オーナー中村オーナー中村

40代美容師が給料40万を稼いでいくための思考とロードマップをお伝えしていきます。

 
✔本記事のテーマ

 

40代美容師が給料40万を手にするために【安定した生活が欲しい】

 
✔記事の信頼性

 
私は1人美容室を経営しており、サロンワークの収入と副業収入でまとまった月給をコンスタントに稼いでいます。
しかし、常に順風満帆だったのかと言えばそうではなく、
美容師になってからの20年間、何度も挫折し失敗を繰り返し、たくさんの遠回りをしてきました。
これまでに経験した失敗や、遠回りした実体験を生かしたアドバイスをします。

 
✔あなたへ前置きメッセージ

 
本記事は、『40代美容師が安定的に給料40万を手にする方法と、将来に向けてどういったことを注意すべきかを教えてほしい。』という方に向けて書いています。

 

 

美容師の給料のピークはいつ?40歳がピークで453万円

 
美容師の給料のピークはいつ?40歳がピークで453万円

 
いきなりですが質問です。
“雇われ美容師”という環境で、どの年代が一番給料が高くなると思いますか?

 
以下のグラフをご覧ください。

 

男性美容師 女性美容師
20代 208万 198万
30代 327万 270万
40代 453万 245万
50代 239万 225万
60代 256万 248万

 
資金構造基本統計調査

 
資金構造基本統計調査

 
引用元:資金構造基本統計調査

 
美容師の給料のピークは、“40歳”と言われています。

 

困った美容師男

結構早くに、給料のピークが来るんだね…。美容師の給料のピークってどれくらいの額になるの?

 
ピーク時の年収の平均額は453万円です。

 
月々の給料にすると、“おおよそ40万円弱”という事になりますね。

 
この“40代美容師”の定義には、普通のスタイリスト、店長などの役職に就いている美容師、トップスタイリスト、経営者など様々な立場の美容師が含まれているので、多少貰っている給料に開きがあるかもしれませんが、だいたいの40代美容師は毎月40万円ほどの給料をもらっていいるようです。

 

女美容師ウインク

それなりに給料をもらえるんだね♪アシスタントの時とは大違いだ。

 
まぁ、その金額が高いか安いかは後ほど詳しく話すとして…。

 
それでも喜んではいられません。

 
ピークを迎えた給料額は、急降下をし始めることになります。

 

45歳以降は一気に給料がダウン

 
45歳以降は一気に給料がダウン

 
いったん40歳ぐらいピークを迎え、45歳を境にだんだんと給料額が落ちていくのが一般的美容師の給料事情です。

 

疑問美容師女

下がり始めた給料はどれくらいの額になるの?

 
45歳以上の美容師の平均年収は281万円です。

 
美容師全体の平均年収は284万円(厚生労働省の統計より)と言われていますので、その平均年収よりも少し少なくなるようなイメージですね。

 

困った美容師女

月給23万円くらいか…。かなり生活キビシイね…。女性美容師も同じような感じで給料のピークと減少が来るのかな?

 
実は女性美容師の場合は男性美容師に比べると、もう少しピークは早いと言われています。

 
女性美容師の給料のピークは35歳ほどで訪れ、金額は年収270万円ほど。

 
そして40歳くらいからドンドン下降していくようです。

 
女性のほうが活躍できる期間が男性に比べて5年ほど短くなるようです。

 
とはいえ、40代を境にドンドン収入が減っていくのは、男女とも同じようですね。

 

40代の美容師の給料で家族を養うことができるのか?

 
40代の美容師の給料で家族を養うことができるのか?

 
きっとあなたが40代になったころには、人生のパートナーを見つけていて子供も2人ほどいるかもしれません。

 
そういった4人家族の場合、生活費は一体どれくらいかかるのでしょうか??

 
おおよそ一ヶ月で50万円ほどの生活費が必要であると言われています。

 

困った美容師女

ということは年間600万円ほどの生活費が必要になるんだね。

 
そうですね。
食費にお金をかけたり、子供に習い事などをさせると、もっと大きな金額が必要になるでしょう。

 
先ほど美容師の給料のピークは40歳で訪れて、金額は453万円であるとお伝えしました。

 
となると給料のピーク時でも年間約150万円が足りなくなります

 
その足りない分を、パートナーに補ってもらうなどしながら生活をしている家庭が多いようです。

 

困った美容師男

とてもじゃないけど、貯金どころの話じゃないね…。

 

なぜ40代を境に給料が減っていくのか?

 
なぜ40代を境に給料が減っていくのか?

 
理由は以下の通り。

 

✔ 信頼性と安心感と技術力のピークを40代で迎える

 
45歳以降は逆に、年を取った美容師に対してお客様が不安感を持ってしまうようです。

 
お客様が求める美容師像って“若すぎず、年をとりすぎず”なんでしょうね。

 

悩める女性B

たしかに年配の美容師だと、流行などをしっかりカバーしてくれるか不安になるかも。

 
私のような30代40代の世代のお客様なら、あまり若すぎる美容師もちょっと抵抗あるし、なかなか年齢のストライクゾーンって難しいかもですよね。

 

40代美容師になっても安定して給料40万稼ぐために必要なこと

 
40代美容師になっても安定して給料40万稼ぐために必要なこと

 
ここで“持っておきたい思考に関して”お話したいことは大きく二つ。

 
とくに低料金サロンに当てはまる話なんですが…。

 
売上を新規客に頼っている美容室や美容師が多いんですよね。

 

疑問美容師男

新規客に頼ってちゃいけないの?

 
先ほどの話とかぶるのですが、年を重ねてくると、新規客の再来率が悪くなる傾向があります。

 
20代のうちは、そんな新規客をバンバンこなしていけばある程度売上はできるのですが、50代の美容師が同じことをやっても売上が積みあがっていかないのです。

 
新規を取り続けるのも、費用が余計に掛かりますしね。
ベテランになってからの美容師は戦略をドンドン変えていかないと、戦い続けることはできません。

 
ではどうしていけばいいかというと…。

 
あなたを支持してくれる、いわゆる生涯顧客つくりに全力をかけていくことが大切です。
“濃いあなたのファン”を増やしていくことで長く安定した給料を作っていくことができます。

 
そして、次にダブルワークを始める事

 
2019年、2020年とだんだんとダブルワークへの理解が広まってきています。
私のこれまでの記事でも散々お伝えしてきましたが、これからは収入の柱をいくつも持つことがスタンダードな世の中になります。

 
ダブルワークをすることでリスク分散することになり、生活も安定することになります。
そして、給料が増えることで、より質の高い生活を送ることができるのです。

 
集客サービスやヘアスタイルphoto、店舗情報を掲載することに会社のwebサイトを使っている企業がありますが、ああいったものを商品を販売するプラットホームとして使うのも、新しい収入口ができるので、副業と呼べます。

 
美容師に人気のあるおすすめ副業を以下の記事で詳しく解説してみたので、今日がある人は以下よりどうぞ。

 
(→ 美容師が副業で給料を上げるならコレ【推奨11選】)

 

男美容師ウインク

美容師の給料を上げようと思った時に、求人誌で条件の良い仕事場を探したり、転職エージェントを使うくらいしか手段が思いつかなかったけど、ダブルワークという方法もあるね♪

 
他にも独立開業して美容院の経営者になったり、フリーランス美容師になったり、業務委託で美容師の仕事をするなり、色々な選択肢があります。

 
【基本給+歩合給】という給与制度になれば月収や手取りが増えるとはいえ、そもそも基本給自体が信じられないくらいに安い業界です。

 
手当や賞与(ボーナス)などといったものもないサロンが多く、キャリアや年齢なども給料に反映されない。

 
自分の給料は、自分で作った売り上げ次第…。

 
指名客をドンドン増やして、美容師としてのランクを上げていくしかサロンワークで給料を上げる術がないのです。

 

困った美容師男

資格が必須な職業の割には、普通に働いていては成功のハードルがムチャクチャ高いよね。

 
“ダブルワークが正しい働き方”であるとは言いませんが、選択肢の一つとして頭の片隅に置いておきましょう。

 
今回は以上で終わります。

 
つたない文章に最後までお付き合いいただきありがとうございました。