オーナー中村オーナー中村

美容師を三十代から目指すことはできるのか?言うまでもなく答えはYESです。根拠と美容師になってからの流れを詳しくお伝えしていきます。

 

 

美容師は三十代からスタートできる!?

 
美容師は三十代からスタートできる!?

 
ふと美容師になりたいと思い立った時、あなたの年齢が30代になっていたとします。
そうしたら…。

 

悩める女性B

今から美容師を目指してももう遅いのかしら。

 

悩める女性C

学生のうちに決心しておくべきだったわ。

 
と思ってしまいますよね。

 
たしかに美容師になるためには高校を卒業後、美容学校を卒業することが必須であり、アシスタント時代の下積み時代が経験するなど一人前になるまでに時間がかかりますから、そう思うのも仕方ありません。

 
そもそも、美容師になるためには美容師免許という国家資格が必要となります。

 
この試験は各都道府県知事が指定した美容師養成施設(美容専門学校などが該当します)で学科や実習を2年間学び、卒業することが受験資格となります。

 
つまり言い換えると、美容専門学校を卒業し、国家試験に合格すれば何歳からでも美容師になることができるということです。

 
美容専門学校のカリキュラムは、

 

① 昼間に授業が行われる「昼間課程」(2年以上)
② 夕方、夜から授業が開始するため、仕事や他の学業と両立することができる「夜間日程」(2年以上)
③ 数回のスクーリングと自宅で授業を受ける「通信課程」(3年以上)

 
①~③のパターンがあります。

 
もしあなたが30代であり、これから美容師ライフをスタートする場合は、もちろん昼間課程でもOKですし、家事や他の仕事と両立したい場合、夜間課程も考えられます。

 
さらに学費を低く抑えたい、通学回数を少なくしたい、実際にサロンでアシスタントとして働きながら技術を身に着けたいといった場合には「通信課程」といった選択肢が考えられるでしょう。

 
無事に美容学校を卒業し、国家試験に合格すれば、晴れて三十代からでも美容師デビューが可能です。

 
美容師免許は取得後の有効期限はありませんので一生ものの資格(免許登録は必要)です。

 
2019年時点では、全国25万1140店もの美容室が存在し、53万3814人の美容師が従事しています。

 
非常に大きな業界ですので、年齢がいくつであったとしても安心して美容業界に飛び込むことができます。

 
美容師資格を得た後に考えられる就職先は、当然ですが美容室に就職することがまず挙げられます。

 
この場合、専門学校の時よりもさらに実践的な技術を学ぶことができますし、技術者として雇用されるため安定した給料が入ってくるといったメリットがあります。

 
そして意外に思われるかもしれませんが、美容に関する仕事は幅広いです。

 
“美容師”だけしか選択肢がないわけではありません。
とくに美容師資格を生かせる仕事は需要があります。

 
アイラッシュ

 
以下はその一例です。

・ 理美容専門学校の講師
・ 美容ディーラー
・ アートネイチャーやアデランス等、髪に関した事業展開をする企業
・ アイデザイナー
・ ヘアセットデザイナー
 etc…

 
「アイデザイナー」は近年人気となっています。

 
アイラッシュサロンのオープンもよく耳にしますし、まつげエクステやまつげパーマはもはや現代の女性にとっては必須なものとなりつつあります。

 
アイデザイナーには美容師資格が必須ですので、“美容師として働いていた人の次の転職先”としても需要が多くあります。

 
また、ヘアセット専門店やフォトスタジオでは、ヘアアレンジ、ヘアメイク専門のスペシャリストを必要としています。

 
繁華街周辺ではヘアセット専門店が多く、フォトスタジオ、ホテル、式場などではヘアメイクを担当するスペシャリストの存在は欠かせません。

 
美容師資格は福祉の分野でも生かすことができるんです。

 
病院や施設内の美容室に勤務する場合、自宅療養中の高齢者などへ訪問してカットなどの施術を提供する場合などがあります。

 
今後ますます需要が高まることが予想されます。
そういった活動を通して、社会貢献を実感することもできるでしょう。

 

三上 花子三上 花子

万が一サロンワークになじまなくても、色々な仕事先を探すことが出来るのね。

 
30代で美容師になって、将来自分のサロンを開業する人も出てくるでしょう。

 
美容師として独立し開業を目指す場合には、開業資金を用意する必要があります。

 
あらかじめ貯蓄がある場合や他の仕事で得られる場合は考える必要はありませんが、元手がない場合はまず美容師として勤務し、独立資金を捻出するということも考えられるでしょう。

 
一般的には20代後半~30代で独立しサロンを開業することが多いですが、40歳や50歳でも開業することは可能です。

 
サロン開業にあたっては、得意なサービスや技術を打ち出すのがよいでしょう。

 
打ち出し方の例としては、

ヘアアレンジや結婚式など向けのアップが得意
ショートカットが得意
カラー技術が高い
着付けOK
男性カットが得意

 
など、自身の得意なことや立地、需要に合わせて考えましょう。

 
もちろん、サービスが多いほうが多くのお客様にアプローチできる反面、仕事量のコントロールが難しいため、慎重に考えましょう。

 

美容師の復帰で許されるのは何歳まで??

 
美容師の復帰で許されるのは何歳まで??

 
家庭環境の変化や、体力の問題など様々な状況で美容師を一度辞める人もいらっしゃます。

 
そしてまた“復帰したい”と思うのも当然のことです。

 
では、美容師の復帰は何歳まで許されるのでしょうか?

 
結論から言いますと、“何歳でもOK”です。

 
美容室はどんな人にも必要なものですから、年齢制限があるといったことはありません。

 
その年齢にあったスタイルや技術を提供することができれば、何歳でも働くことができます。

 
しかし“若いお客様が多いサロン”に復帰することは容易ではない可能性はあります。

 
“若年層のお客様に必要とされるサービス”、“中高年層のお客様に必要とされるサービス”には若干の違いがあります。

 
とくに中高年層のお客様は白髪染めなどのサービスを求められることが多く、年齢が近い美容師と相談しながら決めたいことも多いものです。

 
ですからむしろ40代、50代になっても美容師の需要が減ることはないと断言できます。

 
ただし年配層向けのサロンで働く場合、単価が低くなる傾向があります。
思っているほどの年収を稼げない可能性もあるので、そこは気を付ける必要があります。

 
また、近年では美容師としての技術を生かした情報発信が簡単に行えます。

 
ヘアアレンジレシピやおすすめのヘアオイル紹介、前髪カットの簡単なやり方、くるりんぱやポニーテールといったアレンジレシピを、SNSユーザーに発信することでも収入が得られる場合があります。

 
→ 美容師がInstagramで稼ぐ方法はコレ【+月収20万円】

 
直接の収入に結びつかない場合も、美容室の広告宣伝効果がありますので、チャレンジする価値は大いにあるでしょう。

 

美容師の定年はいくつ??

 
美容師の定年はいくつ??

 
では美容師は何歳まで働くことができるのでしょうか。

 
雇用されている場合は、まず自身の契約内容を確認してください。

 
一般的に雇用されている美容師の場合40代が分岐点となっており、サロン経営に移行したり、美容の知識を生かした他の職業へ転職したりする人が多くなっています。

 
では独立開業している美容師は何歳まで働けるのでしょうか。

 
もちろんこの場合は個人経営主になりますので、“定年”はありません。

 
自身が満足するまで現役を続けることができます。

 
体力だけではなくテナントの状況にもよりますので様々な要因はありますが、美容師は生涯現役が可能な仕事なのです。

 

まとめ:情熱があれば年齢は関係ない

 
まとめ:情熱があれば年齢は関係ない

 
美容師はいつからでも始めることができ、いつまでも続けることができる。生涯を共にする職業”であるといえます。

 
日々さまざまな技術や商品、薬剤が誕生するので勉強し続けなければならない職業です。

 
しかしそれも全てお客様に喜んでいただくために必要なことであり、自分の成長の糧にもなります。

 
こんなやりがいのある職業はなかなか見つからないと思います。

 
“思い立ったが吉日”ですので、ぜひ美容師になる夢、美容師として働き続ける夢を叶えてくださいね。

 
今回は以上で終わります。

 
拙い文章に最後までお付き合い頂きましてありがとうございました。