疑問美容師女

美容師の給料と手当についていろいろな情報が欲しいです。

 
こういった疑問にお答えします。

 
✔本記事のテーマ

 

美容師の給料を手当で爆上げる時代キタ~!!【知らずは損】

 
✔記事の信頼性

 
私は1人美容室を経営しており、現在月給100万円をコンスタントに稼いでいます。
しかし、美容師になってからの20年間、何度も挫折し失敗を繰り返し、たくさんの遠回りをしてきました。
これまでに経験した失敗や、遠回りした実体験を生かしたアドバイスをします。

 
✔あなたへ前置きメッセージ

 
本記事は、『美容業界ならではのユニークな手当てについての知識を深めたい。』という方に向けて書いています。

 
美容業界には、他業種にはない様々な種類の手当てがあります。この記事の中に美容師の方でも初めて聞くような手当てが必ず存在するでしょう。

 
美容師の給料は他業種に比べると、めちゃくちゃ少ないんですよね。年収にして150万円も少ないんです。でもね、他業種にはないありがたい手当てを準備いているサロンもたくさん存在しているんですよ♪

 

 

美容師は給料の他に手当というものが存在する

 
美容師は給料の他に手当というものが存在する

 
美容師は給料が低い職業である…というのは周知の事実だと思います。

 
どれくらい少ないのかというと、美容師の平均年収は280万円。

 
他の職業の平均年収は436万円なので、一般的な平均年収と150万円以上の開きがあるのです。

 

美容師の平均年収:280万円
他の職業の平均年収:436万円

 
(→ 美容師が給料を査定をしたら驚きの結果が【衝撃の結末】)

 

困った美容師女

平均年収が150万円ほど少ないという事は、月給にして10万円以上の差があるのね…。

 
雇われ美容師が安定的な生活をするためには、給料を上げる必要がある。

 
そして給料を上げるためには、さらに仕事量を増やす必要がある。

 
しかし、あなたの毎日のサロンワークを思い返してみて下さい。

 
早朝からぎゅうぎゅう詰めの電車に揺られて出勤し、眠たい目をこすりながらレッスンし、自然に笑顔が出ない過酷なサロンワークが始まり、営業後にはさらにレッスンや会議…。

 
私も入社8年目くらいまでは毎日残業の繰り返しで、ゆっくりと息つく暇さえありませんでした。

 
こんな生活では、どう考えても仕事量に伸びしろがないのは一目瞭然。

 

困った美容師女

じゃあ、美容師が給料を上げる事は出来ないの?

 
それは心配ありません。

 
歩合給制度に頼らずとも、現代の美容業界には“特別手当”という救世主が現われました。

 
様々な要件を満たすことで、賞与(ボーナス)とは別にお金がプラスアルファされるのです。

 
(→ 美容師のボーナス額は平均5万円!?【ボーナスない人は必見】)

 
1990年代に活躍した美容師はそんな制度はなかったでしょうから、なんともうらやましく思っているかもしれません。

 
そしてこの“手当”という制度の良い部分として“条件さえ満たしていれば勤続年数も関係ない”ということ

 
昨日入社したばかりの従業員でさえ対象となるという事です。

 
ここは、賞与(ボーナス)との大きな違いですね。

 
150万円を補填するような額ではないかもしれませんが、その手当の存在は美容師の生活をフォローしてくれる心強い味方になることは確実です。

 
月額が100円でも多くもらえるに越したことないですからね♪

 
ではその手当には具体的にどのようなものがあるのでしょうか?

 
今回は手当についてよく深く掘り下げていきましょう。

 

給料が少ない美容師がもらえる手当は様々

 
給料が少ない美容師がもらえる手当は様々【スキルや能力についてくる手当】

 

・ 資格手当
・ 指名手当
・ 目標達成手当
・ 特殊技能手当
・ 店販手当
・ 出産手当
・ 育児手当
・ 鑑賞手当
・ 他サロン見学手当て
・ 役職手当

 
私が聞いたことのある手当の種類はざっとこんな感じです。

 
簡単に一つずつ説明していきましょう。

 

資格手当

美容師免許を持っている従業員に渡す手当です。通信課程で働きながら勉強している美容師はまだ免許を持っていない状態なのでこの手当は貰うことができません。

 

指名手当

指名客数や指名売上の額によって付与される手当ての事です。スタイリストになったばかりの美容師たちが給与を上げるためにまず最初に立ちはだかる壁であるという事が言えるでしょう。

 

目標達成手当

目標数字を達成することができた際に貰える手当です。従業員のモチベーションを維持させるためにこの手当を採用しているサロンが多いようです。

 

特殊技能手当

着付けやメイクなどの特別な技術を持っている人が貰うことができる手当です。最近ではカラーコーディネートの資格や着付けの資格、ネイリストの資格を取る美容師も増えているようです。

 

店販手当

商品販売額に対して支払われる手当てです。時間をかけずに売り上げを上げることができる物販は、どこの美容室も伸ばしていきたいと考えている分野です。セールストークが上手い美容師はサロン側からも重宝されることでしょう。

 

出産手当

女性美容師が多くを占めている美容業界ならではの手当と言えるでしょう。出産を控えると色々と必要なものが出てきますからとても助かりますね。

 

育児手当

子供を保育所に預けて働いている女性美容師さんは、ただでさえ働ける時間が減ってしまい収入も落ちてしまいます。そんなときにもらえる手当はありがたいものです。

 

鑑賞手当

ミュージカルや映画を見て感想文を提出した際に美容師に支給される手当てです。美容師は感性で仕事をしますから、『普段から感性を磨きなさい』という想いで作った手当なのでしょうか。とてもユニークな手当てですね。

 
女性美容師に優しい福利厚生が充実

 

他サロン見学手当て

他サロンへお客として赴き、施術を受けたのちに、感想文を提出することでもらえる手当です。小さな規模のサロンで働いていると自分と同期のライバルがいなかったりします。そういった時に刺激をくれるのは、他7の美容師が一生懸命に働いている姿を見る事なんですよね。私も若かりしときは、仕事にマンネリした時こそ他サロンへ行って、気分転換をしていました。

 

役職手当

これに関しては手当というよりも昇給に近いのかもしれません。美容師はアシスタントとスタイリストという枠組みだけではありません。リーダー、チーフ、店長、マネージャーといった様々な役職をはじめ、材料班長、動員班長、教育班長などといった責任者を分担します。その役割に応じてもらえる報酬手当てになります。

 

女性美容師に優しい福利厚生が充実

 
女性美容師に優しい福利厚生が充実

 

女美容師ウインク

女性の割合が多い美容業界ならでは”の手当があるのがとても楽しいですね♪

 
出産手当や育児手当がついているような職種は他にはなかなかないでしょう。

 
任意ではありますが、インフルエンザなどの予防接種を受け得た人に手当を出すところもあるよう。

 
美容師は全体の年齢層も若いため、未婚者が多く存在します。

 
恋人とうまくいかずに破局したスタッフに、また元気いっぱいの笑顔で仕事をしてもらえるようにと“破局休暇制度”なる福利厚生を設けているサロンも存在するようです。

 
サロン毎に色々とアイデアとユーモアにあふれた手当の存在に、『美容師たちのモチベーションをどうやって上げていこうか?』という雇用主の温かい想いを感じることができますね。

 
求人誌を見ていますと、これまでにお伝えしてきた手当以外にも様々なものが掲載されていたりします。

 
転職の際には、自分の力を評価してくれる手当があるサロンを探してみるのもいいかもしれません。

 
そしてあなたが独立開業をする際には、様々な手当てを考えて従業員満足を満たしてあげましょう。

 
そこにはいきいきと働くスタッフで溢れ、幸せなサロンワークを送れる日々が待っているに違いありません。

 
では今回は以上で終わります。

 
拙い文章に最後までお付き合いいただきありがとうございました。