困った美容師男

美容師の給料はどのくらい稼げるんだろう?東京へ上京したほうが給料は増えるのかな?様々な可能性について教えて頂きたいです。

 
こういった疑問に対しての回答をお届けします。

 
✔本記事のテーマ

 

美容師の給料はどのくらい?結論25万円(MAXどれくらい稼げるかも暴露)

 
✔記事の信頼性

 
私は1人美容室を経営しており、現在月給100万円をコンスタントに稼いでいます。
しかし、美容師になってからの20年間、何度も挫折し失敗を繰り返し、たくさんの遠回りをしてきました。
これまでに経験した失敗や、遠回りした実体験を生かしたアドバイスをします。

 
✔あなたへ前置きメッセージ

 
本記事は、『美容師の給料はどのくらい稼げるのかを教えて欲しい。』という方に向けて書いています。

 
私たちの年代(昭和生まれ)は特に、コレまでの人生観が作り上げた固定概念があります。
その美容師についての固定概念とは、『労働条件がきつい。』、『役職ランクを上げないと給料が増えない。』、『集客と言えばホットペッパー』などのようなものがあります。そういった固定概念を捨てることから始めないと、給料なんて増えるはずもありません。
今回の記事がマインドブロックを壊すきっかけになればと願います。

 

 

美容師の給料はどのくらい?結論→月25万円

 
美容師の給料はどのくらい?結論→月25万円

 
美容師の年収は以下の通り。

 

男性が約317万円
女性が約284万円

 
平均すると年収296万になります。

 
月給に直すと約25万円ほどです。

 
(→ 美容師の現在の給料平均は25万(厳しい現状を回避する方法はコレ))

 

一年目の美容師の給料の手取り額は13~15万円【アシスタントは現代の奴隷制度】

 
一年目の美容師の給料の手取り額は13~15万円【アシスタントは現代の奴隷制度】

お客様Aさん

私が想像してたよりも給料いいのね♪

 
この平均年収296万はアシスタントやスタイリスト、トップスタイリストや経営者などあらゆる立場の人の給料が含まれています。

 
ドンドン技術を身に着けていけば給料は上がっていきますが、入社して間もないアシスタント時代の美容師の給料は筆舌しがたい厳しさがあります。

 
私がアシスタントをしていたのは入社後からおよそ3年間。

 
その時の給料手取り額は13~15万円ほど…。

 
時給にしたら約450円/1時間程度の賃金で働いていました
詳しくは以下の記事をご覧ください。

 
(→ 美容師アシスタントの給料は15万円前後【修羅の職】)

 

疑問美容師女

美容師って資格が必要な職業なのに、給料は驚くほど安いよね。私も給料明細を見るたびにため息が出るの…。

 
あくまで“働く”、“働かない”というのは自分の自由でありますが、朝早くから夜遅くまで過酷な重労働を課せられる美容師という職種は【現代の奴隷制度モデル】といっても過言ではありません

 

美容師の歩合制給料は安い?高い?【美容師給料明細見てため息ばかり…】

 
美容師の歩合制給料は安い?高い?【美容師給料明細見てため息ばかり…】

 
アシスタント時代を経て様々な技術を身に着けると、スタイリストへ昇格することができます。

 
そしてスタイリストに昇格すると、【完全固定給】から【固定給 + 歩合給】になります

 
いうなれば、指名客や売上を伸ばせば伸ばすほど、給料の額が増えていくというシステムです。

 
一見すると、固定給から歩合給になった瞬間に給料がドカンと上がっていくようなイメージを持つ人が多いかもしれません。

 
しかしそんなに美容業界は甘くありません。

 
多くの美容師は、スタイリストになったばかりの時は指名客も0の状態からスタートします。

 
言うまでもなくスタイリストになったその日から給料が上がるという事は断じてなく、日々のコツコツした努力と積み重ねでちょっとずつ指名客や売り上げが増え、そして給料が増えていくのです。

 
実際、私がスタイリストになって2回目の給料日の際には給料13万円というワースト記録をたたき出してしまいました。

 
あの時は、しばらく何もする気が起きないほど落ち込みましたが、今となってはいい思い出です笑

 

表参道美容師の年収は360万円【潜む甘いワナ】

 
表参道美容師の年収は360万円【潜む甘いワナ】

 

疑問美容師女

どのくらいか給料上げたいなら、都会に出て働くのはどうかな?給料上がるんじゃない?

 
まず結論から先に伝えると…表参道で働く美容師の平均年収は360万円と言われています。

 
毎月の給料にすると30万円です。

 
(→ 表参道美容師の年収は360万!数字だけ見たら思わぬ落とし穴…)

 
数字上だけで見ると、地方で働くよりも給料は上がりそうです。

 
しかし、ここに重大な落とし穴があります。
都会は地方に比べて、以下のものが高いです。

 

✔ 税金
✔ 物価(食料など)
✔ 家賃
✔ 水道光熱費

 
だから、地方で暮らした方が生活の質が高い可能性もあるのです。

 
数字だけでは計り知れないこともあるので、そこは要注意です。

 

年収700万を超える美容師は5%【年収1000万クラスは1~2%】

 
年収700万を超える美容師は5%【年収1000万クラスは1~2%】

 

困った美容師男

東京で美容師をやっても年収360万円ほどしか稼げないんだね。年収360万円が美容師が稼げる給料の限界なのかな?

 
いえ、そんなことはありません。

 
年収700万円を超えている美容師は全体の5%

 
そして年収1000万越えの美容師は全体の1%存在するのです。

 
もちろんこの中には、経営者が含まれていますが、それ以外の美容師も含まれています。

 
どういった美容師たちが活躍して稼いでいるのかは以下の通り。

 

✔ 有名サロンで役職に就いた美容師
✔ フリーランス美容師
✔ ダブルワークをする美容師 etc…

 
言うまでもなく、普通に働いているだけでは、突き抜けた額の給料を手にすることはできません。

 
言葉が悪いかもですが、“思考停止”で惰性に任せてサロンワークしていたら、どれだけ頑張っても年収平均296万以下に落ち着くことになるでしょう。

 

店長美容師は年収600万円【美容師年収ランキングを底上げする立役者】

 
店長美容師は年収600万円【美容師年収ランキングを底上げする立役者】

 
では店長などのような役職に就いた場合、給料はどう変わっていくのでしょう?

 
店長美容師の平均給料は600万円と言われています。

 
(→ 店長美容師の年収は全国平均600万円【高給を狙う方法も解説】)

 
しかし、この場合の店長美容師の定義は、《企業サロン、あるいは規模が大きかったり、店舗がたくさんあるような
人気サロン、繁盛サロンの店長になった場合》とします。

 

困った美容師女

ヒマな美容室で店長をしても、給料は上がりにくいんだね…。

 
店長の評価はサロンの売上げで決まるので、毎月の売上げが上がれば店長の給料もどんどん増えていくことが期待されます。

 

困った美容師女

もちろんサロンの売上が下がれば、店長の給料も下がる可能性があるんだよね…。

 
そういった給料とは別に、“講習活動”のような働き方も選択できるようになるかもしれません。

 
技術力はスタイリストの時とあまり変わらなくても、“役職”が付くだけで大きく収入のステージが変わる可能性があります。

 
それだけ役職に就くことには強烈な影響力があるのです。

 
しかし、店長のような役職は誰でもなれるかというとそうでもありません。

 
スタイリストのような“プレイヤー”は個の能力を重視されますが、店長の仕事は“従業員を上手くまとめてお店の売上げを伸ばす”こと。

 
なのでみんなをまとめ上げていく力やリーダーシップが問われるのです。

 
もし店長のような役職にあこがれているなら、現在の店長の言動をよく観察して勉強していきましょう。

 
(→ 美容師 店長の適正年齢となり方~ギラついた諸君に捧ぐ~)

 

オーナー美容師は年収1000円【1人美容室の経営はやはり儲かる】

 
オーナー美容師は年収1000円【1人美容室の経営はやはり儲かる】

 
では最後に経営者になればどれくらい稼げるのかについて話していきます。

 
正直な話をするとサロン経営者は“稼ぎやすい部類”に入ります。

 
実際私も小さなサロンの経営をしているのですが、利益率はぶっちゃけ相当高いです。

 
色々と話したいのですが、経営者のメリットを分かりやすく箇条書きします。

 

✔ 利益率高い
✔ 自分の理想の職場を作れる
✔ 経営者としての知識を学ぶことができる

 
引きこもりで、陰キャの私が、効率よくストレスフリーで稼ぐには、まさに100点満点の働き方なんですよね。

 
そういった働き方をしているからこそ、手が空いた時間にブログやSNSで情報発信ができます

 
自分に合った楽しい働き方を見つけることが出来たら『仕事超たのし~っ!!』となるし、寝る前には『早く明日にならないかな~…。』とワクワクが止まらなくなるわけです。

 
どうせなら、ワクワク生きる方が人生も充実すると思うんですよね♪

 
あなたもこういった美容師人生を送れるように“あなたらしい働き方”を模索してみて下さい。

 
あ!! 経営者のデメリットを言い忘れていました。

 
結論を言うとデメリットは、“新しく勉強することがある”こと。

 
当然と言えば当然ですよね。

 
例えば…。

 
まったく野球をしたことがない中学生が『プロ野球選手を目指す!』となった時に、バットの振り方を勉強せずに甲子園を目指すなんてできません。

 

学び→実践→失敗→修正→学び

 
これを繰り返してスキルを身に着けていくのです。

 
私自身は、こういった積み重ねの真理に気づくのが遅すぎたため、経営の軌道に乗るのが遅くなりました。

 
そんな時に私を助けてくれたのがこの一冊。

 
美容室開業マニュアル

 
【経営に必要なこと】

 

✔ お金の運用方法
✔ スタッフの育て方
✔ 集客の仕方
✔ 税金について
✔ 保険関係について

 
などをこれ一冊で学ぶことができます。

 
こういった本によくありがちなのが、内容のボリュームを出すために余計な情報をドンドン書き込んで『結局何が言いたいの?』と読者を混乱させるパターン。

 
この本に関しては経営に必要なことだけをピンポイントで知ることができるため、常にサロンに置いて困ったときに見るようにしています。

 
『これから経営者を目指していきたい。』
『すでに経営者だけど、もっと知識を深めていきたい』

 
といった人はおすすめします。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

美容室開業マニュアル (BK selection) [ 新美容出版株式会社 ]
価格:4180円(税込、送料無料) (2021/3/4時点)

楽天で購入

 

 

 
そもそも美容師という職業は、様々な働き方を選択することができます

 
特に2019年、2020年は業務委託やフリーランスという働き方を選択する人が激増しているとメディアも報道しています。

 
『美容師の給料が少ない。』という間違った固定概念に縛られている人は、もれなく『美容師の働き方は色々ある』を知らない人ばかりです。

 
あるいは知っているけどもそれを行動に移す勇気がない人か…。

 
でも…

・ 賞与(ボーナス)や手当が少ない。
・ キャリアが増えても年齢を重ねるばかりで月収が上がらない。
・ 残業が当たり前。

 
をグチってイヤイヤ仕事を続けるよりも、求人誌で違う美容院を探して転職なり、独立開業するなりしたほうがいいと思うんですよね。

 

困った美容師女

確かに自ら環境を変えないと、何も変わらないわよね。

 
というか、勤続年数とかで月額給料が上がるような職種カテゴリーではないんですよね、美容師って。

 
だから誰かが用意してくれた箱の中で他人のルールで働くよりも、自分の好きなものに囲まれて自分の好きなルールの中で好きなように働いたほうが幸福度は高いのかなと思っています。

 
食べていくため(rice work)に働くよりも人生を豊かにするlifeworkのカタチを目指していきましょう。
この記事があなたにとっての、ランウェイ(run way:滑走路)になればと願います。

 
では今回は以上で終わります。

 
つたない文章に最後までお付き合いいただきありがとうございました。