困った美容師男

一般美容師の給料で生活していけるのかな?このままダラダラとサロンワークを続けていいものか不安になってきたよ…。

 
こういった疑問にお答えします。

 
✔本記事のテーマ

 

一般的な美容師の給料じゃ生活できねぇ【キビシイ現実】

 
✔記事の信頼性

 
私は1人美容室を経営しており、サロンワークの収入と副業収入でまとまった月給をコンスタントに稼いでいます。
しかし、常に順風満帆だったのかと言えばそうではなく、
美容師になってからの20年間、何度も挫折し失敗を繰り返し、たくさんの遠回りをしてきました。
これまでに経験した失敗や、遠回りした実体験を生かしたアドバイスをします。

 
✔あなたへ前置きメッセージ

 
本記事は、『一般的な美容師は、最低限の生活をやっていけるだけの給料をもらっているのか知りたい。』という方に向けて書いています。

 
この記事を読むことで…一般的な美容師がたどる様々な道筋と、その際の給料額を知ることができます。

 
私自身、独立開業するまでは“美容師で飯を食っていけるのか?”という不安は常にありました。
その時の判断基準は、給料明細に書かれた給与額の数字だけだったのでそれも仕方ありません。
しかし、安心してください。
美容師の生活の質を上げる方法はいくらでもありますし、しっかり先を見据えて行動することで思い描く未来が手に入ります。

 

 

疑問美容師女

一般的に美容師のお給料ってどれくらいなの?

 
美容業界というと華やかなイメージがありますが、実態はぶっちゃけ様々です。

 
そこで実際のデータをもとに、美容師のリアルな生活を解説します。

 

美容師アシスタントの給料の手取りは12万【一年目から地獄が始まる】

 
美容師アシスタントの給料の手取りは12万【一年目から地獄が始まる】

 
美容師は、美容学校を卒業し、国家試験に合格することで資格を得られます。

 
その後多くの新人美容師は、既存のサロンへ就職して修行します。

 
この段階をアシスタントというのですが、この若い年齢のうちが経済的にかなり厳しいのです。

 

✔ だれよりも早く出勤して準備
✔ 営業時間はひたすら掃除やシャンプー、営業時間が終わってからカットなどの技術練習
✔ 先輩美容師が施術している間、休憩に行くこともままならない

 
そんな美容師一年目の月収は、手取りで12~15万円程度です。

 
(→ 美容師で手取りが12万円のつわものが存在した…辛い【不幸話】)

 
月によっては最低賃金以下の金額になってしまうこともしばしば。

 
そのため、美容師の仕事だけでは生活できず、夜間や早朝のアルバイトを掛け持ちする人だって存在します

 
また、美容師をあきらめて別の業界や、資格の活かせる美容系の職業へ転職してしまう人も多いです。

 
このように、サロンに就職した直後から、非常に厳しい生活が待っているのです。

 

美容師が年収500万を稼ぐのは無理??【年収700万を狙うには】

 
美容師が年収500万を稼ぐのは無理??【年収700万を狙うには】

 
アシスタント時代の年収は、200~250万円程度です。

 
そんな調子では、美容師が年収500万円を稼ぐことができそうにありません。

 
アシスタントを卒業し、スタイリストというランクになって歩合給になると、ようやく年収300万円台が見えてきます。

 
美容師の年収平均は311万4000円です。

 
(→ 2020年の厚生労働省による調査「賃金構造基本統計」)

 
よって年収500万円~700万円を目指すためには、一般的なペースでサロンワークをしても到達できません。

 
人気店のトップスタイリストは指名客も多く、技術テーマのオリジナリティも高いため月収50万円を超えます。

 
つまり、正攻法で年収500万円超えに挑戦する場合に目標にするべきは“繁盛店のトップスタイリストになること”なんです。

 

美容師給料明細を見たら美容師年収ランキングも納得できる

 
美容師給料明細を見たら美容師年収ランキングも納得できる

 
平成27年の賃金構造基本統計調査から、各職種の年収を高額な順でランキング化してみたところ、全129種のうち、美容師はなんと116位でした。

 
(→ 美容師の年収ランキング衝撃の結果がコレ【久々にむせび泣き…】)

 

困った美容師男

驚いた…。美容師の年収は下から数えたほうが早いんだね。

 
116位というのは、ショックな結果ですが、以下の給料明細をみると納得せざるを得ません。

 
アシスタント美容師のある給料明細
(出典:【転職者インタビュー】美容師2年目 24歳/転職2回(理容師→美容師)

 

基本給 140,000円
皆勤手当 5,000円
アシスタント手当 26,000円
休業手当 34,580円
指名料 365円
出張手当 10,000円
合計 206,945円

 

社会保険控除額(保険料、税金) 60,382円

 

合計の支給額 146,563円

 
社会保険に加入している分メリットもありますが、天引きも多く、手取りがかなり減っている印象を受けますね。

 

表参道の美容師の年収は360万【歩合制になれば給料が上がる可能性も】

 
表参道の美容師の年収は360万【歩合制になれば給料が上がる可能性も】

 
美容師の激戦エリアは東京・表参道です。

 
お客様、美容師にとっても、あこがれのエリアと言えます。

 
では、表参道の美容師の年収はどれくらいなのでしょうか。

 
リジョブに掲載されている求人を見ると、表参道の美容室の月給は、正社員27万3000円/月でした。

 
(→ 表参道駅(東京都) 美容師・美容室の求人・転職・募集)

 
年収にすると327万円、ボーナスを足しても360万円程度です。

 
美容師の平均よりは高いものの、企業勤めのサラリーマンの年収平均は436万円(国税庁「令和3年民間給与実態調査」より)ですから、やはり世間一般的には低い給料金額でした。

 

店長美容師の給料は高い?【年収600万は確実】

 
店長美容師の給料は高い?【年収600万は確実】

 
では店長のように、役職を得たらどうなるでしょうか。

 
リジョブに掲載されている店長クラスの求人は、月給40~70万円程度です。

 
年収にすると480~840万円となります。

 
店長としてコツコツと実績をつめば、年収600万円は確実に到達できそうです。

 
もちろん、接客だけではなくクレームや相談ごとの処理、マネジメントなどの業務もやらなければなりませんので、責任も大きいです。

 
ですが、経験を重ねることで得られるものを部下や後輩に伝えるのも仕事の醍醐味です。

 
キャリアアップに挑戦してみてはいかがでしょうか。

 
(→ 店長美容師の年収は全国平均600万円【高給を狙う方法も解説】)

 

オーナー美容師の年収は1000万【美容室オーナーは儲かる】

 
オーナー美容師の年収は1000万【美容室オーナーは儲かる】

 
経営者になると話は大きく変わります。

 
例えば…従業員2名、オーナー1人の計3人でサロン運営をしているとしましょう。

 
簡単な概算では、この場合収益の20%がオーナーの収入になります

 
つまり、月420万円売り上げると、年間で5000万円以上の売上となり、オーナーの収入は1000万円を超えます。

 
一人当たり140万円/月の売上は高いですが、不可能な値ではありません。

 

女美容師ウインク

美容室を開業して従業員を雇い、経営を軌道に乗せて繁盛させられれば、経営者は儲かるんだね。

 
忙しい事務作業もあるし経営の勉強も必要ですが、独立開業が人生を大きく変えるチャンスになるでしょう。

 
開業についてはRUN WAY(ランウェイ)というメディアで紹介されているものが詳しいので、参考にしてみてください。

 
(RUN WAY:美容師の平均年収は296万円!地域・年齢別の年収やボーナスも解説!)

 
また、当ブログでも解説していますので、各カテゴリ、記事一覧ページを是非チェックしてみてください。

 

1人美容室は効率よく年収を稼げる【7店舗の美容室経営では年収が安定しないことも!?】

 
1人美容室は効率よく年収を稼げる【7店舗の美容室経営では年収が安定しないことも!?】

 
一人で経営する美容室は人件費がかからないため、経費・税金を引いて手元に残った利益は自分の収入となります。

 
ですから、効率よく経営できれば、高い収益を上げることが可能です。

 
一方で、多店舗経営は、収益を大きくすることは可能です。

 
しかし、社会の状況によって集客が減ってしまったとき、より大きく打撃を受けます。

 
単に客足が減る程度でしたら、むしろ複数店舗あったほうが安定感はあるのですが、コロナなどで経済状態が悪くなった現在のような状況では複数店舗でのリスクヘッジが利かないこともあり、一長一短というわけです。

 
どちらにせよチャンスに賭けて、独立開業する人もたくさんいます。

 

普通の美容師が年収1000万を稼ぐには?【給料を上げたいなら売り上げ200万を目指せ】

 
普通の美容師が年収1000万を稼ぐには?【給料を上げたいなら売り上げ200万を目指せ】

 
美容師の基本給は低いですが、歩合給を増やすことでかなり給料を変えることができます。

 
美容室の売り上げのうち、45%は材料費や光熱費などの経費です。

 
そして、残り55%が歩合給になる目安と考えておきましょう。

 
つまり、月200万円の売り上げをコンスタントに達成すると、

 

毎月の給料 → 200万円×55%= 110万円
年収 → 110万円×12カ月= 1320万円

 
と、年収1000万円オーバーできるのです。

 
もちろん、厳しいことは事実ですが、美容師として目指せるトップのレベルです。

 
また、近年では様々なカタチの働き方があります。

 
美容室を面貸ししてもらって施術するフリーランス美容師という形式が人気です。

 
個人のがんばりで年収アップを目指せますし、シフトも自由に決められるのでwork life balanceをよくすることもでき、おすすめです。

 
美容師としての技術や知識をWebやSNSで活用することも、副収入や集客に通じます

 
それぞれの得意や特徴を押し出して運営してみてください。

 
ターゲットを絞り、確実に届ける事を継続し続けることで数字に表れてきます。

 
みなさんのチャレンジを応援しています!

 
今回は以上で終わります。

 
つたない文章に最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。