困った美容師男

管理美容師の給料はどれくらい貰えるの??資格を取るのは簡単なのかな??お金はどれくらいかかるのだろう??

 
こういった疑問にお答えします。

 
✔本記事のテーマ

 

管理美容師は給料高くもらえるのか?答えは否!秘密を公開!

 
✔記事の信頼性

 
私は1人美容室を経営しており、現在月給100万円をコンスタントに稼いでいます。
しかし、美容師になってからの20年間、何度も挫折し失敗を繰り返し、たくさんの遠回りをしてきました。
これまでに経験した失敗や、遠回りした実体験を生かしたアドバイスをします。

 
✔あなたへ前置きメッセージ

 
本記事は、『管理美容師の資格について詳細を教えてほしい。』という方に向けて書いています。

 
この記事を読むことで…これから管理美容師の資格を取ろうと考えている人が必要な知識を知ることができます。

 
私も管理美容師の資格を持っているのですが、そんな私が資格について思っていることや学んだことをお伝えします。
資格の将来性についても話していますので、悩んでいる方はぜひ参考にして下さい。

 

管理美容師は給料高くもらえるのか?答えは否!

 
管理美容師は給料高くもらえるのか?答えは否!

 
管理美容師は給料が多いという事はありません。

 
一般の美容師の平均年収と同程度と考えて頂いて大丈夫でしょう。

 
他職業の現場仕事であれば、新しい資格を取れば給与が上がる場面がたくさんありますよね。

 
しかしこの管理美容師の資格に至っては、そういった類の資格ではありません。

 

疑問美容師女

じゃあ、これって一体どういった資格になるの?

 
美容専門学校で学んだ美容師法の中に、こういった一文があります。

 

「美容師である従業者の数が常時2人以上である美容所の開設者は、当該美容所を衛生的に管理させるため、美容所ごとに、管理美容師を置かなければならない」

 
(美容師法:第12条の3より)

 
簡単に説明すると、常にサロンで2人以上が働くときには、管理美容師の資格を持っている人を美容室においてねって事です。

 
だから管理美容師の資格というものは特別な資格ではなく、“一人で経営しているサロン以外には必ず一人以上の管理美容師がいる”という事で、とても身近な資格なんです。

 
そして独立開業を考えている美容師にとっては必須の資格でもあります。

 

管理美容師で給料は上がらないが転職で有利に

 
管理美容師で給料は上がらないが転職で有利に

 
せっかく資格を取ったのに全く自分にメリットがない…というのはとても悲し過ぎますよね。

 
しかし安心してください。

 
メリットが全くないという事はありません。

 
管理美容師の免許を持っていると、就職転職が有利になることがあります。

 
今後オープンを予定している美容室に管理美容師が不足していることがあります。

 
求人募集欄をよく見てみて下さい。

 
必要資格欄の所に“管理美容師の資格を持つスタイリスト”と書かれているところが結構あります。

 
美容理容業界の最大手である求人サイトでは、2割ほど管理美容師の資格必須の求人があるというデータが出ております。

 
最近では美容室だけでなく、まつ毛エクステのサロンやネイルサロンなども管理美容師の需要が高まっています

 
管理美容師の資格を持っていたら、美容院以外の職場の選択も可能になるんですね。

 

管理美容師はどういった仕事を行うのか?

 
管理美容師はどういった仕事を行うのか?

 

疑問美容師男

管理美容師の資格を取ったら、日々の仕事内容が変わるのでしょうか?

 
いいえ、普段通りのサロンワークを行うことになります。

 
管理美容師が活躍するのは、衛生上の問題が発生した時です。

 
では衛生上の問題とは一体何でしょうか?

 
一例を出してみると以下の通りです。

 
対処法とまとめてお伝えしていきます。

 

・ 従業員が結核や感染性の皮膚疾患にかかった時に届け出る・従業員の体調管理についてチェックしておく・ 店内の衛生状況をチェックしておく

・ 職場の設備の衛生状態をチェックしておく

・ 仕事で使用する器具などの衛生状態をチェックしておく

 
衛生状態の管理不行き届きは、管理美容師が責任を問われることになります

 
管理美容師は、スタッフやお客様の健康を守るための司令塔のようなイメージですね。

 

管理美容師になるための条件

 
管理美容師になるための条件

 
管理美容師になるためには以下の2つの条件をクリア―する必要があります。

 

・ 美容師の免許を受けた後、3年以上美容の業務に従事している
・ 厚生労働大臣の定める基準に従い都道府県知事が指定した講習会の課程を修了している

 
とくに試験などがあるわけではないので条件を満たせば誰でも管理美容師の資格を手にすることができます

 
なので忙しいサロンワークの合間をぬって試験勉強をする必要はありません。

 
しかしその講習課程というのが少し長く設定されており、公衆衛生について4時間衛生管理について14時間受講しないといけないということになっています。

 
そしてその講習は、行けばいつでもやっているのかと言われればそうでもなく、年に2回ほどしか実施されていません

 
開催時期については、地域によって違うようなのでネットで検索してあらかじめ調べておきましょう。

 
ちなみに、講習料金は18,000円となっております。

 

管理美容師になっておいて損はない

 
管理美容師になっておいて損はない

 
管理美容師の仕事は、スタッフの業務が衛生的に施行され、お客様が安心して施術を受けることができるように衛生を管理することです。

 
しかし、こう考える人もいるかもしれません。

 

疑問美容師女

管理美容師の資格を取っても給料増えないし、余計な責任を負わされるだけじゃないの?

 
美容師をやっていくうえで、衛生管理や公衆衛生の知識を持っていると必ずあなたの助けになるときが来ます。

 
あなたが大切にしているお客様や仲間を守るために必要な知識なのです。

 
将来的に独立開業を目指しているのであれば、自分自身で管理美容師の資格を取ることもおすすめします。

 

管理美容師の資格を持つ私が思う事と将来性

 
管理美容師の資格を持つ私が思う事と将来性

 
ここで残念なお知らせです。

 
サロンやスタッフ、そしてお客様の健康状態を守る管理美容師についてお伝えしてきました。

 
しかし実は、その資格はあまり活用できていないというのが実情です。

 
資格の必要性を問われる声を受け、2010年に管理美容師の資格の廃止が決まりましたが、その後可決されていません。

 
なので管理美容師の資格は存在していますが、宙ぶらりんな状態です。

 
いつ管理美容師という資格が終了するかも未定です。

 

管理美容師としての知識は給料よりも尊い

 
管理美容師としての知識は給料よりも尊い

 
今回は管理美容師について深掘りしていきましたが、現在働いている人や将来的に独立開業して従業員を雇用していこうと考えている人にも必要な資格であります。

特に将来自分のサロンを持つことを考えている人は、雇用されているうちに管理美容師の資格を持つことによって、管理美容師の仕事のイメージが付きますので将来の予習としてもいいですよね。

 
管理美容師は給料と直接的な結びつきはないかもしれませんが、衛生についての専門的な知識を持つことができます。

 
これは、生涯にわたってあなたを助けてくれる、お金よりも尊いものになりますのでできるだけ取得しておくことをおすすめします。

 
今回は以上で終わります。

 
拙い文章に最後までおつきあいいただきありがとうございました。