オーナー中村オーナー中村

美容師の給料を計算してもまだ奴隷を続ける気持ちでいられますか??今回の記事では、スタイリスト美容師のキビシイ経済事情と給与についてお伝えします。最低賃金ごとに変わるものでもあるので、記事内の計算方法で定期的に確認してみましょう♪

 

 

美容師の給料を計算をしてみて!!まだ奴隷を続けますか?

美容師の給料を計算をしてみて!!まだ奴隷を続けますか?

 
厳しい言葉で始まりましたが、あえて今回はこんなピリピリした空気感で始めてみたいと思います。

 
なので、“誰に何と言われようと、この道で生きていくんだ!!”と考えておられる方は、そっとこの記事を閉じて頂いても結構です。

 
でもその先にあるのは、経済難と苦難に満ちた人生であると言えるでしょう。

 
それが“現代のルールに乗せられた者の宿命”なのです。

 
なぜか??

 
一生懸命頑張って役職に就けたとします。

 
チーフ、店長などの肩書をもらったとしても、月収はせいぜい30万円程度。

 
そこから保険や税金など色々引かれちゃったら、手元にはスズメの涙程度しかお金が残らないんです。

 
それっぽっちの収入であなたのイメージする美容道を貫き通すことはできるのでしょうか??

 
正直、『もっと時間とお金が欲しい。』と考えているはずです。

 
辞めようか辞めまいか悩んでいるうちに、あなたの大事な時間がドンドン失われています。

 
もしあなたが収入について不満を持っているなら、勇気をもって別の職業に転職するのもいいかもしれません

 
しかし転職を考える前にあなたのお給料についてより深く理解してみましょう。

美容師の給料の計算の仕方と気を付けるべき点、そしてリアルな事例

 
美容師の給料の計算の仕方と気を付けるべき点そしてリアルな事例

 
あなたがもしサロン経営者であれば、従業員の給与はどう決めていますか??
というのも、定期的に最低賃金の変更があるじゃないですか。

 
最低賃金の変更のたびに、給与の見直しをしないといけない経営者さんの苦悩を聞くことが多いんですよね。

 
今回は美容師の給料の計算方法を記事にしていきたいと思います。

 
昇給の仕組みは会社や企業によって様々ですし、業務委託や面貸し、店舗が多数ある…などの複雑な状況は除外して考えていますので、それらをふまえてご覧ください。

 

美容師から相談を受けたのですが…

 
美容師から相談を受けたのですが…給料の見直し

 
他のサロン経営者さまと色々とお話していると、スタッフさんに渡す月収額の話になることが多いです…。

 
開業したばかりの経営者様は
『今のスタイリストの基本給のベースってどれくらい??』
『どんな給与システムで管理してる??』
というように悩まれているし、

 
ベテランの経営者様も
『最近最低賃金が上がったけど、うちのサロンは最低賃金に引っかかってないのかな??』
と疑問に思ったり…。

 
などなど、心配されている経営者さんが多いようです。
中でも多いのは正社員として雇う場合の疑問や悩みです。

 

喜ぶ女性

あなたが雇われ美容師であるなら公式に当てはめて、給料額が適正か確認してみましょう。

 

美容師の給料の計算方法を公開。最低賃金に足りてますか??

 
美容師の給料の計算方法を公開。最低賃金に足りてますか??

 
私の友人に社労士がいるんですが、その友人に最低賃金で賃金を計算する方法を教えてもらったのでお伝えします。

 
自己責任で利用していただきたいですが、目安としては信頼性のおける方法だと思います。

 
(※ただし、根拠等につきましては社会保険労務士に必ずご相談ください。この記事を引用して被った被害について一切の責任を負いかねます。自己責任でよろしくお願いいたします。)

 
【最低賃金での月給目安算出手順】

 

① 1年間の労働時間を出します。
② ①で出した数字 × お住まいの地域の最低賃金 (地域別最低賃金額)
③ ②で出した数字 ÷ 12か月

 
ちょっと分かりにくいですか??

では、私のサロンを例に出して、算出してみましょう♪

 
~Hair Room Donicoの場合~

 

①一日の労働時間8時間 × 稼働日数年間276日 = 2,208時間
②2,208時間 × 964円(大阪府の最低賃金 ) = 2,128,512円
③2,128,512円 ÷ 12か月 = 177,376円

 
はい、177,376円という数字が出ました。
従業員に渡している月給がこれよりも多ければ、最低賃金を超えているという事になるし、少なければ最低賃金を下回っているという事になります

 
完全歩合制であってもこの最低賃金は保証しておくことが望ましいです。

 
目安としてこの計算式を覚えておくと役に立つかと思います。
(※2020年4月時点の大阪府の最低賃金で算出しております。)

 
ここから厚生年金や保険関連のお金が引かれた分が、あなたの手元に残るという事です。

 

給料計算をする際の注意点

 
美容師 給料計算をする際の注意点

 
美容師の給料を計算する際に気を付けて頂きたいことがあります。

 
それは以下の項目です。

 

① 有給休暇は休日にカウントしないこと
② 皆勤手当、通勤手当(交通費)は最低賃金にカウントしないこと

 
よくよく考えれば当たり前のことなんですが、結構やりがちなミスなので、あなたのサロンはそのようなミスをしていないのかチェックしてみましょう。

 
就職雑誌や求人誌関係に掲載するときにも、サイトで求人する際にも、掲載する賃金はチェック必須です。

 

スタイリストの給料の平均は298万円

 
最低賃金がどんどん増えていく中で、経営者の普通な叫びが聞こえてくるようになりました。

 
最低賃金が上がるたびにメニュー料金を上げるわけにはいかないですからね。

 
身を切られる思い…分かります。

 
独立して開業するとこういった傷みも経験できるんですよねぇ。

 
経営者人生はハードモードです、トホホ…。

 
スタイリストの一般的な年収は統計では基本給298万円~389万円(月収約24.8万円~32.4万円)であると言われています。
(ここでの数字には、アシスタント、理容師を含みません)

 
専門学校へ行ったのちに国家試験を受けて資格を取得することが必須で、しかも一人前になるまでに様々なノルマや課題を達成したりと、結構大変な職業ながら…決して技術職の割に高給とは言えません。

 
裕福な生活を送るために必要な金額には、届かないでしょう。
一般的な平均給与の詳細については下記ページで詳しく説明しています。

→美容師の給料についてまとめたら驚いた…

 

給料はスタッフの仕事ぶりを評価するバロメーター

 
新聞のコラムにありました。

 

【給与は従業員のモチベーションを維持していくために必要なものであったりするし、“スタッフの仕事ぶりを評価するバロメーター”であったりします。なのでやはり収入に満足しないと従業員満足を満たすことができません。満足してもらえる月給を支払うという事は、ビジネスを成長させていくという事なのです。】

 
かなり的を得ていますよね。

 
しかし反面、経営者の心情で考えると、サロンの存続を優先に考えないといけないので、たくさんの対価を支給したくても、サロンの売上が立たないとなかなか難しいこともあるでしょう。

 
でもこの辺の収入支出のバランスが“経営のセンス”だとすれば、また一考の余地があるのではないかと思います。

 
美容師の給料の計算方法をうまく活用し、あなたなりのベストなバランスを模索してみて下さい。

 
拙い文章にお付き合い頂きましてありがとうございました。