三上 花子三上 花子

40代の美容師で年収について悩んでいる方が多いです。ベテランのヘアスタイリストとなると、同期のライバルもなく、デリケートな質問や相談をする機会も少なくなります。今回はカラーやパーマ、カットの技術を極め、キャリアがベテランの域に達した美容師の収入や老後などについてお伝えしていきます。

 

 

40代美容師の年収は372万円です

 
40代美容師の年収は372万円です

 
40代美容師の年収は平均372万円です。
(美容師・理容師<40代以上>の年収まとめ)

 
月収で言うと、31万円です。

 
年収372万円(月収31万円)という金額が、多いのか少ないのかいまいちピンとこないですよね。

 
参考までに、“世の中の40代の方々がどれくらい貯金しているのか?”というデータも公表されています。

 

40代単身の方の平均貯蓄額の中央値が約25万円
40代家庭の持ちの方で約550万円

 
(出典:金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査(平成30年)」)

 

この貯蓄額の中には、株式、投資信託や保険等も含まれているようです。

 

40代美容師の必要な生活費は月51万円!?

 
40代美容師の必要な生活費は月51万円!?

 
2人の子供がいる4人家族(両親は40代)だと想定して、ひと月にどれくらいの生活費が必要だと思いますか??

 
調査の結果、ひと月に51万円ほど(年間620万円)が必要であると言われています。

 
もちろん食費をかけない家庭や、車や家などの資産の有無、子供にどれだけ投資(塾関連など)をしているかなどによって、もっと少なくなるかもしれません。

 
この数字を見た人の多くは『51万円も必要なの!?』と思われたでしょう。

 
記事の冒頭に40代美容師は平均月収が、¥310,000であるという言うことをお伝えしました。

 
4人家族の構成で考えると、¥200,000が不足します。

 
現代では共働きの家庭が多いのもうなずけますよね。
あなたの周りでも、専業主婦がいるご家庭は少ないのではないでしょうか??

 
とてもじゃないですが、この賃金ではなかなか貯蓄をする余裕はありませんよね。

 

40代の美容師が目指すべき今後の方向性

 
40代の美容師が目指すべき今後の方向性

 
今あなたがどういう現状でサロンワークをしているのか?

 
そして今後どのような展望をしているのか?
という事が非常に重要です。

 
現在どこかのサロンの店舗で雇われているのか?

 
それともサロン経営をしているのか?

 
今後の自分の身の振り方を、できるだけ早いうちに考えておきましょう

 
“出来るだけ早く”と言ったのには、ちゃんと理由があります。

 
お客様は

 

お客様Aさん

『流行りの髪型にしてもらいたい。かわいくなりたい♪』

 
と思って美容室に来ています。

 
どれだけあなたに高い技術があったとしても、一回り以上も年齢が上の美容師にカットしてもらうのは、お客様的にちょっと気が引けますよね(カリスマ美容師として有名であったり、双方に絶対的な信頼感があれば話は別ですが…)。

 
“売り上げのピーク”は、男性女性関係なく30代前半であるという統計が出ています。

 
40代になってくると、指名数もだんだん伸びにくくなる傾向があります。

 
それに仮に独立開業を考えているのであれば、若くて体力があるうちの方が絶対にいいです。

 
これは私も経験してきたので“絶対”と言い切れます。

 
若くて体力があるうちの方が絶対にいい

 
理由はオープンして間もないうちはサロン業務と経営、集客活動をこなすために、相当気力と体力が必要だからです。

 
仮に雇われ美容師で頑張るとしても、歩合制の給料システムなら若いうちでないと入客数はこなせないので売り上げも上がりません。

 
ちなみに転職して職場を変えたいと考えている人にも同じことが言えるでしょう。

 
基本的に年を重ねるほど、どんどん選択の幅が狭まります。

 

年配の美容師が月収50万円をクリアする方法

 
40代の美容師が月収50万円をクリアする方法

 
40代の美容師の年収について今回はお伝えしてきましたが、ちょっと暗めのお話になりました。

 
しかし、あなたが現在40代や50代の美容師で今後の収入について不安があったとしても、安心してください。

 
給料を増やしていけるやり方はいくつもあるんです。

 
新宿や大阪、福岡などの大都会に単身赴任しないといけないとか、大きな企業サロンに勤めないといけないとか…。

 
そんなことをせずとも収入を増やす方法はたくさんあります。

 
“年を取った後でもしっかり収入がとれるように独立して開業する”とか“委託業務をやってみる”ということも一つの方法ですし、例えば“手先の器用さを生かしてハンドメイド商品を作成して、フリマサイトなどで販売する”ような副業をしてもいいですし…。

 
美容師に向けてネットに特化したサービス

 
私がやっているように、美容師に向けてネットに特化したサービスを提供することで収入を作るのもいいと思います。

 
コロナウイルスで休業を余儀なくされている美容院もあるようですが、そういった時にも生活の心配をしなくてもいいように、収入の柱はいくつも持っている方がリスク分散になります。

 
今の時代はちょうどそういった、仕事に対しての戦前からの価値観を改めるタイミングに差し掛かっています。

 
“美容業が好きなのに違う職業に転職”というのは、最後の最後にとる手段です。

 
だってせっかく国家資格を持っているのですから。

 
《シャンプーや下回りの世話で明け暮れたアシスタントの厳しい時代》を耐えてようやく慣れたスタイリスト。

 
様々な工夫と少しの努力で美容業界はいくらでも輝くことができるし、苦難を乗り越えたあなたは“大きく進化した美容師”になることができます。

 
今回は以上で終わります。
拙い文章に最後までお付き合い頂きありがとうございました。