困った美容師男

40代美容師の年収について悩んでます。ベテランスタイリストとなると、同期のライバルも少なく、年収額のようなデリケートな質問や相談ができる機会がありません。40代美容師の年収や老後などについて色々教えて下さい。

 
こういったコメントに対し詳しく解説していきます。

 
✔本記事のテーマ

 

40代美容師の年収は372万円。結婚、老後について考察する

 
✔記事の信頼性

 
私は1人美容室を経営しており、現在サロンワークのかたわらで情報発信をしています。
しかし、常に順風満帆だったのかと言えばそうではなく、
美容師になってからの20年間、何度も挫折し失敗を繰り返し、たくさんの遠回りをしてきました。

独立したての年は、年収が200万円の時もありましたから…。
これまでに経験した失敗や、遠回りした実体験を生かしたアドバイスをします。

 
✔あなたへ前置きメッセージ

 
本記事は、『カラーやパーマ、カットの技術を極め、キャリアがベテランの域に達した40代美容師の年収についての情報が欲しい。』という方に向けて書いています。

 
世間の40代美容師の年収額、賞与(ボーナス)の有無、役職の手当は月額でどれくらい貰っているのか?どれほどの規模のサロンで働いている人が多いのだろうか?
こういった情報は、意外とネット上に掲載されていません。
なので、まもなく40代に突入するサロン経営者の私が40代美容師の年収などについて鋭くメスを入れていきたいと思います。

 
現在20代の美容師でも、年収額が低いあまり、将来のことが不安になることがあると思います。

『40代になった時、私はどんな生活をしているのだろう。年収はどれくらいになっているのだろう?幸せに生きているのだろうか?』と。

そういった方にも、今回の記事を読んでいただいて年収を100円でも多く増やす行動をし、婚活を進めていき、40代に備えて頂けたらと思います。

 

 

40代美容師の年収は372万円【店長も苦しい】

 
40代美容師の年収は372万円【店長も苦しい】

 
40代美容師の年収は平均372万円です。
(→ 賃金構造基本統計調査)

 
月収で言うと、31万円です。

 

疑問美容師男

年収372万円(月収31万円)という金額が、多いのか少ないのかいまいちピンとこないな。

 
3人の家族構成である世帯が生活していくためには、年収450~500万円が必要となります。

 
(→ 店長美容師の年収で家族を養えるか?)

 
そう考えると40代で年収372万円では、生活費が足りません。

 
参考までに、40代の一般的な企業勤めのサラリーマンの平均年収が411万円と言われています。
上場企業や有名な会社に勤務している人と比較するとさらに差が生じます。

 
就職してからも一生懸命練習を続けて、長い労働時間を拘束されていても…。

 
(→ 美容師の練習時間は給料に加算されない!?【損してる人多数出現】)

 
美容師という職業は、平均並みの生涯年収すらもらえる可能性が低いビジネスモデルなんですよね。

 
このデータをもとに考えても、やはり美容師の年収は少ないですね。

 
コチラは別資料になるのですが、“世の中の40代の方々がどれくらい貯金しているのか?”というデータも公表されています。

 

✔ 40代単身の方の平均貯蓄額の中央値が約25万円
✔ 40代家庭の持ちの方の平均貯蓄額の中央値が約550万円

 
(出典:金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査(平成30年)」)

 

この貯蓄額の中には、株式、投資信託や保険等も含まれているようです。

 
では美容師の貯蓄平均ってどれくらいか知っていますか?
驚くなかれ…。

 
2018年の美容師の貯金平均額は約3万です。

 
この平均値は、入社したばかりのスタッフから、フリーランス美容師、トップスタイリストやオーナークラス(45歳以上)といった勤続年数が長く年収700万を超える人たちまでの貯金額の平均値なので、いかにそれ以下の美容師が貯金する余裕がないかが垣間見えてきます。

 
(→ 美容師の貯金平均額は3万ほど。貧困だった美容師の貯蓄術を公開)

 

40代美容師が生活に必要な給料手取り額は月51万円!?

 
40代美容師が生活に必要な給料手取り額は月51万円!?

 
2人の子供がいる4人家族(両親は40代)だと想定して、ひと月にどれくらいの生活費が必要だと思いますか??

 
ひと月に51万円ほど(年間620万円)が必要であると言われています。

 
もちろん食費をかけない家庭や、車や家などの資産の有無、子供にどれだけ投資(塾関連など)をしているかなどによって、もっと少なくなるかもしれません。

 
しかし、この数字を見た人の多くは『51万円も必要なの!?』と思われたでしょう。

 
記事の冒頭に40代美容師は平均月収が、¥310,000であるという言うことをお伝えしました。

 
4人家族の構成で考えると、¥200,000が不足します。

 
現代では共働き構造の家庭が多いのもうなずけますよね。
実際、専業主婦がいるご家庭数はドンドン下降している調査結果があります。

 
とてもじゃないですが、この賃金ではなかなか貯蓄をする余裕はありませんよね。

 
(→ 美容師の旦那の給料で家族が幸せに暮らす事は出来ない【悲報】)

 

40代の美容師が目指すべき方向性【独立で年収700万】

 
40代の美容師が目指すべき方向性【独立で年収700万】

 

今あなたがどういう現状でサロンワークをしているのか?
今後どのような展望をしているのか?

 
一度しっかりと思い返してみましょう。

 

現在どこかのサロンの店舗で雇われているのか?
個人事業主としてサロン運営をしているのか?

 
将来の自分の身の振り方を、できるだけ早いうちに考えておきましょう

 
“出来るだけ早く”と言ったのには、ちゃんと理由があります。

 
お客様は

 

お客様Aさん

『流行りの髪型にしてもらいたい。かわいくなりたい♪』

 
という目的を持って美容室に来ます。

 
どれだけあなたに高い技術があったとしても、一回り以上も年齢が上の美容師にカットしてもらうのは、お客様的にちょっと気が引けますよね(カリスマ美容師として有名であったり、双方に絶対的な信頼感があれば話は別ですが…)。

 
“売り上げのピーク”は、男性女性関係なく30代前半から40代であるという統計が出ています。

 

困った美容師男

男女別で言うと、男性が40歳、女性が35歳ほどでピークが来るみたいだね。

 
(→ 40代美容師が給料40万を手にするために【安定した生活が欲しい】)

 
40代になってくると、指名数や客単価もだんだん伸びにくくなる傾向があります。
どれだけ売上をアップさせようと思っても、歳を重ねるほどに稼ぎにくくなるのです。

 
それに仮に独立開業を考えているのであれば、若くて体力があるうちの方がベストです。

 
(→ 美容師の現実についてあらいざらい暴露する【R18指定】)

 
美容師が独立するなら若くて体力があるうちの方がベスト

 
理由はオープンして間もないうちはサロン業務と経営、新規顧客の集客活動、残業をこなすために、相当気力と体力が必要だからです。

 
仮に雇われ美容師で頑張るとしても、歩合制の給料システムなら若いうちでないと入客数はこなせないので売り上げも上がりません。

 
ちなみに転職して職場を変えたいと考えている人にも同じことが言えるでしょう。

 
押さえておかないといけないポイントは、基本的に年を重ねるほど、どんどん選択の幅が狭まるという事です。

 
(→ 美容師に退職金はあるのか?調査後分かった事実【全俺が泣いた!!】)

 

40代以上の美容師が月収50万円をクリアする方法【年収1000万も簡単】

 
40代以上の美容師が月収50万円をクリアする方法【年収1000万も簡単】

 
40代の美容師の年収について今回はお伝えしてきましたが、ちょっと暗めのお話になりました。

 
しかし、あなたが現在40代や50代の美容師で今後の収入について不安があったとしても、安心してください。

 
(→ 美容師の老後が不安なら必見!!【悲しい現実とリッチな末路の掴み方】)

 

困った美容師女

!?

 
給与を増やすやり方はいくつもあるんです。

 
新宿や大阪、福岡などのサロンを求人誌で探して転職しないといけないとか、大きな企業サロンに勤めないといけないとか…。

 
そんなことをせずとも年収増加を成功させる方法はたくさんあります。

疑問美容師女

そうなの??転職サイトや転職エージェントを使って転職するしかないと思ったよ。

 
“40代以降でもしっかり年収がとれるように独立して開業する”とか“委託業務をやってみる”ということも一つの方法ですし、例えば“手先の器用さを生かしてハンドメイド商品を作成して、フリマサイトなどで販売する”ような副業をしてもいいですし…。

 

女美容師笑顔

なるほど。ダブルワークね♪

 
2019年、2020年とダブルワークを始める美容師が急増しています。

 
2021年以降は美容業界もこういった動きが活発化することが確実視されています。

 
これから美容師を目指す年代の方たちにとって、『稼ぎにくい職業』ではなくなるのは間違いないでしょう。

 

疑問美容師男

とはいえ、どうダブルワークしたらいいか分からないよ…。

 
そういった方に向けて、、美容師と親和性の高い副業を以下の記事にまとめてみました。
興味がある方はご覧ください。

 
(→ 副業のない美容師人生はきっとつまらない【推奨ダブルワーク11選】)

 
長く美容師をしていて、経済的に苦しい日々を過ごしている40代の美容師であったとしてもまだまだ遅くはありません。

 
自分が一番輝ける働き方を模索することをおすすめします。

 
美容師に向けてネットに特化したサービス

 
私のように、美容師に向けてネットに特化したサービスを提供することで収入を作るのもいいと思います。

 

 
コロナウイルスで休業を余儀なくされている美容院もあるようですが、そういった時にも生活の心配をしなくてもいいように、収入の柱はいくつも持っている方がリスク分散になります。

 
(→ 美容師給料がコロナで爆上がりする【2021年~新しい働き方】)

 
今の時代はちょうどそういった、仕事に対しての価値観を改めるタイミングに差し掛かっています。

 
“美容業が好きなのに違う職業に転職”というのは、最後の最後にとる手段です。

 
だってせっかく国家資格を持っているのですから。

 
《シャンプーや下回りの世話で明け暮れたアシスタントの厳しい時代》を耐えてようやく慣れたスタイリスト。

 
様々な工夫と少しの努力でいくらでも輝くことができるし、苦難を乗り越えたあなたは“大きく進化した美容師”になり年収も大きく増えるに違いありません。

 
(→ 【本音】美容師やれ!!給料少ない?関係ねぇ!!理由を教える)

 
今回は以上で終わります。

 
つたない文章に最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 

コメントや問い合わせをしてみませんか?