困った美容師男

専門卒美容師は給料ってどれくらい?勢いで美容業界に飛び込んだけれど美容師をやることがだんだん不安になってきました。色々とアドバイスを下さい。

 
こういった悩みにお答えします。

 
✔本記事のテーマ

 

専門卒美容師は給料に対して大きく夢を持っていい【理由はコレ】

 
✔記事の信頼性

 
私は1人美容室を経営しており、現在月給100万円をコンスタントに稼ぎます。
しかし、美容師になってからの20年間、何度も挫折し失敗を繰り返し、たくさんの遠回りをしてきました。
経験した失敗や遠回りの経験を生かしたアドバイスをします。

 
✔あなたへ前置きメッセージ

 
本記事は、『これから美容業界に飛び込んでいくんだけど、経済的にやっていけるか不安なんです…。』という方に向けて書いています。

 
この記事を読むことで…ネガティブなイメージが付きまとう美容師をやっていけるかどうか不安に考えている人の背中を押します。そして勇気を与えます。

 
おめでとうございます。ぶっちゃけ、美容業界は“当たりの業界”です。あなたが覚悟を持って少し努力をすれば、大企業に勤めるサラリーマンの年収ほどはサクッと稼げてしまいます。詳細はこの記事の中でお伝えしていきます。

 

 
専門卒の美容師さん給料はドンと夢を持ってください♪

 
専門卒の美容師さん給料のことで悩まないで、ドンと夢を持ってください”というタイトルですが、これって何を言ってるかというとですね…。
美容業界って、もっと夢を持っていい仕事ですよという話です。

 
先日読者の方からこんな質問があったんです。

 

『美容師にあこがれて専門学校に通っている学生なんですが、美容師の収入額を知り少し絶望しています。
~中略~
国家資格を取った後にサロンワークを数年やってみて、美容学校の先生になったほうが生活は安定しますよね?アドバイスをお願いいたします。』

 
専門卒の美容師で給料はどれくらい貰えるのかを先生にでも聞いたのでしょうか??

 
この方、まだ10代という若さで、見通しの悪い美容業界の現状を聞いて、就職することに絶望してしまったようです。

 
男性女性関係なく、生涯の仕事とするために“収入”という部分は非常に気になるところですよね。

 
専門卒の美容師さん給料はドンと夢を持ってください♪

 
結論から言うと、“全然心配しないでください”です。

 
美容師で高い年収を稼ぐことは難しくありません

 
平均年収1,000万円どころか、年収数千万円でも可能です。

 
そこの根拠とやり方を含めて、少し掘り下げてお話していきます。

 

専門卒美容師さんへ:美容師の給料と日常はこんな感じ

 
美容師の日常はこんな感じ

 
まずは、美容師の日常を少しお話しておきましょう。

 
まずは一日の流れですね。

 

営業前レッスン

営業(サロンワーク)

営業後レッスン

帰宅

 
一般的な美容師の一日の流れは、ざっくり言うとこんな感じでしょう。

 
就労時間は8時間と言えども、実際の拘束時間は14時間…という方も少なくないと思います。

 

悩める女性C

なかなか自分の趣味に使える時間はなさそうね…。

 
私も入社当時はそうでした。

 
サラリーマンの友人と土曜日に呑みに行くこともできず、とても悲しい気持ちになっていたことを今でも鮮明に覚えています。

 

専門卒の美容師の給料~美容師のフトコロ事情~

 
専門卒の美容師の給料~美容師のフトコロ事情~

 
専門卒の美容師の給料の上げ方をお伝えする前に、軽く給料についてのおさらいをしておきましょう。
美容師アシスタントのお給料の全国平均は約15万円~16万円です。

(→ 美容師アシスタントの給料 “他と比べて妥当な給与なの??”)

 
サロンによって給料体型も違うので、16万円よりも高い給料の所もあれば、安い給料の所もあるかもしれません。

 
しかしおそらく、“いくつものカリキュラムや試験(検定)を経て、合格したら給料が上がるシステム”のサロンが多いでしょうか??

 
美容師スタイリストのお給料は全国平均で20~30万円と大きく開きがあります。

 
歩合給であれば指名客数なども影響してきますし、報奨金、役職の有無によって給料の数字が変動していくからでしょう。

 
給料の金額を聞くと、“あれ?これって確かに多くはないけど、そんなに低すぎるってわけでもないんじゃない??”
と思うかもしれませんね。

美容師の日常はこんな感じ

 
でも美容師さんは一様に“お金がない”と言います。

 
お金が手元に残らないのは、いったいどこにお給料が消えていくからでしょうか??

 
(→ 美容師が低収入は事実。でも稼げないのは嘘。【事実】)

 
一人暮らししている美容師であれば、家賃や水道光熱費を始め、サロンワークで使用する道具を購入します
ハサミやコーム、カラーグローブ、ダッカール等…。

 
そこに加えて、外部講習などに行く際も自分で講習費用を出すことがあります

 
美容師の外部講習は結構お値段も高くて、カット講習でも有名な講師であれば、数十万円するものもあります。

 
美容師さんは流行を追いかけないといけない職業でもあるので、ファッションにもお金がかかりますよね。
これを聞くと、色々なところにお金が出ていきまくるので、お金が残らないというのもイメージができるかと思います。

 

本当に美容師の給料って安いのだろうか??

 
本当に美容師の給料って安いのだろうか??

 
私の持論ですが、先ほど挙げたお金をかけていく部分って、ある意味自分の未来への投資だと思うんですよね。

 
自分に価値のある投資をしていきつつ、指名して下さるお客様をコツコツ増やして続けるという事が一見遠回りには見えますが最短ルートなのです。

 
しかし、そうは言えども“収入が少ない”から美容業界を去っていく方もいらっしゃいます。

 
私もお金がないことに苦しんだ時があったので気持ちはよく分かります。

 
だからもっと前向きな解決策というのをお話していきましょう。

 

専門卒の美容師が給料上げるならコレ~自分の価値を高める~

 
専門卒の美容師が給料上げるならコレ~自分の価値を高める~

 
自分の価値をアップさせる”これに尽きると思います。

 
これができたら、仮に職場が無くなったとしてもどこのサロンでも成功することができます。

 
求人誌を見て職場を探さずとも、向こうからスカウトが来るような美容師になれたら最高ですよね。

 
では、より具体的に深掘りしてお話していきたいと思います。

 

自分にしかない武器を模索する

 
専門卒の美容師が給料上げるならコレ~自分の価値を高める~

 
専門卒の美容師が給料を上げるためには、まずは売り上げを作るという事が必ず必要です。

 
そして売上を作っていくために“美容師としてもっととんがっていく”という事をしなければなりません。

 
それもできるだけライバルがいない分野でとんがっていくという事です。

 
例えばカットをどれだけ練習しても、“なかなか到達できない次元”というものが存在します

 
長年先頭を走り続けているバリバリのカリスマスタイリストに追いつこうと思ったら、それこそ大変な練習量が必要です。

 
高いセンスも必要となるでしょう。

 
もちろん“技術の向上”を追い続けるという事は、美容師としてはカッコいい生き方だとは思います。

 
ただそれって“コスパの悪い美容師としての生き方”であると私は考えます。

 
じゃあ、どうするのか??
あなただけの武器を考えるべきであると思います。

 
例えば、モノマネが旨くてお客様をそれで楽しませることができる、話術が長けている、癒しオーラが半端ない、気遣いが他の人と明らかに違う…とかですね。

 
さまざまな資格を取得してもいいですよね。

 
色彩検定の資格を持っているとか、サービス介助士の資格を持っているとかもライバルと差別化できますよね。

 
もうとにかく何でもいいと思うんです。

 
“モノマネと言えば、私が通っている美容室に中村さんて人がいてね…。めちゃくちゃモノマネが面白いんだよ。”

 
モノマネが面白い

 
とか口コミがドンドン広がるし、実際来店されてからさらに気に入ってもらえば指名客になる可能性は激高なわけです。

 
この時点ですでに“ただの美容師”ではないでしょ。

 
要は、バリバリのカリスマ美容師が持っていないもので勝負することが、そういった人たちに勝ち続けるコツだと思います。

自分の武器を持つことのもう一つのメリットとして、“自己肯定感”が生まれることです。

 
“自己肯定感”が生まれると、技術中、接客中、普段の立ち振る舞いでも、イキイキと自信に満ち溢れて見えるんですよね。

 
これは美容師をするにあたってとても強力な武器になります。

 

スキルを身に着ける

 
スキルを身に着ける

 
これはある程度美容師としてスキルを高め、給料の伸びしろも無くなった方へお勧めしたいことですが、新しくスキルを身に着けるという事です。

 
私がおススメしたい“2020年以降にも大きく収入につながるスキル”をいくつか挙げておきます

 

・ ハンドメイド商品
・ プログラミングスキル
・ 動画編集スキル

 
特にパソコンスキルというのは、サロン経営に不可欠なものとなっていくので、今から勉強しておくことが大切であると思います。

 

専門卒美容師が最短で給料を上げていくなら、貯金でなく投資が大切

 
貯金ではなくて投資が大切

 
お金はとても大事です。

 
なので生活していく中で、できるだけ余計な出費、無駄遣いは減らしましょう

 
しかしお金を使わないことに執着しすぎる事はあまりすすめません
これは賛否両論あるかと思いますが…。

 
私の持論では…と先に言っておきます。

 
お金を持つことよりも、お金の作り方を知っていることの方が大きく価値を持つ時代がすぐそこまで来ています。

 
現在は激動の過程である世界情勢ですが、1万円のお金の価値が100円になったりする可能性もあるわけです。

 
貯金は私たちの将来を約束してくれるものではありません

 
だから貯金は私たちの将来を約束してくれるものではありません。

 
貯金をするのではなく、未来に向けて自分にドンドン投資をするべきです。

 
例えば英会話教室に通うとか、パソコン教室に通うとかですね。

 
お金は使うと無くなるし、価値が無くなることもありますが、身につけた教養やスキルは一生涯あなたを助けてくれるものとなります。

 
“貯金は0だし、サロンの仕事も失ったけど、お金を作るスキルをいくつも持ってるよ。”という人が強いのは説明するまでもありませんよね。

 

大企業の社員にだって収入で勝てる

 
大企業の社員にだって収入で勝てる

 

悩める女性C

毎月100万円以上、年収1000万円以上を稼ぐ大企業の社員はいいなぁ…。

 
あなたもそう思うかもしれません。

 
私たちの最終学歴は“専門学校”であり、確かに有名大学卒業ではありませんが、この事実に引け目を感じないでください。

 
そして給料が少ないことに対して『今の職場の給与体制が悪い』と考えないでください。

 
大きく稼ぐために、すぐに独立開業も必要ありません。

 
店舗をたくさん経営する必要もありません。

 
キャリアもそんなに意味のあるものではありません。

 
目の前にすぐに出来る事がたくさんあるのです。

 
自分次第でどうとでもなる、ある意味において自由な職業

 
結局は、自分次第でどうとでもなる、ある意味において自由な職業が“美容師”なんです。

 
なのでそこをチャンスととらえて、うまく自分をプロデュースしてください。

 
未来の美容師たちもあなたの背中を見ていますよ♪

 
以上で終わります。
拙い文章に最後までお付き合いありがとうございました。