オーナー中村オーナー中村

美容師にボーナスはあるのか?実はそういったシステムは基本的にはありません。そしてボーナスの概念にとらわれる事はばかげています。その理由をお伝えしていきます。

 

 

美容師にボーナスはあるのか?結論は『なし』。給料少なくて辛い

 

 
美容師にボーナスはあるのか?

 
ほとんどのサロンでボーナスは支給されていません。

 
そしてそれが美容師や業界の間でも“当たり前”になっているからどうしようもない…

 
そもそもなぜ美容室は従業員にボーナスを出さないんでしょうか?

 
これは、“出さない”のではなく、“出せない”ということだと思います。

 

新規出店の嵐による、ライバルの増加

人口減少

 
により、売り上げが減少しています。

 
そこに加えて、お客の奪い合いによる、

 

宣伝広告費の負担増加

価格競争

 
が生まれちゃうものだから、経営者はたまったモノじゃないですよね。

 
スタッフにボーナスを上げたい気持ちがあっても、なかなかお金を捻出できないという事情があります。

 
具体的に話すと、美容師全体の8割がボーナスをもらえていません

 
でも逆に考えると約20%のスタイリストがボーナスをもらえているってことですよね。

 
そのなんともうらやましいスタイリスト方をこれからもっと掘り下げていきましょう。

 

美容師のボーナスは、給料別で平均額6万円

 
美容師のボーナスは、給料別で平均額6万円ではその20%の美容師さんはどれほどのボーナス額を貰っているのでしょうか??

 
美容師の平均ボーナス額は年齢や職場の規模など関係なく約6万円と言われています。

 
勤続年数などは、ボーナスの査定には考慮されないことが多いようです。

 
余談なんですが、世間一般のサラリーマンの平均ボーナス額どれくらいだと思いますか??

 
厚生労働省が出している、“毎月勤労統計調査 令和元年9月分結果速報等”にデータが出ています。

 
2019年の夏季ボーナスの平均支給額は38万1,520円という事です。

 
冬期のボーナスも大差なくこれくらいの金額です(2020年はコロナ禍による影響で少し変動があるかもしれません)。

 
世間一般的なボーナス額と比較すると、美容師のボーナス額は1/6以下です。

 
やはり他の職業と比べたら金額の少なさはいなめません。

 
とはいえ、色々と出費の多い美容師ですから、たとえ少ない金額であったとしてももらえるだけありがたいですね。

 

美容師アシスタントも給料別でボーナスをくれるサロンが存在する

 
美容師アシスタントも給料別でボーナスをくれるサロンが存在するボーナス(賞与)はこう定義されています…

 

定期又は臨時に、原則として労働者の勤務成績に応じて支給されるものであって、その支給額が予め確定されていないものをいうこと。
(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

 
仕事の出来高に応じて支給されるもの…、と書かれているだけありボーナスの支給は、基本的にスタイリストに向けてのみあるようです。

 
しかし、中にはアシスタントにもボーナスを支給するサロンも存在するようです。

 
ただし、アシスタントは仕事の中身を評価しにくい部分が多いので、“店販商品の売上げの10%”などといった形でボーナスを支払われるようです。

 
例えば、5,000円のシャンプーを売っても500円…と考えると、アシスタントのボーナスは“お手当”のようなものですね。

 

美容師のボーナスはいくらも期待できない

 
美容師という職業は、もともとボーナスという概念がありません

 
だから少ない金額とはいえ“もらえるだけありがたい”ものなのです。

 
もし“ボーナスをもらえるOLやサラリーマン”をやっていて、給料数か月分のボーナスを手にすることができたとしたら、

 

喜ぶ女性

ボーナスで何を買おうかしら??車!!お洋服!!エステ!!

 
なんてワクワクするようなことを考えると思いますが、そもそも美容師のボーナスはそういったものではないんですよね。

 
『私の美容室はボーナスないんだけど!!毎日サービス残業してるのに!ずるい!!』という方がいるかもしれないので補足しておきます。

 
以下の例を見て下さい。

 

【サロンA】 月給約23万円 ボーナス年2回5万円支給
【サロンB】 月給約24万円 ボーナス無し

 
ボーナスのあるなしで、比較したときにはサロンAが魅力的に見えますが、実はサロンBの方が収入が上なんです。
年収に直してみると…

 

【サロンA】 年収286万円
【サロンB】 年収288万円

 
となります。

 
実際に、“毎月の給料を低めに設定して足りない分をボーナスで補填する”というスタイルのサロンがあります

 
だからボーナスのあるなしではなく、年収額で確認することが大切です。

 
期待できない“ボーナス”に振り回されないようにしましょう。

 

美容師でボーナスない場合はこう給料を稼ぐ

 

 

悩める女性C

美容師は“収入の面”であらゆる職業に劣っているように見えるけど…。

 
いえ、それは違います。

 
企業に勤めるサラリーマンよりも美容師が優遇されることがあります。

 
それは働き方の“自由度”です。

 
“拘束時間が長い”とか、“昼ご飯が食べれない”とか、とてもネガティブなイメージが交錯していますが、美容師ほど色々な働き方ができる職業はないと思います。

 
ある程度技術が身につけば、フリーランス、業務委託、パート、独立開業など色々な働き方を選択することができるのです。

 
歩合率のいいフリーランス美容師になれば月収100万円も狙うことができますし、趣味の時間を大事にしたいと考えるなら、都合良い時間にパートをすることもできます。

 
あと私的な意見になるのですが、副業をしやすいのも美容師の特権であると思います。

 
なぜ美容師は副業をしやすいのか?

 
それは、美容師という職業と副業は融和性が高いからです。

 
例えばSNSでヘアスタイルについての投稿を継続してくことで、美容師インフルエンサーを目指すことができます。

 
美容師インフルエンサーになれば、サロンの宣伝にもなるし、あなた目当てに来店されるお客様が増えますし、インフルエンサー業からの収入も見込める事ができます。

 
→ 美容師がInstagramで稼ぐ方法はコレ【+月収20万円】

 
自分でお金を稼げるようになれば、“ボーナスがない”、“ボーナスの額が少ない”などといった悩みもほとんど気にならなくなります。

 
2020年代に“月給は会社が決めるもの”な考え方が終わり、“月給は自分が決めるもの”な考え方が今後の美容師のスタンダードになります

 
万が一失敗しても、その時はチャレンジを一度やめてみたらいいだけの話です。

 
低所得を理由に転職を考えている人は一度トライしてみましょう♪

 
拙い文章に最後までお付き合いいただきましてありがとうございました。