困った美容師男

美容師の現在の給料って相当少ないよね?厳しい現状はこれからもずっと続くのかな?将来のことが不安過ぎるんだけど、現在の悩みを解決する方法があれば教えて下さい。

 
こういった相談にお答えします。

 
✔本記事のテーマ

 

美容師の現在の給料平均は25万(厳しい現状を回避する方法はコレ)

 
✔記事の信頼性

 
私は1人美容室を経営しており、サロンワークの収入と副業収入でまとまった月給をコンスタントに稼いでいます。
しかし、常に順風満帆だったのかと言えばそうではなく、
美容師になってからの20年間、何度も挫折し失敗を繰り返し、たくさんの遠回りをしてきました。
これまでに経験した失敗や、遠回りした実体験を生かしたアドバイスをします。

 
✔あなたへ前置きメッセージ

 
本記事は、『美容師の現在の給料が少ないことに悩んでいて、辛い現状と将来への不安から解放されたい。』という方に向けて書いています。

 
この記事を読むことで…将来的にどういった方向性で働いていけば、現在持っている給料が少ないという悩みから解放されるのかを知ることができます。

 
ぶっちゃけ、これまでの常識通りに働いていても、美容師として大成することは不可能です。
それは読者のあなたも十分に理解されていますよね?

とくに私の年代以前の美容師たちは、固定概念がこり固まって柔軟な思考が難しいかもですが、大きく年間売り上げを上げていくためには“意識改革(パラダイムシフト)”
が必要です。

今回の記事があなたの意識改革に役立てばと思います。

 

 

美容師が年収600万~700万を狙えるのか?【安い給料になってしまう働き方】

 
美容師が年収600万~700万を狙えるのか?【安い給料になってしまう働き方】

 
美容師の給料平均は25万と言われています。

 
年収にすると300万円となります。

 

困った美容師女

私はスタイリスト歴9年だけど、私の給与はそんなにないわ…。とくに手当やボーナス(賞与)もないし。

 
この年収300万円という数字は、入社したばかりのアシスタントから店長などの役職に就いたベテラン美容師など全てをひっくるめた数字になっています。

 
なのでキャリアが浅い美容師は年収300万円を下回っている人が多いはずです。

 
勤続年数が長いからと言って、月収が増えるわけでもない。
時給で計算すると最低賃金を下回る月額給料になってしまう…。

 
(→ 美容師の給料と労働基準法について厳しい現状を暴露【閲覧注意】)

 
そんな経済的に厳しい生活を強いられる美容師が年収600万以上を稼ぐことはできるのでしょうか?

 
様々な可能性を、色々な側面から考察していきたいと思います。

 

アシスタント美容師の給料手取りは12万【歩合になれば現状打破なるか?】

 
アシスタント美容師の給料手取りは12万【歩合になれば現状打破なるか?】

 
退社する美容師の7割~8割はアシスタント時代に行動に移します

 
理由は以下の通り。

 

✔ 残業当たり前で労働がキツイ(肉体的のも精神的にも)
✔ 勤務時間が長く自由な時間をあまり持てない
✔ 給料が少なく生活が苦しい
✔ アシスタントの時間給は480円くらい

 
退社していく美容師の大半はこう言うそうです。

 
『就職する前に想像していたのと違った。』

 
(→ 美容師が辞める際の退職理由【衝撃ランキング5】)

 
アシスタント時代は、できる技術が限られているため、どれだけ働こうが決まった金額を給料としていただきます(固定給)

 
ではスタイリストになって歩合給になれば、少ない給料問題は解決するのでしょうか?

 
結論を言うと、YESでもNOでもありません。
歩合給を増やすためには、指名客を増やしていく必要があります。

 
だから、指名客を増やすことができれば給料は増えることになる。
言うまでもなく指名客が増えなければどれだけ労働時間を増やそうが給料は増えない。

 
技術力でも年齢でもなく、指名客数がサロンワークにおいて大正義なのです。

 
アシスタント時代をなんとか乗り越えてスタイリストになっても給料が増えない美容師はどんどん消えていく(退社や転職をしていく)という悲しい現状となっております。
(→ 美容師のアシスタントの給料の手取り額を見て3秒であごが落ちた件)

 

店長美容師の年収はおよそ600万円【過酷な椅子取りゲームの果てにあるもの】

 
店長美容師の年収はおよそ600万円【過酷な椅子取りゲームの果てにあるもの】

 

疑問美容師男

店長になったら給料はどれくらいになるの?

 
店長クラスになると、年収600万を狙えるくらいになります。

 
でも店長クラスの美容師になれば誰でも年収600万を貰えるわけではありません。

 
どんな規模の美容室で店長をしているかによって給料額が大きく変わってくるからです。

 

困った美容師男

店長になれば誰でも年収が上がるわけじゃないんだね。

 
しかも店長の椅子は1つの店舗につき1つだけです。

 
多くの給料をもらうために店長を目指しているのであれば、比較的大きいサロンで繁盛しているサロンの店長にならないとダメです。

 
(→ 役職のない美容師人生はきっとつまらない【店長やディレクター最強】)

 
ついでに話しておきますと店長やチーフなどといった肩書を持つと、以下のような仕事が増えます。

 

✔ 売上げ管理
✔ 新規事業の企画や提案
✔ スタッフ管理、求人管理
✔ メニュー考案
✔ イベント制作
✔ 店舗経営に携わる仕事

 

困った美容師男

おぉ、普段のサロンワークにこれだけの業務が増えるなんて想像つかないな…。普通に男性正社員でお腹いっぱいです…。でも月給が上がるのは魅力的だな。

 
仕事が増えるだけでなく、職場で起こる様々なトラブルに対しても責任を負う立場になります。
そう考えると、給料が多少上がったところで割に合わないかもしれませんね。

 
(→ 美容師が店長になれば給料は爆上がり!?NO!!【閲覧注意】)

 

美容師給料明細から推測する美容師の年収ランキング

 
美容師給料明細から推測する美容師の年収ランキング

 

疑問美容師女

美容師ってさ、国家資格が必要な仕事なのに労働条件悪いよね。

 
そうですね、特に労働時間と給料額でみると他の業種に比べてかなり厳しい職業であると言えます。

 
職業別の給料ランキングというものがあります。

 
美容師の給料は何位かというと…。

 
200種の職業中…167位です。

 

困った美容師女

悲しいほどに低いランキングだね。

 
そもそも

『仕事がラクそう。』
『楽しく稼げそう。』
『人気スタイリストになればお金持ちになれそう。』

 
と考えて美容業界に入ってくる人はすぐにリタイヤしてしまいます。

 
(→ 美容師の年収ランキング衝撃の結果がコレ【久々にむせび泣き…】)

 

表参道shimaのトップスタイリストの年収は1000万円【カリスマ美容師最強伝説は続く】

 
表参道shimaのトップスタイリストの年収は1000万円【カリスマ美容師最強伝説は続く】

 

疑問美容師女

でも実際に人気スタイリストになれば、高い給料をもらうことができるんだよね?

 
例えば東京の有名サロンで売れっ子スタイリストになれば、年収1000万を手にする事ができると言われています。

 
(→ shimaのトップスタイリストの年収知っておったまげ【驚愕】)

 
ただそれほどの年収を稼げる人気スタイリストは全体の1%以下であると言われています。

 
一般的な企業に勤めるサラリーマンの平均年収が400万ほどだと考えると、人気スタイリストを狙う価値は十分にあると言えます。
ハードルとしては高いですがね。

 
有名サロンに就職してトップスタイリストにならずとも、フリーランスや業務委託といった形で働くことで年収600万円以上を稼ぐ美容師もいるようです。

 
(→ 美容師で稼いでる人、ほぼフリーランスな件【悲報】)

 

美容師が年収1000万をサクっと目指すなら複数店舗の経営⁇【7店舗の美容室経営している知人は…】

 
美容師が年収1000万をサクっと目指すなら複数店舗の経営⁇【7店舗の美容室経営している知人は…】

 

困った美容師男

人気スタイリストになるために全体の1%未満に入るのはちょっと自信がないな…。でも経営者になっても年収は大きく上がるんだよね?

 
独立して美容室経営者になれば年収600万以上を稼げると言われています。

 

疑問美容師男

年収1000万を目指すのであれば、複数店舗を経営したほうがいいのかな?

 
私の知人で7店舗サロンの経営者がいるんですが、彼はこう言っていました。

 

男美容師ウインク

これまで店舗を増やすことに注力してきたけど、人材確保などのリスクは高くなるし、収入も安定しない。1店舗目を開業した時に戻れるなら経営の仕方をもっと工夫したい。

 
やはり、多店舗経営も難しいところがあるようです。

 
(→ 7店舗の美容室経営をする知人よりも年収を増やす方法)

 
そもそも他の店舗の経営が上手くいかなければ、すぐに赤字経営に転落するのも事実。

 
私は知人の言葉が、とても腑に落ちたので、多店舗経営から1店舗経営。
1店舗経営から1人美容室経営へと舵を切りました。

 
次に1人美容室経営について少し掘り下げていきたいと思います。

 
(→ 年商1000万美容室の経営者は年収700万以上【金持ち美容師爆誕】)

 

1人美容室のオーナーは儲かる【高い給料年収が欲しい美容師が目指す方向性はココ】

 
1人美容室のオーナーは儲かる【高い給料年収が欲しい美容師が目指す方向性はココ】

 
私は1人美容室の経営がローリスクハイリターンであり、これからの美容室の在り方や流れに非常にマッチした経営のやり方であると考えています。

 
1人美容室のメリットとデメリットをお話しながら、その辺について深掘りしていきます。

 
【1人美容室のメリット】

✔ 経費が掛からない
✔ フットワークが軽い
✔ 気楽に仕事ができる
✔ 働き方も自由自在

 
【1人美容室のデメリット】

✔ 長期視点でのサロンの成長が見込めない
✔ 効率良くお客様をさばくことができない

 
現在1人美容室を経営している私も、以前は従業員を雇用していました。

 
ぶっちゃけ“雇用する”って大変なんですよね。

 

従業員の肉体的にも精神的にも気を配ってないといけない
雇う上での税金関係がややこしい
退社で人材不足に悩まされる
対人トラブルが増える
毎月のランニングコスト(人件費)が増える

 
これらを考えたときに、私は1人美容室という形を選択しました。

 
私はサロンワークの他にも、ホームページ作成などの仕事もしているので、手が空いた時や予約があまり入らなかった日は早めに閉店してそちらの仕事をしています。

 
そういった“効率のいい働き方”ができるのも1人美容室の大きなメリットかと思います。

 
人それぞれ“効率いい働き方”の定義があると思います。

 
色々とやってみて、失敗と挑戦を繰り返しながらあなたにぴったりな環境作りをおすすめします。

 

美容師の現在の厳しい給料事情を解決するために有効なことそれは…

 
美容師の現在の厳しい給料事情を解決するために有効なことそれは…

 
新聞記事のコラム欄でこんな一節を目にしました。

 
~これからの日本経済を考えたときに、ダブルワークという働き方が当たり前になる時代が来る~

 
美容業界でも2019年、2020年とダブルワークをする美容師がドンドン急増しています。

 
美容師向け雑誌を見てみると、Webライターやインフルエンサー、ブロガーとして活躍している人が頻繁に掲載されていますよね。

 

困った美容師女

うちのサロンは副業とかに対して厳しいから難しいな…。

 
副業がバレるときの、よくあるパターンは以下の通り。

 
(→ 美容師にはバレることなく副業する権利がある【バレない方法も解説】)

 

職場の美容室以外にも収入がある場合、住民税が変わる。
そこから給料計算する経理の人や経営者に副業がバレる。

 
これには攻略法があります。

 
住民税の納め方には以下の2通りの方法があります。

 

✔ 特別徴収(住民税を給料から差し引く)
✔ 普通徴収(自分で納税をしに行く)

 
副業で得た収入に対しての住民税は、普通徴収で行えばだれにも知られずに働き事が出来ます。

 
以下の記事により詳しく記載しているのでよければどうぞ。

 
(→ 副業のない美容師人生はきっとつまらない【推奨ダブルワーク11選】)

 
今回は以上で終わります。
つたない文章に最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

コメントや問い合わせをしてみませんか?