困った美容師男

美容師の売り上げで年収1000万を実現させるって相当難しいのかな?今は雇われ美容師だけどどゆくゆくは収入を上げるために独立したいとも考えています。色々とアドバイスが欲しいです。

 
こういった疑問や悩みにお答えします。

 
✔本記事のテーマ

 

美容師が売り上げ関係なく年収1000万にした全く新しい働き方

 
✔記事の信頼性

 
私は1人美容室を経営しており、現在月給100万円をコンスタントに稼いでいます。
しかし、美容師になってからの20年間、何度も挫折し失敗を繰り返し、たくさんの遠回りをしてきました。
これまでに経験した失敗や、遠回りした実体験を生かしたアドバイスをします。

 
✔あなたへ前置きメッセージ

 
本記事は、『あまり売り上げが無い美容師だけど、年収1000万が欲しい。』という方に向けて書いています。

 
私は美容師が年収を上げるためには、独立開業が最短で正しい道筋であると考えています。しかし今後の美容師の働き方を考えると、雇われ美容師でも収入を上げる可能性は多く残されています。この記事を読むことで、雇われ美容師でも自ら稼いでいくための方法というものを学ぶことができます。

 
私自身、サロンワークをしながら様々な発信活動を行っています。
そうすることで、様々な収入源を作ることができ安定した生活を送ることができるようになったのです。
今の時代、若い美容師にもそういった可能性が開けています。
うらやましい限りです。
私もあと20年若かったらと思います…。

 

 

美容師が月間売り上げを200万にしたら、年収1000万になる

 
美容師が月間売り上げを200万にしたら、年収1000万になる

 
美容師は月の売り上げを、いくら上げれば年収1000万になるのでしょうか??

 
結論から言いますと、指名客数の売り上げが200万円以上になれば、年収1000万円を超えると言われています。

 
何度もリピートしてくれるお客様を少しずつ増やしていくことが、売上をアップさせるための最短ルートになります。

 
実際にひと月で200万円の売上げを作るのはどれほどの難易度になるのでしょうか?

 
状況別で解説していきます。

 

美容師が売り上げを1000万にする方法(状況別)

 
美容師が売り上げを上げて年収1000万円を稼ぐ難易度はあなたの現在の状況によって大きく変わります。

 
以下よりサロン内での立ち位置別の年収1000万円を稼ぐ難易度を解説していきますが、美容師アシスタントは“自分で数字が作れない”というビジネスモデル上年収1000万円を稼ぐことはほぼ不可能なので除外します。

 
スタイリスト以上の立ち位置を前提にお話していきます。

 

雇われ美容師

 
美容師が売り上げを1000万にする方法(状況別)

 
雇われ美容師で年収1000万円を稼いでいる人は全体の1~3%と言われています。

 
美容師の売り上げで年収1000万円を達成するという事は、現実的に難易度が相当高いという事になります。

 
1ヶ月(稼働日数25日)の売上げを200万円にするなら…

 
1日の売上げ目標8万円になります。

 
客単価が8000円だとしたら、1日に必要な客数は10人となります。

 

疑問美容師男

集客がうまくいって、お客様が来てくれさえすれば達成できそうだな♪

 
サロンの一日の平均客数をご存知ですか?

 
以下をご覧ください。

 

平日の1サロン当たりの平均客数は10.0人となっている。
次に、平日の1日平均客数別施設数の構成割合をみると、「5~9人」が33.0%と最も高く、次いで、「0~4人」が、23.6%、「10~14人」が、22.5%となっている。
また、全体の56.6%の施設では、1日平均客数が10人未満となっている。
(美容業 結果の概要|厚生労働省より抜粋)

 
サロンの1日の平均客数が10名…となっていますが、これは複数の美容師がいるサロンも含まれています。

 
例えば常時5名で働いている美容院であれば、一日で10名のお客様が来店されたとしても、美容師1人当たりの客数は2名となります。

 
1日の担当客数を10人こなすというのはかなり難しそうですよね。

 
自分の技量はもちろん、稼げる環境(サポートしてくれるスタッフがいる。お客様がたくさん来てくれる。高単価メニューがある。etc…)に身を置いていることなどの条件がそろった時に月間売り上げ200万円が見えてくると言えるでしょう。

 
もう一つ年収1,000万円を達成できる方法があります。

 
それは美容師として発信活動をしながら、収益を得ていくいわゆる“副業”を始めるという事です。

 
そこについては、記事の最後に詳細をお伝えしていきます。

 

フリーランス美容師、経営者

 
フリーランス美容師、経営者

 
フリーランス美容師に関しては、月間200万円の売り上げを上げる事は実はそんなに難しくはありません。

 
なぜか?

 
それは自分の働き方や値段を自由に決めることができるからです。

 
実際にカット料金を¥77,000に設定しているフリーランス美容師もいます。

 
(→ 美容師で稼いでる人、ほぼフリーランスな件【悲報】)

 
地域性や客層、自分に向いている働き方スタイルを考慮しながら、サロンワークができるので、月間200万円を達成しやすいという事です。

 
そもそもフリーランスの給料は、働けば働いた分だけお金が手元に残る“歩合給”制度になります。

 
なので仮に毎月200万円以上を稼がなくても、年収1,000万円を達成することができるでしょう。

 
これは経営者にも同じことが言えます。

 
1人でサロン運営していたとしても、毎月150万円ほど売り上げがあればそこから諸経費を引いて手元に100万円ほどが残ります。

 
その計算で行けば年収1,000万円に到達します。

 

雇われ美容師が今の売り上げで年収1000万円にする方法

 
雇われ美容師が今の売り上げで年収1000万円にする方法

 
2020年以降の美容師の働き方として、“サロンワーク&ブランディング”がテーマとなっていきます。

 
ブランディングというものは、個人で様々な情報を発信しながら、自分自身に商品としての付加価値をつけていくことです。

 
現代の美容業界では、オンラインの発信活動を無くして成立することはあり得ません。

 
『発信活動はしてないけれども、チラシは配ってるよ』

 
というサロンは今後ドンドンと廃業に追い込まれていくことになります。

 
そういった発信プラットホームに、個人のブログサイトを持つことを強くおすすめします。

 
理由は以下の通り。

 

忙しい美容師が“空いた時間を活用してできる”というスタイルである。発信活動(ブランディング)をしながら、シャンプーなどの物販もできるので、サロンワーク以外での収入源もできる。

 
《人生100年時代》がすぐそこまで来ています。

 
“美容業を引退してからの20年間以上をどう過ごそうか”と胸をワクワクされているかもしれませんが、サロンワーク1本の収益に頼っていては、間違いなく老後の生活は困窮してしまいます。

 
『今から老後の資金を貯めるから大丈夫だよ。』

 
いえいえ、それは絶対に不可能であると断言します。

 
老後も好きなことをしながら、悠々自適な生活をしていけるほどの蓄えをしていこうと思ったら、最低でも月収60万円は稼いでいかないといけません。

 
美容師の平均月収は25万円です。

 
(→ 美容師の平均給料は月25万円。貧困まっしぐら。)

 
という事は美容師の大半は、老後の蓄えをしていくことはできないという事を意味しているのです。

 
『そんなことないでしょ?だって先輩もそんなこと悩んでないよ?』

 
これまでの日本は真面目に仕事をしていれば、老後も最低限の生活が保障されていました。

 
しかし、現在の日本の状況はどうでしょう。

 

年金制度は破綻寸前…。
失業率の悪化、廃業率の増加…。
若者の自殺率世界で1位。

 
国は戦後最大の災難に見舞われています。

 
しかし最大の悲劇はそれではありません。

 
あなたの周りにいてアドバイスをくれる人たちが、『日本の良い時代』しか見てこなかった人たちばかりという事です。

 
そんな人たちの思考や言動にどっぷりつかっている私たちは、辛い現実から目を背け盲目になっています。

 
時代や景気の流れに沿った、“新しい美容師の働き方”を意識して日々のサロンワークに取り掛かりましょう。

 
自分の発信プラットホームを持つことに興味がある方は以下よりどうぞ。

 

 
今回は以上で終わります。

 
拙い文章に最後までお付き合いいただきありがとうございました。