困った美容師男

美容師は売り上げ60万の生産性を当面の目標にするって聞くんだけど、正直あまり意味が分からないんですよね。サロンの生産性が60万円を切るって具体的にどうなることなの?

 
こういった疑問にお答えします。

 
✔本記事のテーマ

 

美容師は売り上げ60万の生産性を目指すべき【全技術者に告ぐ】

 
✔記事の信頼性

 
私は1人美容室を経営しており、現在月給100万円をコンスタントに稼ぎます。
しかし、美容師になってからの20年間、何度も挫折し失敗を繰り返し、たくさんの遠回りをしてきました。
経験した失敗や遠回りの経験を生かしたアドバイスをします。

 
✔あなたへ前置きメッセージ

 
本記事は、『美容師は60万円以上の生産性を意識しなさいと言われるけども、あまり意味が分かっていない…。』という方に向けて書いています。

この記事を読むことで…あなたの技術者としての立ち位置、サロンの現状がどんな感じになっているのかを鮮明にイメージすることができるようになります。

 
『給料を上げたい』、『指名客を増やしたい』など色々な目標を実現するために、自身や職場の現状を知らずして対策をおつ事は出来ません。
今回の記事で、現状把握の仕方と解決策を分かりやすく説明していきますので最後までご覧ください。

 

 

美容師の売り上げが60万の生産性を目指すべき

 
美容師の売り上げが60万の生産性を目指すべき

 
美容師の売り上げは60万の生産性を目指すべき…というお話をしていくわけですが、その前に“生産性”と言うものについてお伝えします。

 
美容室が、健全な運営ができているか否かを判断する指標として“美容師の生産性”というものがあります

 

美容師の生産性とは?

 
“美容師の生産性”を簡単に説明すると、

 

スタッフ1人あたりの売上げを示した数字

 
のことです。

 
例を出してみます。

 
スタイリスト2名、アシスタント2名 合計4名で経営しているサロンがあるとします。

 
このサロンの先月の売上げは、200万円でした。

 
この場合の生産性は、

 

売上200万円 ÷ スタッフ人数4人 = 生産性50万円

 
となるわけです。

 

喜ぶ女性

スタッフ一人当たりの売上げを“生産性”というのね♪

 

1スタ当たり60万円の生産性を目指すべき理由

 
美容業界でいう、損益分岐点(経営が黒字か赤字かの分岐点)は1スタ当たりの生産性50万円がボーダーラインであると言われています。

 
この損益分岐点の1スタ50万円を毎月コンスタントに達成していないと、サロンの体力がもちません。

 
そして、以下のような悪いループが起こります。

 

売上が低いので従業員満足度が低くなる。

お客様へ提供するサービスの質が低下する。

客離れが起こる。

さらに生産性が落ちる。

 
あなたのサロンの生産性はどうですか?

 
一度“生産性”についてチェックしてみることをおすすめします。

 

美容師の売り上げが60万というのは具体的にどんな状況?

 
美容師の売り上げが60万というのは具体的にどんな状況?

 
“60万円の生産性”というのは具体的に、サロンのどのような現場状況を指すのでしょうか?

 
以下にまとめてみました。

 
『税理士を雇っていなくて、自分のサロンの現状の立ち位置が分からない』
『経営していく上でのアドバイスが欲しい』といった場合は、ぜひ参考にして下さい。

 

生産性40万円以下・・・利益残らない、従業員の給料を払えば経営者の給料はない状態

 
生産性40万円~49万円・・・赤字傾向

 
生産性50万円~59万円・・・少し利益が出る(客数確保)

 
生産性60万円~69万円・・・黒字傾向

 
生産性80万円以上・・・サロンの経営体力が相当向上する

 
生産性100万円以上・・・ 超黒字 スタッフの不満が出始める

 
損益分岐点は1スタ当たり50万円であると説明しましたが、美容業界は季節変動指数が高いのが特徴です。

 
例えば、“年末年始”“成人式”“学校行事”といったイベントがある時期は売り上げが上がりやすいし、2月8月は売り上げを落としやすい(ニッパチの原則)傾向がありますよね。

 
なので、1スタ50万円ギリギリで満足していると黒字の月と赤字の月が出てきて、経営的に不安定になるのです。

 
常に安定した利益を生み出すために、1スタ当たり60万円以上の生産性を目指していきましょう。

 

美容室の平均売上について

 
全国の美容室売り上げ平均は、約170万円/月となっております。

 
そして1サロンが雇用している従業員の平均数は5.4人

 
これらの平均で生産性を計算してみると31.4万円ほどになります。

 
あくまで全国平均の数字を用いて算出された生産性なので、参考程度にしかできませんが美容業界の厳しさが垣間見える気がしますね。

 

美容師の平均売上について

 
スタイリストの平均売上は、およそ49万円(歩合給も固定給も合算)ほどです。

 

喜ぶ女性

おっ!50万円目前じゃん!!

 
いいえ、違います。

 
だって職場には“自分で数字を作れないアシスタント”も存在するわけです。

 
効率良く売上げを上げれるように、アシスタントにサポートしてもらいながら、アシスタントの分の売上げも作っていかなければならないわけです。

 

美容師売り上げ60万円以上の生産性を達成するために必要なこと

 
美容師売り上げ60万円以上の生産性を達成するために必要なこと

 
生産性レベルごとに今後の課題と対策をお伝えしていきます。

 

生産性40万円以下 ・・・ 大赤字(オーナーの給料はほぼ無い)

 
生産性40万円~49万円 ・・・ 小赤字(毎月の固定費が少なければ、なんとか経営できる)

 
生産性50万円~59万円 ・・・ 小黒字

 
生産性60万円~69万円 ・・・ 中黒字

 
生産性80万円以上 ・・・ 大黒字

 
生産性100万円以上 ・・・  超黒字

 

生産性40万円以下~40万円代のサロン

 
課題
集客が上手くいっていない、スタッフが育たない、意図的に単価を上げれない、リピート率が悪い

 
対策
少ない固定客で何とかやりくりしているサロン状況です。生産性40万円以下という状況は、絶望的に客数が足りていません。

 
こういった状況では、第一に優先すべきは“客数”です。メニュー価格を下げてでも客数を増やすことを意識しなければなりません。

 
ただし、メニュー単価を下げてしまうと、客質が悪くなりがちです。

 
そういった事を防ぐためにも、お客様に“価格以上の価値”を感じてもらえるような工夫が必要です。

 
言うまでもありませんが…こういった経営状態の時は、経営者自らが現場に立つようにしましょう。

 
そして、スタッフの雇用も一旦ストップして生産性を上げることに注力してください。

 
SNSなどを使って集客するのもいいですが、宣伝広告費には可能な限りお金を使いましょう。

 
早い段階で客数を確保しないと、ドンドンと経営が圧迫されます。

 

生産性50万円以下~60万円代のサロン

 
課題
集客は出来ているが、再来率が低い。客質が高くない。スタッフ間のレベルに差がある。人件費と広告宣伝費がネック

 
対策
この状況で、気にしないといけないのは“再来率”。

 
カウンセリング力、次回提案、次回予約を磨いて次もあなたやあなたのサロンを選んでもらえるような工夫が必要です。

 
指名客数を増やす必要があるのです。

 
この生産性の時期に、“新規優先のサロン”になるのか、“固定客優先のサロン”になるのかが決まります。

 
どちらがいいかは賛否両論あるかもしれませんが、私の経験上は、“固定客優先主義”を目指すべきであると考えます。

 
固定客をどんどん増やしていかないと、永遠に新規集客にお金と労力がかかってしまうからです。

 
あと、気を付けたい点がもう一つあります。

 
それは単価が低い状態で客数をこなして売り上げを上げようとするとスタッフの離職率がガツンと上がってしまいます。

 
経営者はその辺のバランスを見極めていく必要があるでしょう。

 

生産性70万円以上のサロン

 
課題
スタッフ教育 マネジメント 会社内部の仕組み作り

 
対策
このレベルの生産性になると経営が楽になってきます。

 
そうなると“スタッフを1人採用する、集客しなおす”という事を繰り返していきます。

 
新しいスタッフの教育や、幹部スタッフを育成していくという事がメインなテーマになるでしょう。

 
そしてサロンとスタッフのブランド化。ブログなどのオリジナルコンテンツ作成。

 
“価格”で勝負するのではなく“価値”で勝負するような体制を整えていきましょう。

 
気を付けるべきはスタッフの離職です。あまりの忙しさに、体調を壊してリタイヤするスタッフや悩みを抱えるスタッフが出てきます。

 
その辺のケアも重要になるので、常に注意深く観察しておきましょう。

 

美容師売り上げ60万の生産性を目指す人へ

 
美容師売り上げ60万の生産性を目指す人へ

 
今回お話したのは、1スタッフ当たりの生産性から考えた経営戦略です。

 
経営というのは色々な切り口で閃絡を考えることができるものです。

 
なので生産性からの切り口から導き出された解決策がベストであるとは断言できませんが、かなり信頼性のある考え方かと思います。

 
美容師の考え方として、

 

技術の安売りをしたくない
固定再来率85%新規再来率70%
客単価¥10,000
現場を離れて経営者になる

 
といった目標をみんなが持っています。

 
しかし一番大切なことは、あなたの現状のステージに見合った目標であるのかを客観的に見つめることです。

 
地方で雇われ美容師をしている人が、独立1年目で年商1億円のモンスターサロンの経営はできません。

 
小さな階段を1つ1つ上っていく必要があるのです。

 
サロン経営で失敗する人というのは、自分の現状を見ないで数段飛ばしで階段を駆け上がる人です。

 
急ぐあまりに、たった1歩を踏み外すと真っ逆さまに転げ落ちてしまいます。

 
開業してスタートしてから、すぐに《年収1,000万円》とか《10店舗のサロン経営》といったゴールを見ず、まずは小さな目標を立てて、着実にステップアップしていきましょう。

 
今回は以上で終わります。

 
拙い文章に最後までお付き合いいただきありがとうございました。