次へ
疑問美容師女

美容師の給料や年収ってどれくらい?地方と都市にも給料や年収の差ってあるのかな?経済的な不自由はできるだけしたくないから解決策があれば教えて頂けませんか?

 
こういった疑問に対して回答をお届けします。

 
✔本記事のテーマ

 

美容師の年収は320万程度。給料で苦しむか否か【手取りを増やす働き方】

 
✔記事の信頼性

 
私は1人美容室を経営する男性スタイリストで、サロンワークの収入と副業収入でまとまった年収をコンスタントに稼いでいます。
しかし、常に順風満帆だったのかと言えばそうではなく、
業界に入ってからの20年間、何度も挫折し失敗を繰り返したくさんの遠回りをしてきました。
これまでに経験した失敗や、遠回りした実体験を生かしたアドバイスをします。

 
✔あなたへ前置きメッセージ

 
本記事は、『給料や年収に対して悩みや不安を持っている方に対してどういったマインドと方法で取り組めば給料や年収が上がるのか』を伝えていきます。

 
この記事を読むことで…給料や年収の少なさに悩んでいる美容師が問題解決する方法を知ることができます。

 

美容師の安い給料どうにかならない?手取り増やす方法教えます

 
美容師の安い給料どうにかならない?手取り増やす方法教えます

 
美容師の年収は320万ほどだと言われています。

 
毎月の給料にしておよそ26、27万ほど。

 
実際にこの数字だけ見ると給料がよさげに見えるんです。

 
この年収320万という数字…。

 
入社したばかりのアシスタントから業界30年の大ベテランや、サロン経営をしているスタイリストまで幅広い年収の平均値なんです。

 
“儲からない”と言われている美容師の全体の5~8%程度は、年収600万円を超える高所得者だったりします。

 
残りの9割以上は、良くて年収300万円ほど。
悪ければ年収150万円ほどの人も存在するのです。

 
その年収額を聞いたら、生活事情はかなり厳しいという事が想像しやすいかと思います。

 
しかも…。

 
仕事中に使用する道具なども自腹で購入する必要がありますし、未熟なうちはお金を払ってセミナーや勉強会に参加しないといけない…。

 
こういったものを少ない給料から使っていたら、手元に残る金額なんかスズメの涙ほどです。

 
あと美容師って遊んでいるイメージがありますが…業界に残るのは真面目で遊びまわらない人だけ。
遊びたいと考える人はすぐに他業種へ転職する。

 
私は真面目に業界に残った美容師こそ、経済的にも裕福になるべきだと考えています。

 
(→ 資格職である美容師の給料について現役経営者が暴露する)

 
ここだけの話…。
実は給料や年収を上げるズルい方法がある。

 
まずは年収の厳しい現実をシェアし、気分を高めたところで給料の稼ぎ方をお伝えしたいと思います。

 

歩合制給料になれば美容師は報われるのか?【手取り少ないアシスタント絶望】

 
歩合制給料になれば美容師は報われるのか?【手取り少ないアシスタント絶望】

 
アシスタントのうちは、できる技術も少ないため給料は固定制になっています。

 
アシスタントの平均給料は月収にして15万~19万(年収180万~年収220万)ほどだと言われています。

 

困った美容師女

朝早くから夜遅くまで働いてこの給料じゃ少ないね。

 
はい。時給換算すると、余裕で最低賃金を下回るかと思います。

 
(→ 美容師アシスタントの給料は15万円前後【修羅の職】)

 
私もアシスタント時代には、毎月お金のやりくりが大変で月末にはいつも小銭をせっせとかき集めていました。

 
しかし何で年収が低いことを知っていて、辞めずに耐え抜くことができたのでしょうか?
それは、『歩合給』に夢を見る事が出来たから。

 
『確かに今は年収が低い。でも技術が上達して指名客が増えたら給料も年収もガツンと上がるはずだ。それまでの辛抱だ。』
その気持ちだけで頑張りぬくことができたのです。

 
そして数年後スタイリストになります。

 
結論から申しあげるとスタイリストになった後も、生活は相変わらず厳しかったです。

 
給料は月に2万~5万ほど上がりましたが、スタイリストになるとシザーなどの消耗品などを買わなくちゃいけなかったし、様々な有料セミナーなんかにも参加しなくちゃいけない。

 
当時、私は実家暮らしだったので、寝る場所と食べ物に困ることは無かったですが、地方から出てきて1人暮らしをしていた同僚は生活に行き詰りドンドン退社していきました。

 
これは私の周りだけに言えるのではなく、日本中の美容師が給料や年収について、悲しい経験をされていると思います。

 
なので、『スタイリストになれば給料が上がって、苦しい生活とお別れできる』なんて甘い考えは捨てた方がいいでしょう。

 

美容師給料明細を見るたびに涙ホロリ【表参道スタイリストすら厳しい年収】

 
美容師給料明細を見るたびに涙ホロリ【表参道スタイリストすら厳しい年収】

 
私は南九州の出身で、いわゆる“田舎者”だったんです。

 
地元の美容室で話を聞いてると“田舎は給料が少ないから、この業界で働きたいなら都会に出るとイイよ。”と言われていたのです。

 
なので“あぁ、そんなもんなんだ。”と思い、何となく『高い年収が欲しいなら都会に出なくちゃ。』と思っていたんです。

 
そして色々ありながらも大阪のサロンに就職…。
実際に給料をもらったら、まぁ少ない額なんです。

 
まだまだ世間一般の平均年収なんて余裕で下回ります。

 
スタイリストになっても手取りで12万…。
“あれ?なんか想像してたイメージと違う…。あまり年収も増えないし…。”

 
両親などのサポートを受けつつ、なんとか辞めずに続けることができました。

 
25歳スタイリストの時点で給料が22万円くらいにまでなりはしましたが…。

 
美容師って仕事に使う道具など全部自腹なんですよね(私の勤めていたサロンはそうでした)。

 
給料22万円もらっても仕事道具や、シザーのローンを払っているとやはり15万円ほどしか手取りが残らないわけです。

 
私には東京表参道でスタイリストをしている友人がいます。彼に聞いてみました。

 
“表参道の美容室なら給料高いんでしょ?”

 
答えはこうでした。

 

男美容師ウインク

給料?30万円くらいかな。

 
やはり東京は給料高いのか!!…彼は続けます。

 

男美容師ウインク

でも東京は物価が地方よりも高いからね。家賃なんかも地方の2倍以上でしょ。結局どこで働いても美容師の年収が少ないのは一緒じゃないかな?

 
なるほど、少ない額が書かれた給料明細を見て涙するのは、どこで働いても同じようです。

 

美容師の給料が安い理由を解説する【手取り12万も納得】

 
美容師の給料が安い理由を解説する【手取り12万も納得】

 

疑問美容師女

でもなんでこんなに美容師の給料ってこんなに安いんだろうね?

 
給料が少ない理由は二つあります。

 

① サロンにお金が残らない
② 美容室は増加し人口は減少し始めている

 
美容室経営で安定的に黒字を出せているのは、全体の3割ほどだと言われています。

 
残りの7割の美容室は少なからず赤字の月も出ているという事です。

 

疑問美容師女

あれ?でも先日のニュースでは、国民の美意識の高まりにより、美容室の売り上げは全国的に高まっていると言ってたよ?

 
はい、確かにその通りです。

 
理美容室もそうですし、美容整形などの利用者なども増えているようです。

 
では、どうして赤字サロンが増えているのか??

 
それは、出ていくお金が多すぎるから。

 
特にサロン経営で出費が多いのは、人件費と広告宣伝費です。

 
最近はSNSなどを利用しサロンのブランディングを図り、自ら集客をやっているサロンが増えてはきました。

 
しかし未だに集客を折り込み広告やホットペッパー、企業やメディアなどに頼っているところがあります。

 
まぁ、それで費用対効果が出ていれば問題はないのですがそう甘くはありません。

 
欲しい情報を広告などからではなく、SNSから取る人がどんどん増えているのです。

 

SNSで集客するサロンが増えて、広告代理店を使うところが減っている
→ 広告代理店は客が減った分広告費を上げないといけない

 
SNSから情報収集するお客様が増えて広告の費用対効果が落ちてきている
→ 売り上げが落ちる

 
広告費は上がるわ、売り上げが落ちるわで、まさに美容業界は大不況時代に突入しているのです。

 
おすすめの集客法については以下の記事にまとめましたので、興味ある方はどうぞ。

 
(→ ヤフープロモーション広告のすすめ)

 

困った美容師女

美容師をやっているうちは年収が激低い…。じゃあ貧困から抜け出すことができないの?

 
そんなことありません。

 
では、どうやって給料や年収を増やすことができるかについて話をしていきましょう。

 

店長美容師になれば年収上がるの?【600万~700万が限界】

 
店長美容師になれば年収上がるの?【600万~700万が限界】

 

疑問美容師女

高い給料がもらいたいなら店長になるしかないの?

 
確かに店長になれば多少給料も上がります。
しかし言うまでもなく仕事は増え、責任を持たされる場面が多くなります。

 
そう考えたときにあなたが『給料や年収が高くなって嬉しい♪』と思えるかどうかは疑問です。

 
(→ 店長美容師の年収は全国平均600万円【高給を狙う方法も解説】)

 

困った美容師女


・ 売上が低くてオーナーに怒られる
・ 残業が多くてスタッフにブツブツ言われる。
・ 求人がかからず頭が痛い etc…

 
確かに、大変なポジションだもんね。

 

年収1000万の美容師になるズルい方法【オーナーでなくともOK】

 
年収1000万の美容師になるズルい方法【オーナーでなくともOK】

 

困った美容師女

じゃあ年収が低い美容師はそもそもしないほうがいいね。

 
私は、“美容師が給料や年収を稼げない職種カテゴリーである”とは言っていません。

 
“独立開業して大規模な店舗を複数持ちなさい”なんてことも言いません。

 
雇われ美容師で稼ぐには“コレまでと同じ働き方をしていたらダメ”だということをお伝えしているのです。

 
いいですか?
美容師や理容師が資格業だからと言って、安心していませんか?

 
手当や賞与(ボーナス)がもらえたり、年齢や勤続年数が長けりゃ、給与が増えるような職業ではありません。

 
指名を増やし役職ランクを上げて、トップスタイリストを目指さないと100円たりとも月額給料は増えない職業なんです。

 
普通に働いていたら給料が少ないので、最低限の生活しか叶えることができません。

 

疑問美容師女

じゃあどうしたらいいの?

 
結論を言うと、ダブルワークをすることです。

 
美容師は職人であるがゆえ、ダブルワークに対して抵抗を持つ人が多いのも事実です。
私くらいの年代(30代40代)であればなおさらです。

 
あなたが男性であろうと女性であると関係ありません。

 
子供が生まれたらお金がかかります。
病気をすれば収入が途絶えてしまうかもしれません。

 
早いうちに年収がアップするように動いていかないと、苦労まみれの未来しかありません。

 
あと10年もすればあらゆる職業でダブルワークが当たり前になっていきます。

 
事実、銀行員ですらダブルワークを始めているのです。

 
それについての詳細を知りたい方は以下の記事よりどうぞ。

 
(→ 銀行員も副業OKの時代に?)

 
その時になって慌てて仕事を考えても遅いです。

 
美容師に向いているおすすめ副業を以下の記事にまとめてみたので、今の現状に満足していない人はぜひご覧ください。

 
(→ 副業のない美容師人生はきっとつまらない【推奨ダブルワーク11選】)

 
ぜひあなたの理想のカタチとする働き方を目指して年収を上げ、経済的な悩みから解放されるようにしましょう。

 
そうすれば、ライスワーク(rice work)からライフワーク(life work)に身を置くことができるはずです。

 
つたない文章に最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

コメントや問い合わせをしてみませんか?