疑問美容師男

美容師が年収600万を稼ぐにはどうすればいいんだろう?色々な状況別で知りたいな。年収600万をクリアした人がいれば具体的に教えてくれませんか?

 
こういった疑問にお答えします。

 
✔本記事のテーマ

 

普通の美容師が年収600万円をクリアした方法【具体的に説明する】

 
✔記事の信頼性

 
私は1人美容室を経営しており、月給100万円をコンスタントに稼ぎます。
しかし、美容師になってからの20年間、何度も挫折し失敗を繰り返し、たくさんの遠回りをしてきました。
経験した失敗や遠回りの経験を生かしたアドバイスをします。

 
✔あなたへ前置きメッセージ

 
本記事は、『経済的に苦しい!!年収600万を美容師が稼げる方法があれば教えてほしい。』という方に向けて書いています。

 
あなたの現在のポジションで年収600万円のハードルの高さが変わってきます。この記事を読むことで、現状の環境でどういったことをすれば年収600万円を目指すことができるのかという事をお伝えします。

 
私の場合、色々と気づくのが遅すぎて年収600万円をクリアしたのは独立開業をした後でした。
しかし雇われ美容師でも年収600万円の壁は容易にクリアすることができます。
今回はそこについて深掘りしていきます。

 

 

美容師が年収 600万を稼ぐことの必要性

 
美容師が年収 600万を稼ぐことの必要性

 
以前、『40代の美容師の年収はどれくらいあれば足りる??』の記事の中で、“2人の子供がいる4人家族という設定では、毎月の生活維持費が51万円必要である”という事をお伝えしました。

 
そういった点で考えると、年収600万円を稼いでいないと家族を養う事が難しくなってしまうわけです。

 
美容師が年収600万円…と聞くと、『ハードルが高いな』と考えてしまう人がほとんどだと思います。

 
なぜなら美容師の平均年収は“284万円”です。
そう…だいたいの美容師さんが年間284万円前後の収入なんです。

 
美容師が稼げないのは当然。理由は簡単。商売相手がいない。

 
平均年収を2倍以上にしないといけないという事で、そりゃ難しく感じますよね。

 
ではこれから理容師美容師が大企業で働くエリートサラリーマンのように、年収600万円を達成できる方法を模索していきます。

 

美容師の年収 600万って具体的にどれくらいのハードル??

 
美容師の年収 600万って具体的にどれくらいのハードル??

 
そもそもあなたが現在アシスタントなのであるならば、年収600万円という年収を達成するのはおそらく無理です。

 
最低限スタイリストであるという事を前提にお話ししていきます。

 
先ほど平均年収を2倍以上アップしないといけないと言いました。
という事は…です。

 
あなたは他店のライバル美容師から、どんどん顧客を勝ち取る必要があるわけです。

 
どうやって??

 
そこには色々な創意工夫が必要となるわけですが、とりあえず他の美容師さんと同じような日々を過ごしていたら“人並みな美容師”にしかなれない…という事は想像できますよね??

 

悩める女性B

そうね。ライバルが3時間レッスンするなら、私は4時間レッスンする気持ちでいなくちゃ。

 
今の年収を2倍にしないといけないのなら、入客数を2倍以上にするか、2倍以上の客単価を頂かないといけないわけです。

 
では具体的にどういった事をすれば、数字が上がって行くのかを説明していきましょう。

 

美容師が年収600万円の壁を打破する難易度

 
美容師が年収600万円の壁を打破する難易度

 

スタイリスト(難易度★★★★★)

 
スタイリスト(難易度★★★★★)

 
星5つとしたのは理由があります。
それは、雇われの身であるがゆえに許されている行動許容範囲が狭いという事。

 
例えば“副業NG”、“お店のルールを逸脱した営業方法NG”などそれぞれのサロンでの約束事があります。

 
これを守りながら、なおかつ月収50万円をクリアするという難しさを考慮しての星数5でした。

 
月収50万円をクリアすることを難しいと言っているわけではありません

 
地域的な問題や、給料体系(歩合給、固定給)にもよるところが大きいのですが、時間単価(1時間当たりの単価)で¥7,000以上をとることができれば可能かと思います。

 
月の一人売り上げが、150万円くらいが目安になるでしょう。

 

美容室の経営者(難易度★★☆☆☆)

 
美容室の経営者(難易度★★☆☆☆)

 
美容室の経営者は、ぶっちゃけ年収600万円を稼ぐことは難しくないです。

 
確かに雇われていた時と違い、独立開業すると家賃や水道光熱費材料の仕入れ等様々な諸経費がかかります。

 
しかし、それをふまえても年収600万円を達成する難易度は低いです。

 
スタッフを雇わず、一人で仕事しているオーナーも同じです。

 
後ほど事例を交えて解説しますが、私の場合、売り上げ数字を伸ばすために、少しだけ勉強することがあったので星を一つ付け足して星2つにしました。

 

私(サロン経営者)が年収600万円の壁を突破した方法

 
私(サロン経営者)が年収600万円のラインをクリアした方法

 

1. サロンオリジナル商品(シャンプーやトリートメントなど)を作って、ネット上で自動販売する仕組みを構築

 
2. 集客効率をヤフープロモーション広告を使って最大化し、サロン売上を3倍にする

 
私のケースで言うと、年収600万円のラインはこの二つを徹底することでクリアできました。

 
わざわざ記事に書く必要がないほど、やることはシンプルかつイージーです。

 
1 のネット自動販売について少しだけ要点を解説しておきます。

 
ネット自動販売

 
自社オリジナルのシャンプーとトリートメントを作成し、ネット上で販売する仕組みを作りました。

 
(→ ドニコヘマチンシャンプーLP)

 
最初だけ色々と準備が忙しいですが、売れる仕組みが出来上がってしまえば、あとは

 

注文が入り、入金される → 梱包&発送

 
だけなので、そこまで手を取られることが無く、注文数が増えれば相当大きな売り上げになっていきます。

 

【仕組み構築の流れとプロモーション方法と注意点】

 
① 商品作成
② 販売ページ作成(ランディングページ)
③ SNS、ヤフープロモーション広告で発信
 (軌道に乗れば楽天市場やインフルエンサー、雑誌掲載を使う)

 
※販売ページ作成依頼はお問い合わせページよりどうぞ

 
注意点は、オリジナル商品を作る前段階にあります。

 
それは1本の商品が売れたときの手元に残る利益を先に決めておくことです。

 
私は、最初にここで失敗をしました。

 
最初にオリジナル商品を作るときって、サロンで売ることしか考えていない人が多いです。

 
だから、シャンプーを2000円で作って、2800円で販売する。

 
そうしたら800円の利益が出て『いいじゃん♪』と考えているんです。

 
ただしこれをネット販売していこうと思った時に、宣伝費や梱包料、郵送料が必要になるわけです。

 
利益が残るはずもありません。

 
売れれば売れるほど、赤字になるという地獄ループですね…。

 
なのであらかじめシャンプーを作る際に、ネット販売を想定しているのであれば、必要な利益を先に決めておいて逆算をして商品を作成したり、商品価格を決めることが必要です。

 

喜ぶ女性

売上-原価-諸経費=利益

 
何にいくらかかるかをあらかじめ想定しておくことが大切ね♪

 
2 のヤフープロモーション広告について少し深掘りします。

 
ヤフープロモーション広告について少し深掘りします

 
これは必ず利用して下さい。

 
その前に“Yahoo!プロモーション広告って何??”となっている方もいるかもしれないので簡単に説明していくと、クリック課金型のネット広告のことです。

 
下の図を見て頂くとわかるように、ホットペッパーなども使うよりも集客に対してのコスパが相当いいです。

 

媒体 かかる費用/月 新規集客数/月 一人のご新規様を集客するためにかかる費用
ホットペッパー 約200,000円 25人 約8,000円
ヤフープロモーション広告 約3,000円 50人 約60円

 
おおよその概算であり、サロンの状況や地域的な問題もあるかもしれませんが、私の体感的には日本であればどういった職業、条件でやっても絶大な効果が出るかと思います

 
ホットペッパーは新規のお客様を一人呼ぶのに¥8,000ほどのコストがかかっているので、2回目に再来していただいて初めて利益につながるという感じです。

 
しかしヤフープロモーション広告の場合は¥60ほどでお客様をサロンに呼ぶことができているので前髪カットのみのご利用でも利益が出てしまうのです(前髪カットが無料のサロンは別ですが…)。

 
オンライン受講生のサロンさんでヤフープロモーション広告を導入

 
実際に私のオンライン受講生のサロンさんでヤフープロモーション広告を導入したところは、もれなく全員が売り上げを上げています。

 
そしてホットペッパーは利用をやめれば、集客はストップしてしまいますが、ヤフープロモーション広告に関しては一度作ってしまえばアカウントを消さない限り、永久に集客し続けてくれます

 
『今月はもう予約が一杯だから、集客は必要ないな。』

 
というときには、一時的に広告をストップさせることもできます。

 
“これは使わないと損をする…”という事が理解できましたでしょうか??

 
とはいえ、ホットペッパービューティーも絶対悪ではなくて…。

 
ホットペッパービューティーも絶対悪ではなく

 
やはりホットペッパービューティーのブランド力というメリットは他の媒体で補うことはできません

 
未だにホットペッパーからサロンを探す人は一定数いらっしゃいます。

 
そういったホットペッパー信者は、ホットペッパーからでしか集めることはできないでしょう。

 
現在のサロンの経済状況と相談しながら、運営方針を決めていくといいかと思います。

 

普通の美容師が年収600万円を突破する方法【番外編】

 
普通の美容師が年収600万円を突破する方法

 
ここまで読んでくださったあなたに、短期間で無理なく年収600万円をクリアする方法を特別にお伝えします。

 
それは毎日コツコツとコンテンツ(資産)を作り続ける事です。

 
コンテンツと言っても色々とありますが、私がコスパ的に一番おすすめしたいのはブログ作成。

 
ではここからブログがコスパ最強な理由をお伝えします。

 

①一度作った記事は消さない限り、ずっと残る。

 
美容師は働くことを止めるとその瞬間から収入が途絶えてしまうことになります。しかしブログ記事は消さない限りずっと収益を生み出してくれます。

 

②場所時間、年齢、性別、知識などを問わず誰でも平等にチャレンジすることが出来る。

 
私は25歳くらいに全く知識が無かった状態でブログ記事を書きだしたのですが、毎日継続していくことで半年もたたないうちに収入が出るようになりました。
パソコンとネット環境があればできるので、コロナでサロンが休業となっても不安になることもありません。

 

③その時の気分で仕事をすればいい。

 
美容師という仕事は、いくら疲れが残っていても朝起きたら出勤する必要がありますが、ブログは気分が乗らないときはお休みしても大丈夫です。
それで収益がゼロになってしまうという事はありません。
要は、自分のペースで無理せず行うことが出来るのです。

 

④始めるのにお金がかからない

 
普通、起業しようと思ったら百万単位のお金が必要になってきますが、ブログの開設はせいぜいドメイン料とレンタルサーバー代くらいで年間1万円かからないくらいです。
それで副業収入年間120万円(毎月10万円だとして)が手に入ると思ったら安い投資ですね。

 
【ブログを書く際の注意点】

 
ブログを書く際の注意点

 
コレ私が実際に陥ってしまった失敗例なんですが、やみくもに記事を書き続けてもダメなんです。

 
よく検索されるキーワードを使いながら、読者にとって有益な情報を書かないといつまでも無駄な労力を続けることになってしまうんですね。

 
ではどうしたらいいか??

 
これを使うといいです。

 
美容師の副業には下剋上∞

 
全くパソコン知識が無い人でも、この【下剋上∞】に書いてある通りにサイトを構築し執筆活動することで、収入を得るための最短ルートを通ることが出来ます。

 
『ブログ執筆で収入の柱を作りたいけど、やり方が分からないし、独学だと失敗が怖いな…。』と考えている人はどうぞ。

 
今回は以上で終わります。
拙い文章にお付き合いいただきありがとうございました。