次へ
困った美容師男

美容師の平均給料はどれくらいなのですか?様々な職種と比較しても美容師の平均給料は少ないという事を聞きますが本当ですか?

 
こういった質問に対し、お答えします。

 
✔本記事のテーマ

 

美容師の平均給料は月25万円【貧困まっしぐら】

 
✔記事の信頼性

 
私は1人美容室を経営しているごく平均的なスタイリストです。
現在はサロンワークと副業で年収1000万円をコンスタントに稼いでいます。
しかし、この20年間、何度も挫折し失敗を繰り返し、たくさんの遠回りをしてきました。
貧困時代には、30000円で一ヶ月やりくりしたこともあります。

これまでに経験した失敗や、遠回りした実体験を生かしたアドバイスをします。

 

2018年 : ネット集客法を広めるため活動開始
2019年 : ブログにて“美容師をlifeworkにするすばらしさを伝える活動”をスタート
2020年 : 音声コンテンツ配信スタート

 
2021年もゆるく楽しみながら活動中。

 
✔あなたへ前置きメッセージ

 
本記事は、『美容師の平均給料や詳しい情報を知りたい。』という方に向けて書いています。

 
この記事は…将来美容師をしようか考えている人にとって、有益な参考資料となっています。

 
雇われ美容師はどれくらいの平均給料を稼いでいると思いますか?
トップスタイリストなら?
店舗の規模が大きくなれば給料も上がるの?

美容師を志そうと考えている人が、当たり前のように疑問に思う事を分かりやすいカタチで解説してみます。

 

 

美容師の平均給料は月に25万円!年収にして300万程度!【店長の大暴露】

 
美容師の平均給料は月に25万円!年収にして300万程度!【店長の大暴露】

 
美容師の給料の平均は、全国平均で25万円という事が報告されています。

 
(→ 美プロ)

 
美容室の求人誌に記載されていた、スタイリストの雇用条件の平均給料は約24.5万円/月でした。

 

疑問美容師女

想像していた平均給料よりもヒドくないね。

 
そう思うかもしれませんが、実際の所そうでもありません。

 
以下の記事で実際手取りの金額や貯金など自由に使えるお金はどれほどあるのかをお伝えしています。

 
(→ 美容師の貯金平均額は3万ほど。貧困だった美容師の貯蓄術を公開)

 

美容師の給料の平均手取り額はいくらくらい?

 
美容師の給料の平均手取り額はいくらくらい?

 
私は、大阪府堺市のヘアサロンに13年間勤めていました。

 
スタイリスト時の給料の平均は、全国平均の25万円かそれよりも少し少ないくらいでした。

 
以下は私の場合の毎月の必要固定費支出の内訳です。

 

厚生年金 2万円
家に入れるお金 4万円
技術を学びに行く講習費 4万円
仕事や練習に使う道具代 2万円
保険料 1万円
昼食代 1万円
衣服代 2万円
交際費 3万円
電話料金 1万円
合計 20万円

 
そして基本的に余ったお給料の5万円ほどが貯金に回るという感じです。

 
貯金と聞くと生活に余裕があるように感じますが、結局そこから友人の結婚式があったらご祝儀をだしたり、自転車の修理が必要であればそこから捻出したり、恋人のプレゼントを買ったり…。

 
スマホが壊れたりすれば買い替えの際もそこからお金を捻出します。

 
なのであまり貯金はできない感じですよね。

 
むしろ収支がマイナスの月も出てくるわけです。

 
一般的なサラリーマンに比べると美容師は、“講習費” “道具代” “衣服代”などの比重がとても大きいため、目に見えない支出が多いです。

 
月に25万円を貰っていても余裕のある暮らしは難しいのではないかと感じます。

 
しかも美容師の給料の平均25万円というのは、売れっ子の美容師やキャリアや年齢を積んだベテラン美容師の給料も全てひっくるめた平均数字なので、中には月収17万円以下の美容師もいるはずなんです。

 
アシスタントからスタイリストになりたての人は、指名して下さるお客様が少ないので歩合給では全然稼げませんから。

 
歩合給ってそんなシステムなんです。

 
月額17万円ほどの給料では、毎月のやりくりができないのはイメージしやすいかと思います。

 
(→ 美容師の給料はいくら?手取り30万円は稼げ【貧乏スタイリスト必読】)

 
美容師という職業は賞与(ボーナス)という概念がありません。
残業はほぼ当たり前のような状態だし、サラリーマンのように勤続年数が長くなれば勝手に給料が増えるようなものでもありません。

 

美容師の平均給料の全職業中の順位は??【表参道で働いたら年収も上がるんだろけどさ…】

 

美容師の平均給料の全職業中の順位は??【表参道で働いたら年収も上がるんだろけどさ…】

 
年収ランキング統計によれば美容師という職業は100業種中100位…。

 
(→ 美容師の年収ランキング衝撃の結果がコレ【久々にむせび泣き…】)

 
この100位というランクは数年間も順位が変わっていないようです。

 
参考までに…美容師と同じ国家資格でも、クリニックに勤める看護師は19位ということです。

 
(→ 美容師と看護師を給料など様々な角度で比較したら…【閲覧注意】)

 
朝早くから夜遅くまで働きまくって、休みの日には講習に出かけて、皮膚はボロボロになって、そして最低レベルの賃金…。

 
これではなかなか美容業界が賑わっていかないですよね…。

 
専門学校を卒業してせっかく美容師免許を取った美容師が、どんどん他業種に転職しても仕方ない状況です。

 
ではサロンが売り上げたお金はいったいどこに行っているのでしょうか??

 

困った美容師男

まさかオーナーがいっぱい取ってるんじゃないの?

そう思っている人も多いようですが…。

 
美容師 年収ランキング

 
美容室は独立開業する人がとても多いイメージがあります。

 
しかし、美容室、理容室の平均倒産件数は、年々増加傾向にあります。

 
という事は経営者も厳しい運営を課せられているんです。

 
ならばどこにお金は消えているんでしょうか??

 
私が色々なサロン経営者を見て思うのは、余計なところにお金を使い過ぎであると思います。

 
(→ 美容師の給料が安い原因は経営方針。問題の解決策はコレ【重要】)

 
経営者である前に、なかなか職人気質から抜け出せていないサロンオーナーが多いような気がします。

 
経営のノウハウを雇われ時代に学んでこなかったことが要因であると思います。

 
ガラパゴス化した集客法であるポスティング、ハンティングにお金や時間を使い過ぎだと思いますし、オンライン集客もホットペッパーに頼りすぎであると思います。

 
SNSは無料で使用できるので、お金を使わずともサロンを認知してもらう手段はいくらでもあります。

 
ホームページサイトの運用のために毎月一万円以上も業者に払い続けるなんて正気の沙汰ではありません。

 
少しの学びで毎月の支出はドンドン減らすことができるのです。

 
収入を増やすことも大切ですが、他の企業に流れていく支出を減らすことも考えなくてはサロンが潤っていかないですよね。

 
サロンが潤わなければ、従業員の努力が手当として還元されるのは夢のまた夢です

 

安い給料を上げるために美容師が行うべき行動【年収1000万経営者が語る】

 
安い給料を上げるために美容師が行うべき行動【年収1000万経営者が語る】

 
とはいえ、まずは“個人で売上数字やお給料をどうやって増やしていくか?”をまずは考えていかなければなりません。

 
私の体験も踏まえ、スタイリストの人がどうやって収入を増やしていけばいいのかをお伝えしていきましょう。

 
美容師の給料の平均売上げの壁を越えていくために】

 

✔ サロン内での成績を上げて役職に就く
✔ SNSを活用して“あなた自身”をブランディングしていく
✔ 他者にない自分だけの強みを探し、そこをブラッシュアップしていくこと
✔ あなたの時間単価を計算すること
✔ 客単価を上げる方法、時間短縮の方法にアンテナを張る
✔ 周りのスタッフとうまく付き合う事
✔ 美容師の活動を書きたしなめたブログを作成

 
【美容師という枠を超えて収入を増やしていくために】

 

・ SNSで趣味のアカウントを作成して発信&集客
・ 趣味や好きなことについてのブログ運用

※美容師がブログから給料を稼いでいけるように、私が無料でサポートします。
興味がある方は、以下をご覧ください。

 
これから美容師を目指していく年代の方は、働き方を自在に作っていくことができます。

 
あなたが考える一番効率いい働き方を模索されるといいと思います。

 
あとはやったほうがいい事として、『筋トレ』です。

 

困った美容師女

え!?筋…トレ…??

 
精力的に仕事をこなして成功している人の9割が、何かしら運動やトレーニングをしているという調査結果があります。

 
理由は色々考えられます。

 

・ 運動をして体を鍛えることで免疫力を上げ、病気をしにくくなる
・ 運動して成長ホルモンの分泌を促すことでやる気を出し、イライラしなくなる(詳細はコチラ)

 
こんなにメリットがあるんです。

 
筋トレをすることによって、肉体面でもメンタル面でも1段階レベルアップしてさらにヴィジュアルも良くなるならやらないと損ですよね。

 
男性でも女性でも性別関係なくおすすめです♪

 
(→ 美容師が売り上げ200万の壁を破壊するための5項目【重要】)

 
今回は以上で終わります。

 
つたない文章に最後までお付き合いいただきましてありがとうございました。

 

コメントや問い合わせをしてみませんか?