい」、「福利厚生といった概念がほぼない」といったことが多いです。

 
理容師さんと共通する辛さが多いようです。

 

理容師と美容師と資格内容の違いがある

 
理容師と美容師と資格内容の違いがある理容師免許と美容師免許はそれぞれ異なる国家資格です。

 
どちらも、専門学校などの養成施設・学校で2年以上学び、国家試験に合格することで免許を取得できます。

 
それぞれの資格の内容の違いは、法律に記載されています。

 
その条文によると、美容師は「容姿を美しくすること」、理容師は「容姿を整えること」が目的となっています。

 
また、美容師免許では、まつげエクステなどを行うことができますが、カミソリによる顔そりはできません。

 
(メイクのために電気シェーバーなどでそることは最近できるようになりました。)

 
そして、理容師免許では男女ともにパーマのみの施術、女性の場合カットとパーマの施術はできません。

 

女美容師ウインク

じゃあ、理容師と美容師と両方の資格を持っていたら重宝されそうね♪

 
いえ、そこは間違っています。

 
ダブルライセンスを持つ理美容師となった場合でも、働く店舗の登録によってどちらかの施術しかできないので注意が必要です。

 

困った美容師女

“自分がどっちの資格を持っているか?”が重要ではなくて、“働いている場所が美容室なのか理容室なのか?”が大切なんですね。

 

理容師と美容師結局どっちが儲かるの?

 
理容師と美容師結局どっちが儲かるの?

 
様々な面から比較してみましたが、結局どちらがより儲かるのでしょうか。

 
客単価がより高く、業界に活気や勢いがあるのは美容師だといえます。

 
また、美容に関する他のサロンへのjobチェンジの自由、キャリアパスの多様性もあるので、より収入アップを目指す面でもおすすめです。

 
理容師は安定して経営するには申し分ないですが、実現できる利益には限界があります。

 
もちろん、より自分のやりたいことに近い仕事を選んだ方が、楽しく長く続けられますから、まずはご自身の気持ちを大切にしてください。

 
(→ 年収700万以上稼ぐ美容師の非常識な行動とマインドセット)

 

【おまけ】結局どちらが儲かろうが全く関係ない理由

 
【【おまけ】結局どちらが儲かろうが全く関係ない理由

 
私自身、雇われ美容師だった15年間はずっと金欠に悩んでいました。

 

・ 服を買う度に、クレジットカードのキャッシング枠がいっぱいになる。
・ 友人に呑みに誘われても、だいたいは金欠で行けない。
・ コンビニでジュースを買えず、どこへ行くにも水筒を持ち歩く。

 
美容師は働き方を自由に選択することができます。

 
私は10年ほど前から、サロンワークの傍ら様々なダブルワークを経験しながら収入を増やしていきました。
今では、“お金がなくて何かを我慢する”という場面はほとんどありません。

 
2019年、2020年とダブルワーク(副業)をする美容師が急増していて、この流れは2021年も続くことは確実視されています。

 
老後の生活を国に頼ることができない以上、自分でお金を稼ぐ力を身につける必要があります

 

困った美容師女

私美容師しかやったことないけど、どんな副業ができるんだろう?

 
美容師に向いている副業を難易度別にまとめた記事があるので、興味があればご覧ください。
新しい知識も必要なく、空き時間を使うことで効率よく稼げる副業もあります。

 
(→ 副業のない美容師人生はきっとつまらない【推奨ダブルワーク11選】)

 
今回は以上で終わります。
つたない文章に最後までお付き合いいただきましてありがとうございました。

 

コメントや問い合わせをしてみませんか?