悩める女性C

オーナー美容師の恋愛観、対策方法を教えて下さい。:美容師に恋をしてしまったお客さん、サロン内での仲間同士の恋愛事情で悩んでいる美容師、そしてお客さんに恋愛感情を持ってしまった美容師。さまざまな恋愛ケースがありますよね。二人の関係が積極的に前に進みません。だからといって、あきらめることもできない…。このままダラダラ続くのも疲れるのでアドバイスいただけませんか?

 
こういった疑問にお答えします。

 
✔本記事のテーマ

 

美容師の恋愛事情をサロンオーナーが赤裸々に吐く【現実】

 
✔記事の信頼性

 
私は1人美容室を経営しており、現在月給100万円をコンスタントに稼いでいます。
しかし、美容師になってからの20年間、何度も挫折し失敗を繰り返し、たくさんの遠回りをしてきました。
これまでに経験した失敗や、遠回りした実体験を生かしたアドバイスをします。

 
✔あなたへ前置きメッセージ

 
本記事は、『美容室における様々なパターンの恋愛の攻略法について知りたい』という方に向けて書いています。

 
この記事を読むことで…『美容室で恋心が芽生えちゃったけど、なかなか積極的に前に進めない。だからといって、あきらめることもできない…。』と悩んでいる人に最初の道しるべを手にすることができます。

 
お客様が美容師に…。
美容師がお客様に…。
あるいは美容師同士が恋愛する。
頭では理解していても、心ではどうにも制御できない、それが“恋”です。
相手のことをリスペクトするのは最低条件として、どうすれば進展のきっかけを手に入れることができるのかをお伝えしていきます。

 

 

美容師の恋愛事情をサロンオーナーが赤裸々に吐く

 
美容師の恋愛事情をサロンオーナーが赤裸々に吐く

 
サロンオーナーが美容師の恋愛事情を公開します。

 
今回の記事はビジネスから少し離れて、美容師の恋愛についてお伝えします。

 
お客様との距離が近く、接する時間も長いため“出会いが少ない”といった悩みとは無縁そうなイメージを持たれる職業、美容師。

 
でも実際の美容師の恋愛事情は、非常に難しく厳しいものです。

 
周りの方が考えているほど、華やかな日常ではないんです。

 
プロの美容師であれば会話や気遣いを提供するのも、“サービス”です。

 
分け隔てなく最高のおもてなしや気遣いをして当然です。

 
気に入っているお客様が来店されたからといって過剰なサービスを行うと、そのお客様や周囲のお客様を失客させてしまう可能性が出てきます

 
美容師は仕事がら、誰とでもよく話し、愛想を振りまくところから“チャラチャラしてそう”というイメージを持たれていることが多いです。

 
そのため美容師を警戒している人も少なからずいらっしゃります。

 

困った美容師女

なかなか実らない恋愛をサロン内で経験している美容師やお客様が多いのが実情なんですね。

 

オーナーが考える、美容師がお客様と恋愛にはまるパターン

 
オーナーが考える、美容師がお客様と恋愛にはまるパターン

 
私たち美容師はプロとして仕事をしています。

 
なので、お客さまを“恋愛の対象”としてみる事はありません。

 
とはいえ、美容師である前に1人の人間です。

 
理屈じゃ分かっていても、ふいに恋心を抱いてしまうこともあるでしょう。

 
ではそれってどういった時なのでしょうか??

 
美容師はコミュニケーション能力が高い人が多いです。

 
長く通ってくれているお客様ほど、プライベートな会話も増えていきます。

 
そういったことを繰り返していくうちに、だんだんと本音で話ができる対象として認識していきます。

 
そこで一人の異性として意識するようになり、恋愛対象になっていくのです。

 

オーナーが聞いた美容師の恋愛の価値観

 
オーナーが聞いた美容師の恋愛の価値観

 
後輩美容師にこんな相談をされたことがあります。

 
『Aさん(お客様)のことがとても気になるんですが、どこまでのアプローチであればオーナーから許されると思いますか??』

 
私が当時勤務していたサロンでは、お客様との色恋沙汰はご法度でした。

 
でもお客様からのアプローチであれば、ある程度仕方ない部分もあります。

 
Aさんは半年に一度しか美容室に来られないような方だったので、なかなか距離が縮まらず後輩美容師はやきもきしてしまったのでしょう。

 
カット中の二人の雰囲気を見ていても、とてもいい雰囲気なので双方がそういう対象としてみているなら、応援しようという気持ちは持っていましたが結局そのままうやむやになって終わっちゃいました。

 
先ほど、『私たち美容師は、プロとして仕事をしているので~』なんてカッコいいこと言いましたが、やはり普通に若者の集団です。

 
人生から恋愛を切り離しては生きられないのかもしれません

 

オーナーが思う美容師の遊び人レベル

 
オーナーが思う美容師の遊び人レベル

 
10代後半で美容師の資格を取って、サロンに就職したら二十歳そこそこ。

 
そんな若さでお客様から連絡先を聞かれたりすると、調子に乗っちゃう美容師も一定数いるんですよね。

 
もちろんすべての美容師あてはまるわけではありません。

 
私の後輩たちはまじめな子ばかりでしたし。

 
あとは、美容師ってスタイリストになる前に、シャンプーモデル、カラーモデル、カットモデルなどを探さないといけません。

 
そのモデルをどこで探すのかというと、街中を歩いている人に声をかけていくんです。

 
こういったイメージもあるから、

 

“美容師=チャラい”

 
というイメージが出来あがってしまうんじゃないのかなと思うんです。

 
とはいえ、実際チャラい美容師も存在しているとは思うので、その人が業界のイメージを悪くしている可能性もありますね。

 
その件については、今後時間をかけて検証してみたいと思います。

 

オーナーを悩ませる美容師同士の恋愛

 
オーナーを悩ませる美容師同士の恋愛

 
美容師という職業は非常に過酷な業務です。

 
毎日辛い時間を過ごしていく中で、仲間内で強い連帯感や絆が生まれる瞬間がよくあります。

 

夜遅くまで一緒にレッスンする
技術のことで指摘しあう
お客様のことで話し合ったりする

 
こういったことがスタッフ間の距離が縮めるきっかけになることがあるのです。

 
ただ美容師同士で付き合ったとしても、サロンによっては仲間内で一緒に休日を取ることが難しかったりもします。

 
そういったサロンでは互いにすれ違いが生じ、恋愛も長続きせず、自然と消滅するパターンも多いです。

 
その時に一番ダメージを受けるのは当事者たちではなく、まさかの経営者。

 
破局した後はお互いに気まずくなるのか、どちらかあるいは両者が退社することが多いようです。

 
これらの事例は《美容室あるある》です。

 
勝手に付き合って、別れた後で退社される経営者はたまったモノじゃないですよね。

 
だからこういったトラブルを回避すべく、社内恋愛を禁止しているサロンも多いのです。

 

オーナー自身の恋愛について

 
オーナー自身の恋愛について

 
他サロンの経営者と情報交換することがあるのですが、やはりスタイリストに比べるとオーナーの恋愛事情はさらに厳しいようです。

 
『忙しくて恋愛どころではない』という意見が圧倒的です。

 
そりゃそんな暇があったら、もっと従業員の成長のためにあちらこちらに目を配らないといけませんから。

 
とはいえ他社とのつながりや、ディーラー、広告代理店の担当者などクローズドな場面で会う機会が多いので、そういった意味ではお客様としか出会う機会がないスタイリストよりも恋愛の機会は多いと言えるかもしれません。

 

お客様が美容師と恋愛するための方法をオーナーが語る

 
お客様が美容師と恋愛するための方法をオーナーが語る

 
お互いに好きになってしまったなら仕方ありません。

 
それが、“お客様との恋愛を禁止されている美容師さん”が相手でも。

 
でも通っているサロンがお客様との恋愛を許可しているサロンなのか?禁止しているサロンなのか?

 
どちらなのか分からないパターンがほとんどだと思うので、美容師やサロンに迷惑がかかることがないように粛々とアプローチしたいものです。

 
万が一実らなかったとしても、良好な関係を維持できるようなアプローチ方法をお伝えしていきます。

 

男性美容師と恋愛する方法

男性美容師と恋愛する方法

 
先ほどもお伝えしましたが、まずは美容院に通い続けて美容師にとっての“常連客”になることです。

 
常連のお客さんになると、だんだんとプライベートな話ができるようになってきます。

 
そういった関係になれたら、友だちに話すような軽い感じで『最近彼女とどこか遊びに行きましたか??』と聞いてみましょう。

 
この質問への回答で恋人の有無を確認することが出来ます。

 
あるいはカウンセリングの際に、『Aさん(担当美容師)の彼女ってどんなヘアスタイルをされているんですか??』と聞いても自然ですよね。

 
恋人がいないのが分かれば、自然にお茶に誘ってみるとよいでしょう。

→  ゼロから運命の男性を見つけてパートナーにする方法

 

女性美容師と恋愛する方法

 
女性美容師と恋愛する方法

 
女性美容師が相手でも、まずは常連客になっていくことが必須です。

 
女性美容師というのはちょっと難しく、距離が縮まるまでは会話も遠慮がちです。

 
まだ関係性が出来上がっていないタイミングで『彼氏はいますか??』と聞くことはおすすめしません。

 
柔らかい物腰でこちらからどんどん話題を振っていけば、だんだんと距離が縮まっていきます。

 
女性美容師の接し方に壁が無くなってきたと感じたら、できるだけ聞き役に徹してあげた方がいいでしょう。

 
そうすることでコミュニケーションがより円滑になっていきます。

 
大事なポイントがあります。

 

女性は“男性に異性として見られる”ことに非常に警戒心を持ちます

 
そこは必ず肝に銘じておきましょう。

→ 後藤孝規のWoman master Project

 

オーナーが美容師の恋愛についてまとめる

 
オーナーが美容師の恋愛についてまとめる

 
私自身がサロン経営者なので今回の記事の内容に微妙な気持ちになることもあるのですが、感情で生きる人間相手に『恋愛するな。』とか『立場を考えろ。』と言う方が無理のある話で…。

 
それならば、みんなが幸せになれる形で収まってくれるといいなというのが本音です。

 
私の師匠の言葉で、こんな言葉があります。

 

恋愛は感性を学ぶためのもの。結婚は忍耐を学ぶためのもの。

 
全く恋愛に興味が無い美容師さんに果たして魅力があるでしょうか??

 
私はそんな美容師には魅力がないと思います。

 
色々な経験をしながら感性を磨いていただきたいと思います。

 
とはいえ、まだ美容師として未熟なうちは、一生懸命に自分自身に時間と努力を投資してくださいね。

 
一人前になるまえから仕事ほったらかしで恋愛ばかりに走ると、あなた自身の成長に大きな損害を出してしまいますし、周囲からの非難を受けますから。

 

人気のある記事

 
今回は以上で終わります。

 
拙い文章に最後までお付き合いいただきありがとうございました。