困った美容師女

なぜ美容師の給料は低いの?給料が低い原因が分かれば対策を打てるかな?教えて下さい。

 
こういった疑問にお答えします。

 
✔本記事のテーマ

 

美容師の給料が低いのはなぜかを知らず働いてる!?【社蓄に目覚めのススメ】

 
✔記事の信頼性

 
私は1人美容室を経営しており、現在まとまった月給をコンスタントに稼いでいます。
しかし、美容師になってからの20年間、何度も挫折し失敗を繰り返し、たくさんの遠回りをしてきました。

雇われていたときは、低い給料で苦しんだ経験もあります。

これまでに経験した失敗や、遠回りした実体験を生かしたアドバイスをします。

 
2017年よりブログ活動スタート → サイト利用者絶賛増加中(感謝感謝)。

 
✔あなたへ前置きメッセージ

 
本記事は、『なぜ雇われ美容師の富豪は生まれず、低い給料に悩まされるのか?サロンワークは毎日忙しいのになぜか給料が低い。どこにお金が流れているのかを知りたい。』という方に向けて書いています。

 
美容師はみんな“給料が低い現実”に苦しんでいます。しかしなぜ美容師の給料が低いのかを理解している人は少ないと思います。この記事を読むことで…どうすれば給料が低い現状を変えれるかを理解できます。

 
美容業界に入った当初から、美容師の低い給料に『なぜ?』と疑問を持ち続けていました。
しかし実際に経営者になったら、色々な事情が見えてきました。
『なぜ給料が低いのか。』の理由を、美容師みんなが把握しておいた方がいいと思い記事にしました。
なぜ美容師の給料が低いのか…現状の問題を把握しておかないとサロンワークの中での創意工夫が生まれませんからね。

 

 

なぜ美容師の給料は低いのか?理由は2つ【年収1000万スタイリストが解説】

 
なぜ美容師の給料は低いのか?理由は2つ【年収1000万スタイリストが解説】

 
美容業界を知らない人の大半はこう考えています。

 

悩める女性C

美容室って、飲食業と違って“材料の廃棄”がないからいいね。なぜってカットは薬剤使わないし、まるまる利益になるわけでしょ。美容室って利益率で考えたらものすごく高いよね。という事は給料も高いんだろうね。

 

悩める女性B

アパレル関係は仕入れが難しいの。なぜならデザインに流行があるから売れ残るとマズイ。売れ残った商品はバーゲンや福袋などで無理やりでも販売しないといけない。美容室はそういったリスクも低いからうらやましいわ。

 
確かにこの考えは間違っていません。

 
では、美容業界はとても儲かっていて、美容師はものすごい額の給料をもらっているのでしょうか??

 
結論を言ってしまうとそうではありません。
美容師全体の8割~9割は“低い給料”に頭を悩ませています。

 
美容師の平均年収は280万円であるという公式データが出ていますので、それを元に解説していきます。

 
他業種の平均年収が436万円なので、年間で150万円以上の給料差があるとお伝えすれば、“美容師の給料がいかに低いか”という事を信じて頂けるかと思います。
150万円の差は、もちろんボーナスを含めた値なのですが、月収にすると10万円以上の差があるわけです。

 
(→ 美容師の給料を手当で爆上げる時代キタ~!!【知らずは損】)

 

疑問美容師男

では、美容師は低い給料で我慢させられて、経営者が一人で儲かってるの??

 
それも違います。

 
根拠をお伝えします。
下の図をご覧ください。

 

 
2019年の理容業と美容業の倒産件数が119件となっています。

 
2018年の倒産件数と比べると8%以上増加しています。

 
そして2019年の倒産件数119件というのは、30年間で見ると過去最多の数字となっています。

 
2016年の倒産件数26件から年々増加しているというのは、見逃すことができないキビシイ事実です。
(→ 東京商工リサーチのデータ)

 
2020年以降も倒産件数は、増える事が確実視されています。

 
ではなぜ美容室が倒産するのでしょうか?原因は何でしょうか?

 
調査の結果は以下の通りです。

 

1位 : 販売不振 81.5%
2位 : 赤字累積による既往のしわ寄せ 12.5%
3位 : 運転資金の欠乏 5.0%

 
あなたは、こんな美容室を見たことがありませんか?

 
“お客様が結構入って繁盛している美容室”なのに倒産しているパターン

 
なぜこういったことが起こっているのでしょうか?

 
利益が生まれる図式は以下の通りです。

 

売上 ー 経費 = 利益

 
売上がまるっと手に入るというわけではなく、その売上を上げるためにかかった経費を差し引くと手元に残る利益が導き出されます。

 
流行っているのになぜか倒産する美容室は、単純に毎月のランニングコストの負担が大きすぎるといったことが起こっているのでしょう。

 
では次に、毎月かかる諸経費について深掘りしていきます。

 

美容室運用のための固定費がめちゃくちゃ大きい

 
美容室運用のための固定費がめちゃくちゃ大きい

 
固定費というのは、売り上げがあるなしに関わらず、必ず毎月支払わないと受けない出費の事です。

 
美容室を運用していくうえでは様々な経費が必要になります。

 
どういったものがあるかというと…。

 

人件費
地代家賃
水道光熱費
材料費
通信費
消耗品
広告宣伝費
etc…

 
他にもありますが、これが一例です。

 
これらが経営を圧迫し、美容師の低い給料を生み出す要因の一つです。

 
美容室が目指す売り上げ目標は、大きければそれに越したことはありませんが、まずはこの毎月の固定費の数字を超えることが経営する上で最低条件になっています。

 
固定費を超えた数字になって、初めて利益になります。

 
利益を増やす方法として、基本的には二つの考え方があります。

 

① 売り上げを増やす
② 出費(固定費)をできるだけ抑える

 

女美容師ウインク

入ってくるお金を増やしながら、出ていくお金を減らす。
この意識を持って、スタッフ全員が日々のサロンワークに向き合うことが大切ですね。
その日々の積み重ねで“低い給料”が改善されていくのね。

 
特に私の場合は、薬剤とか設備とか何でもこだわっちゃってお金がかかり過ぎちゃうものですから、開業当初は全くお金がまったく手元に残らない時期もありました…。

 

集客をするために相当な費用がかかる

 
集客をするために相当な費用がかかる

 
まずはお客様に来ていただかないと売り上げを上げる事はできません。

 
だからお客様に足を運んでもらうために、お金をかけて宣伝をします。

 
サロンの宣伝をする際にかかる費用が“宣伝広告費”です。

 
どういった宣伝方法があるかというと、ホットペッパーなどの広告代理店にお金を支払って冊子に紹介記事を載せるパターンや、チラシを作成してポスティングやハンティング、新聞に折り込みチラシとして入れる…などのようなものがあります。

 
あなたがカウンセリングの際に使用するヘアスタイルのカタログも、美容室側が出版社にお金を支払って、雑誌にスタイルを掲載してもらっています。

 

疑問美容師男

経営者は、毎月どれくらいの宣伝広告費を使っているの?


全体の73%のサロンは、売り上げ額の約15%~30%を広告宣伝費に使っているというデータがあります。

 
しかし健全な経営をしていこうと考えたら、広告宣伝費にかける金額は売り上げの10%未満で抑えるべきです。

 

男美容師ウインク

低い広告宣伝費であればあるほど、手元にお金が残るね。

 
広告宣伝費と人件費は、経営を圧迫する双頭になっているのです。

 

年収が高い表参道美容師は全員やっている『集客に必要な行動』

 
年収が高い表参道美容師は全員やっている『集客に必要な行動』

 
先ほどもお伝えしたとおり、利益と言うものは…

 

売上 - 経費

 
ということになります。

 
なので広告宣伝費もできるだけ低い金額に抑えつつ、集客をしなければならないわけです。

 
低い金額で集客…具体的にどうやればいいのか?

 
一例を出すと次のようなものです。

 

口コミ
SNS

 
美容室経営をする上で、ぜったいに軽視できないのが口コミです。

 

疑問美容師女

なぜ、口コミが大事なの?

 
なぜなら見込み客は、ネット上などで利用者の体験談を見て美容室の判断をするからです。

 
美容室の口コミはどんなものについて書かれているのかというと

 

スタッフについて
技術について
店内の清潔感や内装について
設備について
料金について

 
などです。

 
結局いい口コミを増やすためには顧客満足を追求しないといけない

 
顧客満足を上げていくためには、満足させられる技術力はもちろんのこと、お店の内装や設備を良いものに変えたり、クリンネスを徹底するなども必要です。

 
そのためには資金がともなうわけですが、言うまでもなくこれらは必要な投資です。

 
そしてSNSは、美容業界においてはマストツールです。

 
今や“国民の8割が何かしらのネットワークシステムを利用している”というデータがあります。

 
もはや生活とは切り離すことができなくなったネットワークシステムを集客に使わないということは、集客力の低いサロンと言っても過言ではないのです。

 
しかも、LINE、フェイスブック、ツイッター、インスタグラムなど、無料で使えるものがたくさんありますので、できるだけお金をかけないように集客するためにも活用していきましょう。

 

美容師の給料手取りが安いのはなぜか?知ればすべきことはシンプル

 
美容師の給料手取りが安いのはなぜか?知ればすべきことはシンプル

 

美容室は貧しい。なぜなら毎月の固定費が大きいから。そしてその固定費の中でも、広告宣伝費の負担が大きい。

 
と言うお話をしました。

 
しかしこれって広告代理店が悪いと言うお話ではありません。

 
広告代理店などの媒体を使わないと、お客を集めることができない“集客力の低い美容室”だから悪いのです。
そもそもあなたが集客できるスキルを持っていれば広告代理店に大金を持っていかれる必要もないわけです。

 
美容師の低い給料を増やそうと考えたときに、考えるべきことは…。

 

どうやって利益を大きくしていくかという事

 
お金を残す方法をまとめると…

 

✔ スタッフの能力を上げる
✔ 集客効率を最大化する
✔ 経費を削減する

 
以上の3つです。

 
このように細分化していくと、個人で取り組むべき課題も見やすくなります。

 

・ カウンセリングの際に、様々な提案ができるようにカルテを見て、お客様と話すことを事前に準備しておく
・ 薬剤の無駄遣いをしない
・ お客様の口コミへの返答をより丁寧に行っていく

 
やれることはたくさんありますよね。

 
思いつくことは、全て紙に書き出して、難易度の低いものから一つ一つクリアできるように協力していきましょう

 
それが美容師の低い給料を上げる近道になるのです。

 

美容師自身が“低い給料問題”を解決する意識を持つ【年収600万700万は可能】

 
美容師自身がお金を作る意識を持つ【年収600万700万は可能】

 
これまでの美容業界は、経営者がお金を出して集客し、従業員がさばく…というような図式がセオリーだったわけですが、それらの傾向はだんだんと崩れています。

 
なぜなら集客力を兼ね備えた美容師が求められ始めているからです。
集客力の低い美容師はドンドン淘汰されていくようになります。

 
例えば、Instagram、YouTube、ブログで個人ブランディングに成功した美容師がどんどん生まれています。

 
そこからファンになったお客様はその美容師めがけて足を運びます。

 
経営者も、世間に対して影響力を持つ美容師を欲する傾向になっていくでしょう。

 

男美容師ウインク

“影響力、集客力をもった美容師”になればいいんだね。

 
サラリーマンが務める会社の商品は物や情報であったりしますが、美容室の商品はアシスタントやスタイリストそのものです。

 

疑問美容師女

え?なぜ?美容室の商品ってカット技術とかシャンプーなどのヘアケア商品じゃないの?

 
それらも商品の一部ではありますが、お客様は『信頼できる美容師からサービスを購入したい。』という気持ちを持っています。

 
美容師の質がサービスや商品の良さを担保していると考えたら、美容師そのものが商品と見れます。

 
例えば…薄毛で悩んでいる男性のお客様がいるとします。
育毛剤コーナーで頭皮のダメージ比較画像や効果をポップを見るわけですが、これでは購買意欲は低いままです。

 
しかし、30年間通い続けている美容室の、信頼できる担当美容師Aさんに

 

男美容師ウインク

そろそろ育毛剤をつけてた方がいいんじゃないかな。この育毛剤をつける前と3ヵ月後の比較写真がこれ。あなたは肌質が少しオイリーだしこの育毛剤がバチっと合いますよ。

 
と育毛剤を薦められたらどうでしょう?
よほどお金がないか、ひねくれていない限り『購入したい』と考えるはずです。

 
商品価値を上げるという事は、美容師自身が影響力や技術力を上げていき、そのうえでお客様との信頼関係を築いていくことに他なりません。

 
言い換えれば、美容師は“個性を前面に出さなければいけない職業”なのです。
その辺にいるような美容師と同じようなキャラを作ったところで、お客様は低い価値しか感じてくれないのです。

 
個性を持つ美容師になることで間接的に給料も増えていきます。

 
インフルエンサー美容師が、“安い給料に悩んでいる”イメージってないですよね。

 
【集客力を持つ美容師になるメリット】

 

・ どこでも務めることができる(転職が有利)
・ 美容師の常識を超えた給料を手にすることができる
・ 影響力を持つことで、他ビジネスに横展開することができる
・ 独立した際にも、集客に困らない

 

困った美容師男

ブランディングの重要性は分かったけど、でもそれって難しいのでしょう?ボクの低い知識でできるかな?

 
ブランディングは難しくありません。

 

・ 自分の世界観を発信し続ける事
・ そして見てくれる人に有益な情報を発信し続ける事

 
これらを、拡散されやすい工夫を行いながらやれば、誰にとってもブランディングの難易度は低いのです。

 
ただ、一つ難しいことがあるとすれば…。

 
継続し続ける事

 
発信を始めて1週間や1か月ぐらいで成果は出ません。

 
そこに絶望してやめてしまう人が9割以上なのです。

 
確かに長くやり続ける事で必ず成功する保証はありません。

 
しかし短期間で結果が出ずに辞めてしまうという事は、それこそ成功する確率は限りなく低いものになってしまいます。

 
それこそ時間の無駄遣いになってしまいます。

 
(→ 美容師が給料を査定をしたら驚きの結果が【衝撃の結末】)

 
自分でお金を生み出せる美容師になろうと考えたら、一つの物事を継続することが成功の原理原則です。

 
サロンに頼りっきりな美容師が悪いとは思いませんが、あなた自身の将来のために一つステップアップすることを視野に入れておいてください

でないと、生涯“安い給料の問題”から抜け出すことはできないでしょう。

 
あなたを求めて来店されるお客様が増えたら、歩合給が増えます。

 
そうなれば、美容師の8割が持っている“低い給料の悩み”も必ず解決に向かう事でしょう。

女美容師ウインク

給与を増やしたいなら、まずは指名して下さるお客さんを集めないといけないね。

 
自分の技術に自信があるのであれば、フリーランス美容師という働き方もおすすめです。

 
集客、接客などを全て自分で行う必要があり固定給といったものがないので、仕事がなければ給料も無くなるわけですが、ファンを集めることでいくつも店舗を掛け持ちせずとも際限なく稼いでいくことができます。

 
繰り返しになりますが、発信活動の良いところはそれだけではありません。

 
副業収入というものが期待できます。
ファンが増えていけばそこで商売を始めることもできるのです。

 
応用すればそこから美容院への求人や、カラーモデルなども募集することもできます。

 
お金がほとんどかからないのでリスクも少なく、年齢や知識、資格の有無なども関係ないので、どんどんトライしてみましょう。

 

困った美容師女

何をどう始めたら分からないな…。

 
こういった方は、お気軽にお問合せ頂ければアドバイスいたします。

 
お問い合わせはコチラから。

 
今回は以上で終わります。

 
つたない文章に最後までお付き合いいただきありがとうございました。