悩める女性B

美容師と看護師を給料で比較すると、どちらが多いの?将来の仕事をどちらかで考えているんだけど判断材料が少ないので、比較できる記事があると嬉しいな。

 
こういった悩みや質問に回答すべく、記事を執筆していきます。

 
✔本記事のテーマ

 

美容師と看護師を給料など様々な角度で比較したら…【閲覧注意】

 
✔記事の信頼性

 
私は1人美容室を経営しており、現在月給100万円をコンスタントに稼いでいます。
しかし、美容師になってからの20年間、何度も挫折し失敗を繰り返し、たくさんの遠回りをしてきました。
これまでに経験した失敗や、遠回りした実体験を生かしたアドバイスをします。

 
看護師をしていた義母の話や公式データなどを元に解説していきますので、ある程度の信ぴょう性はある記事だとお考え下さい。

 
✔あなたへ前置きメッセージ

 
本記事は、『看護師をするか、美容師をするか悩んでいます。どういった判断で仕事を選べばいいのか分かりません。』という方に向けて書いています。

 
この記事を読むことで…将来後悔することのない職種を選ぶことができます。

 
私も高校生の時に進路のことで悩んでいた時期がありました。

 
日本人は外国人と比べて、世間体なども考えて仕事を選ぶ節があるので、自分の心の声に耳を塞ぎがちです。
自分の心としっかり向き合うことでしっかりとした将来設計を行いましょう。

 

美容師と看護師の給料の違い

 
美容師と看護師の給料の違い

 
美容と看護師の給料にはどれほどの違いがあるのでしょうか?

 
調査した結果は以下の通りです。

 

美容師年収:284万円
看護師年収:483万円

 
驚くことに、平均年収で見ると200万円の差があります。

 
月給で考えると…

 

美容師 : 23.7万円
看護師 : 40.3万円

 
看護師の年収にはボーナスや手当が含まれていますが、美容業界にはあまりボーナスという概念がありません。

 
なのである程度、給料の差ができるかと考えてはいましたが、年間200万円の差というのはあまりにも大きすぎますね。

 
私の知人に看護師をしているシングルマザーがいるのですが、二人の娘を私立の高校に通わせながら塾にも行かせています。

 
そこから考えてみても、看護師は高い経済力を持つことができると言えるでしょう。

 

とはいえ、美容師もアシスタントからスタイリスストになると歩合制の給料になります。
売り上げに応じて給与も上がるので、技術力と接客力(サービス力)を磨くことで大きく手取り額を増やすことも可能ではあります。

(→ 美容師の給料はいくら?手取り30万円は稼げ【貧乏スタイリスト必読】)

 
逆に、指名などをもらえない“売れない美容師”になってしまうと、いつまでも給料は増えないまま…という事にもなりますが。

 

給料以外の部分で美容師と看護師を比較してみた

 
給料以外の部分で美容師と看護師を比較してみた

 
美容師も看護師も、専門学校を卒業し国家試験を合格することで得られる、“国家資格”が必要な職業です。
いわゆる“その道の専門家”です。

 
しかし双方を比べてみると、全く違った性質を持つ職業であると分かります。

 
以下より美容師と看護師の違いをお伝えしていきたいと思います。

 
看護師をしている私の義母からの情報と、公式資料から情報を取っているので、ある程度信憑性の持てる調査結果になっていると思います。

 

美容師 看護師
資格取得難易度の高さ ★☆☆☆☆ ★★★☆☆
離職率の高さ ★★★☆☆ ★★★★☆
給料の高さ ★☆☆☆☆ ★★★☆☆
将来性の高さ ★★☆☆☆~★★★★☆ ★★★☆☆
忙しさ ★★★☆☆ ★★★☆☆

 
資格を取る際の難易度は、看護師の方が高いです。

 
しかし、意外なことに合格率で見ると美容師試験の方が低いのです。

 

看護師国家試験の合格率は89.3%
(→ 第108回看護師国家試験の合格率89.3%、合格者約1900人減)

 
美容師国家試験の合格率は63.1%
(→ 美容師試験実施状況)

 
離職率については…。

 
私は20年ほど美容業界にいて、今日にいたるまで離職するスタッフをたくさん見てきました。

 
美容業界は入れ替わりの激しい業界であることは間違いありません。

 
しかし看護師の世界も人の入れ変わりが激しいようです。

 
とはいえ、看護師が離職する際には看護師を辞めて転職するわけではなく、職場を変えるパターンが大半のようです。

 
やはり『少しでも条件の良いクリニックで働きたい。』と考えるのは、看護師みんな同じですよね。

 

美容師と看護師の将来性について

 
美容師と看護師の将来性について

 
就職に関しては企業に勤めるサラリーマンやOLに比べると有利であることは間違いありません。

 
理由は、美容師も看護師も資格業だからです。

 
しかし、あなたが50歳になった時のことを想像してみてください。

 
看護師として働いていたら、キャリア豊富なベテラン看護師になっているでしょう。

 
自由にパートタイムで勤務すること可能です。

 
美容師の場合はどうでしょう。

 
美容師をしていて50歳になった時に…、店長やチーフなどの役職に就いていたならまだしも、普通にスタイリストとして働いていたらおそらく経済的に厳しい日々を過ごしているはずです。

 

困った美容師女

そりゃお客様心理で考えても、老いた美容師さんは少し敬遠するよね。年齢を重ねるにつれて美容師は稼ぎにくくなるのかもね。

 
例えば、結婚して家族ができます。

 
あなたが50歳であるときに子供は20歳そこそこだったとします。

 
大学生の子供を抱えつつ家族を養える収入を、コンスタントに稼ぎ続けることが必須なのです。

 
私は30歳で自分のサロンを開業しました。

 
美容師のピークって早いので、動くならできるだけ早く…

 
というのが私の考えでした。

 
(→ 美容師の現実についてあらいざらい暴露する【R18指定】)

 
仕事量で考えたら、美容師も看護師も忙しいとは思いますが、看護師は日勤、夜勤とをこなすことが必要で体力的精神的にキツイという事が言えるかもしれません。

 
美容師免許と看護師免許…。

 
どちらの資格を取るか迷うことがあるかもしれません。

 
後からやり直しができないという事もありませんが、まずはあなた自身の気持ちとしっかり向き合うことが必要です。

 
私も高校時代、税理士になるか美容師になるか悩んだ時期がありました。

 
親の気持ちや応援してくれている人たちの期待に応えるなら税理士…。

 
自分のやりたいことを優先させるなら美容師…。

 
という気持ちだったのですが、幼いころからクリエイティブな作業がとても好きだったこともあり、親にお願いして大学を中退し、美容専門学校に再入学したのです。

 
今でもその時の決断に後悔することはありません。

 
毎日楽しい日々を過ごすことができていますから。

 
美容師と看護師の仕事の特徴を簡単にまとめておきます。

 

【美容師の特徴】
✔ 労働時間が長い
✔ 過酷な労働
✔ 休憩や休日が少ない
✔ 高齢になると仕事がしにくい
✔ 美容専門学校の学費が高い

 

【看護師の特徴】
✔ 労働時間や休日は国で定められている
✔ 日勤の他に夜勤がある
✔ 稼ぎやすい
✔ 病院に併設された託児所などを利用できる

 

美容師と看護師を給料以外で考えるならどちらがおすすめ?

 
美容師と看護師を給料以外で考えるならどちらがおすすめ?

 
お金を稼ぐなら看護師一択だと思います。

 
しかし、ちょっと待って下さい。

 
“あなたが持つ仕事に対する価値観”を考えることも大切です。

 
やりたい仕事は美容師だけども、お金が欲しいから看護師をする…。

 
これって幸せになれない人もいると思うんです。

 
ライフワークライスワーク”の違いって分かりますか?

 

ライフワーク : 人生を実りある充実したものにする仕事
ライスワーク : 食べていくため、生きていくためにやる仕事

 
言葉は似ていますが、意味合いは全く相反するものになっています。

 
仕事に対する価値観は、人それぞれ違いますが、私の考えでは仕事は人生を豊かにするものであるべきだと思います。

 
だから仕事をライスワークにしてはいけないと考えました。

 
いくらお金を稼げるとはいえ、貴重な時間を好きでもないことに浪費すると言うのはあまりにも、もったいないと考えました。

 
私は、そう考えたときに美容師という職業を選んだのです。

 
大切なことは、『あなたの心はどう言っているか?』という事。

 
それを導き出すためには、あなたが何のために仕事をするのかを明確にしておくことが大切なのです。

 

美容師になって人気をとるか、独立開業すれば看護師以上の給料も!?

 
美容師になって人気をとるか、独立開業すれば看護師以上の給料も!?

 
美容師と看護師を給料や、それ以外の部分で比較してきました。

 
これまでの説明を聞いてきたら、きっとこう思っていることでしょう。

 

悩める女性B

経済力や安定を求めるのであれば、看護師一択ね。美容師は休みも少なそうだし。

 
美容室経営者という立場である私の意見を言わせてもらうと、美容師だって高給を狙うことができるし、安定した生活を営むことだって余裕でできます。

 
雇われ美容師と美容室経営者の年収にはこれほどの差があります。

 

雇われ美容師の年収 : 年収280~320万円
美容室経営者の年収 : 年収500~1000万円

 
サロン経営者になって成功するためには、税金や経営について勉強をする必要がありますし、集客を絶えず頑張らないといけない。

 
なかなか集まらない求人問題に頭を悩ませる。

 
ちゃんと行動しても、運頼みなところもある。

 
3年後の廃業率は50%を超える…という事実を知った時にこう思うかもしれません。

 
(→ 美容師が年収500万稼ぐために必要な事4選)

 

困った美容師男

そんな一か八かのギャンブルはできないよ。

 
しかし、上手くいけば看護師はおろか、年収1000万円を超える富裕層の仲間入りができるかもしれないのです。

 
私も一時は苦しい経営者時代がありました。

 
しかし、今となっては金欠という苦しみから解放され、“美容師の仕事”を毎日心から楽しむことができています。

 
『大好きな美容師という仕事で、一生頑張っていきたい。』
と心に決めたのであれば、独立開業することをおすすめしたいと思います。

 

困った美容師女

男性美容師のように独立開業する考えはまだ持てないな…。でももっと収入を増やしていきたい。

 
そうであれば、サロンワークをしながら情報発信をしていくことをおすすめします。

 
情報発信のプラットホームを持つと、そこから広告料を得たり、物販をすることができるようになります。

 
美容師は老いやケガなどで仕事を失うリスクを常にはらんでいます。

 
そういった未来に備えることを考えても、こういった情報発信のプラットホームを持つことはとても有益なものになります。

 
やり方は、ネットで検索すると情報がいくらでも出てくると思います。

 
『サロンワークが忙しくて、勉強する暇がないよ…。』

 
こういった方には、Webサイト作成代行もやっておりますので、以下よりご確認ください。

 

 
今回は看護師と美容師を比較してみましたが、介護職など違った業種との比較もしてみようと思います。

 
つたない文章に最後までお付き合いいただきましてありがとうございました。